クラウドワークフローと報道番組制作の未来

Avid

2022年06月30日
クラウドワークフローと報道番組制作の未来

この2年間の出来事は、報道ワークフローを永遠に塗り替えました。長年、スタジオや施設をベースとした伝統的な業務が、急速な変化を余儀なくされたのです。

地域の閉鎖や移動の制限に対処しながら制作を継続する方法を見つけることが、日々の任務となったのです。放送局は、分散したプロダクションチームがリモートで作業やコラボレーションを行えるように、ワークフローを変更する以外に選択肢がありませんでした。

現在では、クラウドベースのワークフローがもたらす柔軟性とコスト効率の高さが、世界中の多くの報道事業者に認識されるようになりました。

この変化をより明確にするために、私たちは最近、大西洋の反対側に拠点を置く2人の報道番組制作の専門家に話を聞きました。BBC NewsでUKオペレーションを担当するMorwen Williams氏と、ABC NewsでD.C.局オペレーションを担当するAndrea Owen氏です。クラウド革命と報道番組制作の次の時代に期待されることについて、お二人の意見を紹介します。

新しい考え方、新しいワークフロー

パンデミックについて言えることがひとつあるとすれば、それは、人々に新しい考え方を強いることになったということです。プロデューサーやクリエイティブチームは、COVID以前には考えられなかったようなワークフローを余儀なくされました。このようなプレッシャーと迅速なイノベーションの必要性が組み合わさると、進化であるはずのものが革命になるのはほぼ必然的なことでした。

Andrea氏は、『私たちは、この短期間に、自分たちの想像をはるかに超える進化を遂げました。在宅勤務を可能にするワークフローをたくさん導入しました。ラップトップで作業するだけでなく、リモートで編集したり、私たちのシステムに接続することもできます。コンテンツを扱い、そのコンテンツを必要なプラットフォームへ送信する、そのすべてがどこからでも可能なのです。』

BBCも同じような移行を経験しました。一部のエディターとスタジオチームは施設に入り続けていましたが、リモートで働く人が増え、物理的に一緒にいられる人数が制限されたため、BBCは一部の制作物を完全に見直す必要がありました。あるものは合理化され、物理的な視聴者は仮想的な視聴者になり、遠隔地のワークフローは新たな重要性を持つようになりました - これらはすべてクラウド技術によって可能になったのです。

『すべてが変わりました。』とMorwen氏は言います。『みんながやりたがらないこと、うまくいかないと思うことも、やらざるを得なくなったのです。私たちはそのような機会を捉えて、"もっと違うことができる"と考えなければなりませんでした。しかし、パンデミックがなければ、おそらく人々はある方法を提案することはなかったと思います。』

結局のところ、主要放送局は、リニアな報道番組がかつてないほど重要だった時代に、迅速に適応しなければならなかったのです。人々は、状況を伝えるために地元のニュースを頼りにしていました。このことがきっかけとなり、クラウドベースのワークフローが広く採用されるようになりました。このような様々なメリットを考慮すると、報道制作業界の未来に道を開くことになるでしょう。

スピード、敏捷性、アクセシビリティを確保

ここ数年、クラウドプラットフォームとワークフローを導入している企業であれば、クラウドを利用することで得られる利便性を認識されていることでしょう。基本的なレベルでは、制作チームが独立してリモートで作業するためのツールに簡単にアクセスできるようになります。さらに、編集者、特派員、その他の関係者が、場所を問わずに効果的なコラボレーションを行えるようになるのです。

クラウドは、これまで不可能だった方法でタテ割りを解消します。チーム間のコラボレーションがシンプルかつ迅速に行えるようになり、制作されるコンテンツの品質を損なうことなく、報道番組制作プロセス全体にさらなる俊敏性と効率性をもたらしています。

Andrea氏は次のように説明します。『特に、コンテンツの編集や転換をリモートで行うことができるようになったことが大きいです。編集や コンテンツの転換など、特に遠隔地からできる革新的な作業です。』

Morwen氏は、遠隔コラボレーションの力を見事に引き出した中東でのエピソードを紹介し、次のように語りました。『この仕事のために集まった人たちは、3つの異なる大陸から集まったので、彼らは3つの異なる大陸に帰り、そのワークフローで編集を行いました。そこで、私たちは非常に多くのことを学びました。同じ場所にいなくても、いろいろなことができるんです。』

クラウドは未来か?

一言で言えば、間違いありません。
ハイブリッドなアプローチを採用する場合もありますが、報道番組制作ワークフローへのクラウドの採用は今後数年間で増加し続けるでしょう。世界最大の放送局は、すでに最も重要なワークフローの多くにクラウドを使用しています。また、小規模な企業がクラウドの道を進む際には、まだまだ多くの機会があります。

Morwen氏は次のように述べています。『私たちが将来的に考えているのは、いつでも、どこでも、どこでもという言葉を実現するために、クラウドベースであることを望んでいます。ウェブベースのツールも、もっと増えていくはずです。』

組織のロードマップは常に変化するものです。しかし、業界全体に共通する真実は、クラウドがニュース制作の究極の目的地であると見なされるようになってきていることです。クラウド指向で作業することの利点は、誰の目にも明らかです。あとは飛び込むだけです。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み