Avid Tech Talk S1E2:
Avid NEXIS|VFSとF-Series

Avid

2022年08月30日
Avid Tech Talk S1E2:Avid NEXIS|VFSとF-Series

今回は、Avidのクリエイティブ製品、ストレージ、クラウドの製品管理ディレクターであるEd Harper氏と、ビデオ、ポスト、ストレージのディレクター兼シニア・エバンジェリストのKevin Usher氏が登場し、ストレージについて語っています。クラウド導入を促進する主なトレンドと課題、クラウドへの移行をサポートするAvidの最も先進的でインテリジェントな仮想ファイル・システム、新しいAvid NEXIS Fシリーズのストレージ・エンジン、そしてクラウド革新における技術シフトの観点から見た将来の可能性について、お二人の話をお聞きください。

Like what you hear?

Subscribe to Avid Tech Talk on your preferred platform

Spotify
Amazon Music

何がクラウド導入を促進しているのか?

メディア企業は制作をクラウドに移行し、As-a-Serviceスタイルのサービスを採用し、コンテンツの高解像度メディアフォーマットの進化を加速させています。また、コンテンツの制作量も増えています。このような変化の背景には、Harper氏とUsher氏が指摘するいくつかの重要なトレンドがあります。

まず第一に、制作量を増やそうという動きが常に存在することです。メディア企業は、より多くのコンテンツを、より多くのフォーマットで、より高い品質で制作することを求めています。

『より多くのことを、より高い品質で行うことです。』と、Harper氏は言います。『番組の数も増え、バージョンも増え、予告編も増えました。30分番組でも、20種類はありますからね。』

Harper氏は、業界の各方面で言われているように、誰もがリモートワークへの移行を進めていると説明します。しかし、今重要視されているのは、短期間での移行ではなく、長期的な視野に立った移行なのです。

『明らかに、数年前にリモートワークの必要性が高まりました。』とHarper氏は言います。『当時はダクトテープや瞬間接着剤、そして効率の悪いワークフローがたくさんありました。今、皆がオフィスに戻ってくるわけではないことを理解し、ワークフローを機能させ、実際にコラボレーションができるようにする必要があります。ただ仕事をこなすだけでなく、実際に共同作業ができるようにするのです。』

Usher氏は、チーム編成の変化も指摘しています。

『オンプレミスで小規模なコラボレーションを行うチームから、ストレージをより柔軟に導入する必要が出てきたのです。』とUsher氏は説明します。『共有ストレージに接続された人々が個々のプロジェクトに取り組むということではなく、真のコラボレーションが必要なのです。』

共同作業者は、時差や大陸を越えて分散している場合でも、同じコンテンツに同時にアクセスする必要があります。しかも、それを数百人単位で行う必要があるのです。これが、クラウドの導入に大きな関心が集まっているもう一つの理由です。

クラウド導入の課題とは?

容量、接続性、性能は、ストレージシステムの有効性において常に重要な役割を担ってきた基本的なニーズです。しかし、近年はセキュリティが注目されています。

『セキュリティは間違いなく最大の懸念事項の1つです。』とUsher氏は指摘します。『遠隔地のチームや協力者が安全に接続でき、メディアを見ることができる安全な環境で、どのようにストレージを配備すればよいのでしょうか?』

また、セキュリティは多くの課題の中で最も重要ですが、他の課題も複合的で、変数とチェックアンドバランスの網を作り出していると、すぐに指摘しています。クラウドへの移行は複雑です。

『オンプレミス環境では、非常に高いセキュリティ基準を維持することができますが、それだけでは不十分です。』とUsherは強調します。『しかし、リモートコントリビューター、クラウド、ハイブリッド、混合ストレージ層、SSDのような超高性能規格、あるいはNVMeからメディアライブラリのニアラインやオフラインキャッシュに至るまで、その採用が進んでいます。ストレージの意思決定プロセスには、非常に多くの変数があります。』

Avid NEXISが組み込まれ、強化される場所

少し前までは、制作担当者がAvid NEXISに接続するためには、オンプレミスにいなければなりませんでした。しかし、今日のクリエイターには、オンプレミスと同じツールやワークフローを使用しながら、リモートで作業しても、使用感が変わらないことが求められています。

Avid NEXIS Fシリーズ・ストレージ・エンジン・ファミリーは、Avid NEXISの進化における最新(そして最高)の製品です。新しいプロセッサー・アーキテクチャで動作するこれらのエンジンは、より優れたパフォーマンスと高度な接続性オプションを提供し、最終的にコラボレーションを促進することに貢献します。さらに、既存のAvid NEXIS Eシリーズ・ハードウェアに追加して使用することができます。

Avid NEXISの最も大きな強みは、新しいインテリジェントな仮想ファイル・システムであるAvid NEXIS|VFSです。

『元々、オンプレミスのストレージハードウェアとファイルシステムを非常に緊密に連携させるように設計されています。』とUsher氏は説明します。『しかし、ファイル・システムは、他の方法、例えばクラウドでの展開も可能なように設計されています。Avid NEXISの主要機能のほとんどは、ファイルシステムというソフトウェアで実現されているため、ハードウェア構成だけに縛られることはありません。Fシリーズの発売にあたって最も重要なステップの1つは、現在お客様がオンプレミスで使用しているハードウェアを実際にサポートすることを保証することでした。より高いパフォーマンスや容量が必要な場合、拡張や追加を続けることができます。Fシリーズのエンジンは、現在のシステムに追加するだけです。すべてが一体となっているのです。』

サブスクリプションの魅力

Avidは、Software as a Service(SaaS)のトレンドに合わせて、Avid NEXISの新しいAvid NEXIS|Flexサブスクリプション・オプションも発表し、制作チームがAvid NEXISストレージを入手する方法を増やしました。

これらのサブスクリプション・プランの強みは、組織が既存のクラウド・ストレージ上にAvid NEXIS|VFSを展開できることです。

『サブスクリプション・プランを導入することで、多くの柔軟性が生まれます。最初はオンプレミス・ソリューション(Avid NEXISハードウェア)としてサブスクリプションを導入し、数年後、顧客の準備が整った時点で(即座に移行するのではなく)、Avid NEXISファイル・システムを使用してクラウド・ストレージに導入することを選択できるのです。』

サブスクリプションを利用することで、組織はこの種のサービスを利用して、収益に対するリスクを大幅に軽減することができます。Avid NEXISの購入を検討している企業は、先行投資について懸念していますが、より経済的な方法でAvid NEXISシステムを手に入れることができるようになりました。

イノベーションはどこへ向かうのか?

Usher氏の目には、より高いパフォーマンスと柔軟性が求められているように映ります。クラウドの導入が加速されることで、次の展開が見えてきます。

『お客様がクラウドでのエディトリアルワークフローソリューションの導入を経験するにつれ、その経験がまだ見ぬ新しいワークスタイルに反映されると思います。』と語ります。『現在のようにストレージが大きく変化するたびに、非常にエキサイティングな機会が訪れ、これまでにない新しい仕事のやり方が生まれます。というのも、私たちのお客様は非常に機敏に行動されるからです。ストレージを導入したり、ワークフローを構築したり......私たちやソリューションに素晴らしい要求を突きつけてくるのです。私たちは、お客様が必要とするものをすべて提供するために、常にその状況を把握しておかなければなりません。なぜなら、彼らは非常にクリエイティブで、非常に汎用性の高いワークフローを構築しているからです。』

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み