GrayMeta

プロフェッショナルメディアプレイヤー・コラボレーションツール GrayMeta Iris

プロフェッショナル向け
メディアプレイヤー・コラボレーションツール

GrayMeta Iris

GrayMeta Irisは、メディアプレイヤー機能と、波形モニター・ベクトルスコープ・オーディオスコープ・テストパターンなどのビデオ・オーディオ測定ツールを搭載した、時間や場所にとらわれない共同作業を実現するプロフェッショナル向けコラボレーションツールです。


さまざまなフォーマット・フレームレート・解像度の
ビデオファイルをマスターグレード精度で再生・確認

JPEG2000、IMF、DPX、TIFF、EXRフレームシーケンス、HEVC、AS-11DPP フォーマット、100種類以上のキャプション/字幕フォーマット、DCP暗号化、Dolby オーディオコーデックと幅広い組み合わせのメディアコンテンツの再生に対応しています。外部のオーディオファイルおよびキャプション/字幕フォーマットを同期させて再生でき、IMFに含まれるCPL(Composition Play List)を参照して再生も可能です。

時間や場所にとらわれない
プロジェクトメンバー間の共同作業を実現

オンプレミス、もしくはGrayMeta社が提供するフリーのクラウドサーバを使用して、時間や場所にとらわれないプロジェクトメンバー間の共同作業を実現します。サーバにプロジェクトを作成してアクセス権限を付与したメンバーを登録。共通の時間軸情報を持っていれば、異なるコーデック・ファイル形式のコンテンツをリアルタイム、タイムシフトでメンバーがログインし、映像ワークフローのコラボレーションをおこなえます。

マニュアルQC

オートメーションQCシステムにおいて、自動検出できないエラーをマニュアルQCで視認できます。たとえば、映像と音声、また映像と字幕、キャプションデータの同期タイミング、ピクセルエラー、アニメーションの動きなどを対象とするQC領域に対し、計測ツール、キャプション字幕ウィンドウ等を任意にレイアウトし、対象とするQCに合わせ、視認性・操作性を高め、細部にわたるマニュアルQCを可能にします。

字幕、キャプションデータ表示

オーディオチャンネル(16chx64ch)ルーティング機能

SONY 9ピンプロトコルによるコントロール

BT.2020 三次元色度図表示機能

導入事例

製品ごとの納入事例を
ご紹介します

詳しくみる

サポート

製品のサポート情報は
こちら

詳しくみる

特集

話題の技術や取扱製品の情報まで
選りすぐりの情報をご紹介します

詳しくみる

ショールーム

製品を自由にお試し頂けるよう、
いつでも解放しております

詳しくみる

製品のお問合わせ・お見積り

製品についての
お問合わせはこちら

お問合わせ・お見積り

開発メーカーリンク

製品の詳細については
メーカーサイトにてご確認ください

詳しくみる

-->