Sinclair社幹部が語るクラウド・プロダクションの現実と未来

Avid

2022年08月11日
Sinclair社幹部が語るクラウド・プロダクションの現実と未来

Sinclair Broadcast Groupのシニア・バイス・プレジデント兼最高技術責任者のMike Kralec氏にとって、ワークフローをクラウドに移行することは、新しい発見と究極の安心につながる旅となりました。Kralec氏は最近、Avidの最高技術責任者(CTO)であるKevin Riley氏と対談を行いました。議論の焦点は、「クラウド・プロダクションの現実と未来」でした。Kralecは、Sinclairがクラウド運用で経験した成功と課題を共有しました。

なぜクラウドなのか?

86の市場に185のテレビ局と21の地域スポーツネットワークブランドを持つ米国最大のテレビ放送会社として、Sinclair社はクラウドを完全に取り入れました。Sinclair社がクラウド領域に参入した理由は複数あります。クラウドは、ワークフローを最適化し、運用・保守コストを削減しながら生産性を向上させるソリューションを提供しました。

COVID-19の大流行により、Sinclair社を含む多くの企業がリモート運用を余儀なくされ、新しいオフサイトの世界でいかに従業員を繋ぎ、業務に従事させ、生産性を維持するかという課題に直面し、クラウド戦略の活用を加速させました。しかしKralec氏は、Sinclair社がすでにクラウドベースの革新的な技術を自動化とプレイアウトに導入していることを強調しています。彼は、Sinclair社のテレビ局のエンジニアが新しい運用ワークフローを開発し、パンデミックによる強制隔離にもかかわらず、業務を継続できるようになったことを評価しています。

Kralec氏は次のように述べています。『現場に迅速に対応することで、より迅速に状況を変化させることができます。クラウドは、ビジネスの俊敏性を高めることができるのです。』

学んだこと

Sinclair社がワークフローのクラウド化を進める中で、さまざまな成功例、失敗例、調整が必要なケースがありました。幸いなことに、クラウドでは大きな財務的リスクを負うことなく実験が可能です。

放送に関するコアな知識、メディア管理、報道技術の能力は依然として基本ですが、これらの知識をクラウドに拡張するには、クラウド技術が各分野にどのように影響するかを理解する専門家の存在が必要です。この技術で真に成功するためには、企業はクラウドでの運用方法について従業員のトレーニングに投資する必要があります。

Avidは、クラウド・ソリューションを提供するための取り組みを続ける中で、メディア以外の業界も含め、クラウドの知識を持つ人材を獲得してきました。Avidは、メディア以外の業界からもクラウドの知識を持つ人材を採用しました。このようなスキルを持つ人材は競争が激しいですが、メディアワークロードをクラウドで運用し、オーディオやビデオの既存の専門スタッフを補完するためには必要です。

AvidのCTOであるKevin Riley氏は、こう話します。『従来のデータセンターの運営とは異なります。クラウド上でいかに効率的に業務を遂行するかを見極める必要があります。こうした技術の導入を支援できる人材が数名いることは、Avidにとって大きな収穫です。』

Sinclair社が2019年にBally Sports Regional Networksを買収した際、同社はレガシーシステムを受け継ぎました。ネットワークを刷新するのではなく、特定の業務をクラウドに移行したのは、同社がトレーニングを受けたスタッフまたはベンダーがいるところでした。例えば、9ペタバイトの長期アーカイブをLTOストレージからクラウドに移行しました。同社は、ニュース、シンジケート番組、コピー、プロモなど、Sinclair社のエコシステムの他の分野で、データ駆動型のワークフローを作りたいと考えています。

Kralec氏は、こう話します。『メディアは収束しつつあります。すべてのメディアに付随するメタデータによって実現される自動化されたワークフローによって、すべてが統合されつつあるのです。そして、クラウドによって柔軟性を持たせているからこそ、それが可能になるのです。』

ハイブリッドモデルがニュースにとって理にかなっている理由

どのワークフローをオンプレミス、クラウド、ハイブリッドにすべきかを決定するために、Sinclair社はそれぞれのニーズを慎重に分析しました。Kralec氏は、ハイブリッドモデルの例として、ニュース制作を挙げています。ニュース制作の一部のコンポーネントは、1日を通してニュースの要件に合わせて拡張する必要があるため、クラウドではうまくいきません。Sinclair社の 77の市場のうち、局内で同時にニュース制作を行うピークは37で、これは Sinclair社の全局の半分以下です。さらに、選挙報道、ニュース速報など、現場での制作が必要なシナリオもあります。

『これはギブアンドテイクです。』とKralec氏は言います。『ハイブリッドであることが、私たちの活動を可能にしているのですから、ハイブリッドから離れることはないでしょう。』

ワークロードをポータブルにし、データセンターからクラウドに移行したり、ハイブリッドモデルで実行したりすることは、クラウドを最大限に活用するために業界がまだ学ばなければならないことの一部であるとも言えます。

『ワークフローの要素や作業負荷を最適に配置し、最高の投資収益率やパフォーマンスを得るにはどうすればよいか、すべてが選択肢です。』とAvidのKevin Riley氏は語っています。

セキュリティが大幅に向上

ワークフローの安全性を保つことは業界の懸案事項でしたが、Sinclair社にとっては、クラウドによって実際にセキュリティが向上しました。185の放送局はそれぞれ独自のオペレーション、インターネット接続、プロセスを持っており、それぞれが独自のメディアを配信しています。自動化、再生機能、そして最終的にはニュース制作も含め、すべてのメディアを1つのセントラルリポジトリに集約することで、セキュリティが向上しました。クラウドはコントロールを失うどころか、整合性のある標準化されたモデルを構築し、一貫性を維持するための中心的な役割を果たすとRiley氏は言います。

『クラウドに存在するツールがあれば、より安全な運用が可能になるため、安心して眠れます。』

価格の高さを節約で相殺

ワークフローのクラウドへの移行を検討している企業にとって、コストは懸念事項の一つでした。業界では、オンプレミスモデルにおけるOpExとCapExの比較について多くの議論がなされてきました。Riley氏は、クラウドサービスを利用することで、運用、保守、インフラ、ストレージ、ネットワーク、セキュリティにかかる費用を削減することができる、と述べています。

Sinclair社では、クラウドを利用することで配信を正確に行うことができ、その結果、コストも削減できることをリーダーが発見しました。特定のメディアが次に何をしなければならないか、どこに行かなければならないか、規模を拡大すべきか縮小すべきかを理解しているのです。Kralec氏は、Sinclair社がコスト削減を実現できたのは、運用ワークフローに関する組織内の専門知識のおかげであると述べています。

『クラウドを導入すると、運用コストの削減、クラウド技術との相乗効果、移行する必要があるかどうかなど、目に見えないあらゆることが見えてきます。』と、Kralec氏は説明します。『クラウドは、レガシー放送の運用にまだ存在する技術的負債を解消する機会を与えてくれます。そこに至ったとき、一度解決し、その後進化していくのです。』

今後さらに広がるクラウドの活用法

Sinclair社は、クラウドの利用方法を模索し続けています。同社は、チャンネルを数日で分割して別のリニアストリームを作成したり、コマーシャル広告を挿入する機会や、高品質なライブストリーミングを掘り下げています。

Kralec氏は、ATSC 3.0エッジコンピューティングがもたらす可能性と、それがクラウドをどのように補完できるかに期待を寄せています。Sinclair社は、この新しい配信手法の採用におけるリーダーであり、ストリーミングを強化し、インタラクティブ性を向上させる可能性のある機能を研究しています。ATSC 3.0は、音質や画像の解像度を大幅に向上させ、より多くのチャンネルを提供し、モバイル機器での利用率を高め、放送テレビとインターネットを融合し、大きなアンテナを必要としなくなると期待されている次世代放送規格技術です。『これは、イノベーションとクリエイティビティに焦点をあてたデジタルな取り組みです。私たちは、会社をよりクラウドに近い形 で運営できるようにするための、かなり明確なビジョンを持っています。』とKralec氏は言います。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み