4K HDR / 8K / Cloud / VideoOverIP
システムラインアップ

フォトロンは、豊富な放送・映像機器ラインアップと、高い開発力・技術力で、さまざまなニーズに対応したワークフローをご提案します。フォトロンが取り扱う放送・映像制作システムのうち、スポーツ/映画/ドキュメンタリーなどの4K HDR / 8Kコンテンツ制作や、4K HDR / 8Kシステム構築・データ管理などに対応した製品をご紹介します。また、Cloud、Video Over IP(ビデオオーバーIP)に対応したシステムラインアップもご紹介いたします。 4K HDR / 8KシステムやCloud、VoIPによるシステム構築などのご相談も承っておりますので、フォトロンまでお気軽にお問合わせください。

4K・8Kとは

4K・8Kとは次世代の映像規格です。現行のフルハイビジョンをはるかに超える高画質の映像で、4Kでは現行フルハイビジョンの4倍、8Kでは16倍の画素数となります。この超高精細な映像により、臨場感のあふれる映像を体感できるようになります。

超高精細映像による高い表現力

フルハイビジョンと比較すると、4Kは4倍(3840x2160)、8Kは実に16倍(7680×4320)の画素数になるため、非常に高精細な映像表現が可能になります。例えば、野球やサッカーのスタジアムで観客席からグラウンドまで広く映すような映像でも選手の表情が判別できたり、ドキュメンタリーなどの風景映像では近距離から遠距離までクリアになるため、より臨場感が伝わります。

4K・8Kとは

HDR信号への対応

HDRとは、「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略です。従来の映像に比べ輝度情報が拡大されるため、色の濃淡を表すダイナミックレンジが広がった映像のことを言います。不自然な白飛びや黒潰れが無くなりますので、今までにない臨場感の高い映像を楽しむことが可能です。

マルチチャンネル音響

4K放送では5.1チャンネルサラウンドを、8K放送ではさらに22.2チャンネルのマルチチャンネルサラウンドを楽しむことができます。全方向から音を再現することで、大画面の超高精細映像とともにその場でライブ感覚で聞いているかのような臨場感や迫力を体験できます。

データを管理する

コンテンツ管理

  • GrayMeta

    Curio

    AI活用によるメタデータ自動生成ツール

    GrayMeta Curio

ディスクレコーダ/ビデオサーバ

  • Avid

    Avid FastServe

    マルチチャンネル・ビデオサーバ

    Avid Avid FastServe
  • EVS

    XS-VIA

    スタジオ収録/送出ビデオサーバ

    EVS XS-VIA

ストレージ

  • EVS

    XStore

    ハイパフォーマンスシェアードストレージ

    EVS XStore

ファイル転送

  • EVS

    C-Next

    データ転送/モニタリングツール

    EVS C-Next
  • SIGNIANT

    Flight

    クラウドストレージとの
    ファイル転送 SaaS ソリューション

    SIGNIANT Flight

その他

番組・作品をつくる

ノンリニア編集

テロッパー

バーチャルスタジオ・オンエアグラフィックス

カラーグレーディング

パラ消し(映像修復)

システムを構築する

カメラ

コンバータ/プロセッサ

分配器/ルータ

測定器

キャプチャカード/編集

その他

TEL03-3518-6273

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)