Avidのオープンワークフローソリューション、
IBC2022で多くのテクノロジーパートナーと
デモンストレーションを実施

Avid

2022年09月08日

主要テクノロジープロバイダーは、メディア業界におけるリモートワークとチームコラボレーションの強化・拡大に向けた進展を示しています。

ニュース概要

IBC2022においてAvidは、実績あるメディア制作ワークフローを拡張、強化するパートナー統合製品を共同で紹介します。

IBC2022では、幅広い統合製品と未公開テクノロジーのプレビューが展示会を通して実演されます。

ワークフロー・ソリューションは、クラウドベースの共同制作、コンテンツ・セキュリティおよびウォーターマーク、IPコントリビューション、番組自動送出、ネットワーク・ストレージ、ビデオ編集および特殊効果などの主要なカテゴリーに及びます。

"クラウドベースのワークフロー、リモートワーク、チームコラボレーションを追求するコンテンツ制作コミュニティは、今日のメディアテクノロジーにおける最もエキサイティングなトレンドであり、IBC2022の参加者の大多数がリストのトップに立つことは間違いないでしょう。"

Ray Thompson,
Avid's Senior Director of Industry and Partner Marketing

Avidのオープンワークフローソリューション、IBC2022で多くのテクノロジーパートナーとデモンストレーションを実施

IBC2022において、Avid®(Nasdaq:AVID)は、Avidの実績あるメディア制作ワークフローを拡張・強化するパートナー統合を共同で紹介します。RAIアムステルダムで開催されるIBC2022(9月9日~12日)では、幅広い統合製品と未公開テクノロジーのプレビューが展示される予定です。ワークフロー・ソリューションは、クラウドベースの共同制作、コンテンツ・セキュリティとウォーターマーク、IPコントリビューション、番組自動送出、ネットワーク・ストレージ、ビデオ編集、特殊効果など、主要なカテゴリーにまたがる予定です。

Avidのインダストリー&パートナー・マーケティング担当シニア・ディレクターであるRay Thompson氏は、次のように述べています。『コンテンツ制作コミュニティが熱望するクラウドベースのワークフロー、リモートワーク、チームコラボレーションは、今日のメディア技術における最も刺激的なトレンドであり、IBC2022の参加者の大多数がリストの上位に入ることは間違いないでしょう。Avidとパートナー各社は、これらの課題に対するソリューションを提供することで、より多くのお客様が新たなクラウドおよびAs-a-Serviceビジネス・モデルを加速し、導入できるよう、一丸となって取り組んでいます。IBC2022では、インパクトのあるパートナーシップとワークフロー統合の新しい波をお見せすることができます。』

RAIの展示フロアのスタンドでは、Avidと20社以上のテクノロジー・パートナーが、以下のようなコラボレーションを披露しています。

  • AP(スタンド 7.A19) - APは、ENPSとMediaCentralとの相互運用性、Avidツール使用時にNewsroom Computer Systems(NRCS)に選択肢を提供するCloud UXTMを展示します。
  • Adobe - AvidとAdobeは、Adobe® Premiere® Pro、After Effects®、Photoshop®用のMediaCentral|Cloud UXパネルを展示し、制作チームがAvidワークフローでメディアを採用し共有できるようにすることを訴求します。
  • ATTO(stand 7.A24) - ATTOは、数十年にわたり高速接続ソリューションを提供しており、Avid NEXISメディアストレージ上でのUHDおよび8K編集のためのソリューションでその革新を続けています。
  • Aveco(スタンド 2.B18) - Avecoは、MediaCentral|Cloud UX向けのStoryDesignerアプリを展示し、UI内からスタジオの自動送出制御やその他の放送制作ワークフローを合理化することを提案します。
  • Boris FX(Avid stand 7.B49) - Boris FX Sapphire、Continuum、Mocha Proは、Media Composerエディターに業界で最も人気の高いビジュアル・エフェクトとフィニッシング・プラグインのパワーをクラウドで提供するAvid|Edit On DemandTM SaaSソリューションでデモンストレーションされます。
  • EVS(stand 10.A25) - EVSは、ポストプロダクションへの迅速かつ効率的な配信のために、マルチカメラのライブフィードと関連メタデータの高い信頼性と同期性を備えたMediaCeption InFlowソリューションを発表します。放送およびニューメディア制作におけるライブ・ビデオ技術のリーダーであるEVSは、このソリューションにより、オペレーターがライブ・フィードをAvid NEXIS®に取り込み、MediaCentral®で正しいメタデータを参照する方法をデモンストレーションします。その結果、Media Composerで作業するエディターは、コンテンツを素早く見つけて編集を開始することができ、スポーツ、ニュース、リモートプロダクションのライブ中継で、パワフルなedit-while-captureワークフローを実現します。
  • Haivision(スタンド 2.B36) - AvidとHaivisionは、HaivisionのSRT対応ビデオ・エンコーダーによるIP貢献を展示し、オンプレミスまたはクラウドで配信されるリモート・ワークフローのコストを削減し、品質を落とさずに実現することを提案します。また、Media ComposerからのSRT出力で可能になった肩越しのワークフローも紹介します。
  • Lenovo(Avid スタンド 7.B49) - Lenovoの最新ワークステーションThinkPadおよびThinkStation Pシリーズは、パフォーマンスと仮想化の限界を押し広げ、要求の厳しい制作環境向けにMedia Composer編集ソフトウェアを実行できるようチューニングされています。
  • LiveU(スタンド 7.C30) - LiveUは、ニュース、スポーツ、リモート・プロダクションの標準である5Gライブ・ビデオ・ソリューションを展示し、Avid|Edit On Demandで使用するMediaCentral|Streamや、エディット・ウィズ・キャプチャーワークフローのためのMediaCentral|Cloud UXなど、IPを信頼性の高い状態でAvid制作環境へ提供することを提案します。
  • MainConcept(スタンド 7.D12) - MainConceptコーデックは、制作ワークフローの効率を最適化するためにAvidの製品全体で使用されており、ビデオ編集、インジェストおよびプレイアウト、ワークフロー管理、ストレージおよびポストプロダクションなどのタスクで使用されています。新たな進化には、macOSおよびWindowsコンピュータで使用されるARMプロセッサ向けに設計・最適化されたコーデックも含まれます。
  • Microsoft(Microsoft stand 1.D25 & Avid stand 7.B49) - Avidとクラウド提携パートナーのMicrosoftは、Avid|Edit On Demandをハイライトし、REMI、ニュース、スポーツ・ワークフローのための、あらゆる対応デバイスからのSRTによるIP投稿をクラウドで技術プレビューする予定です。また、最新のMedia Composerソフトウェアを使用し、Haivisionハブまたはゲートウェイを介してあらゆる対応デバイスにSRT出力を提供するオーバーザショルダー・ワークフローや、Microsoft Teamsユーザーへの高解像度Media Composerストリームを技術プレビューし、プロデューサー、ディレクター、その他の制作スタッフによるコンテンツレビューを加速させる「サードモニター」エクスペリエンスを実現することも紹介する予定です。
  • NAGRA(スタンド 1.C81) - Media Composer用のNAGRAフォレンジック・ウォーターマーク・プラグインは、増え続けるプラットフォームとエンドポイントに配信されるコンテンツを保護する方法をクリエーターに提供します。
  • NVIDIA(スタンド 7.B19) - AvidとNVIDIAは、長年にわたる協力関係にあり、AvidのMedia ComposerおよびEdit On DemandクラウドSaaSソリューションでは、NVIDIA GPUアクセラレーションを活用して、ますます要求の厳しくなる制作ワークフローを強力にサポートしています。
  • Octopus(stand 6.C16) - Octopus Newsroomは、MediaCentral|Cloud UX用のパネルと、このソリューションをOctopusニュース制作システムの最新バージョンであるOctopus 11にも搭載することで柔軟性を高め、共通のプラットフォームを使用するNRCSソリューションの選択におけるオプションについて説明する予定です。
  • Osprey(スタンド 7.D39) - Ospreyビデオは、MediaCentralやAvid|Edit On Demandを使用して、ニュース、スポーツ、REMI制作シナリオ用にSRTとRTMPをMediaCentral|Streamアプリに配信できるエンコーダーとデコーダーのTalonシリーズ、さらにMedia Composerでの肩越しワークフロー用の受信ポイントとしてハイライト展示する予定です。
  • StorageDNA(スタンド 6.C28b) - StorageDNAは、Avid|Edit On DemandおよびAvid NEXISストレージ・システム間でメディアとプロジェクトをシームレスに同期するDNAfabricソフトウェアに注目します。
  • Teradek(スタンド 7.B47) - Teradekは、Avid|Edit On DemandへのIP貢献を展示し、IP経由で配信されるコンテンツで編集しながらキャプチャするワークフローを可能にし、制作のターンアラウンドを高速化します。また、テラデックは、オーバー・ザ・ショルダーワークフローのターゲットとしてデコーダを展示します。
  • TVU Networks(スタンド 5.C73) - TVU Networksは、5Gセルラー、無線、有線接続を結合し、どこからでもAvid|Edit On DemandおよびMediaCentral制作環境へ強力に貢献する複数のフィールドソリューションを提供しています。
  • Z by HP(スタンド 7.B55) - AvidとHPは、最も要求の厳しいプロダクション・ワークフローでMedia Composerを実行するために調整されたパワフルなZワークステーションと、HP Anyware(旧 Teradici)クライアント・ソフトウェアによるリモート編集を紹介します。
  • Zixi(スタンド1.D81) - Zixiは、Zixi対応のエンコーダー、デコーダーから直接Avid|Edit On DemandまたはMediaCentralにハンドオフし、ブロードキャスター・ストリーム管理ソフトウェアを通じてAvidで可能になったワークフローに焦点を当てます。
  • x.news(Avid stand 7.B49) - x.newsは、MediaCentral|Cloud UX用のアプリで新しい統合オプションを提供し、ユーザーにワイヤー、ユニークな各種ソーシャル・ソース、そしてあらゆるトレンド・トピック用にカスタマイズしたRSSフィードへの即時アクセスや、テキスト、写真、ビデオをあらゆるランダウンに容易に追加する機能を提供します。

Avidは、IBC2022に出展する数多くのテクノロジー・プロバイダーと統合および提携しています。Avidのパートナー・プログラムにご興味のある企業は、Raymond.Thompson@avid.comまでご連絡ください。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み