今こそサブスクリプション・モデルを採用すべき理由

Avid

2022年06月22日
今こそサブスクリプション・モデルを採用すべき理由

サブスクリプション・モデルは、長い間、メディアとエンタテインメントの業界において重要な要素でした。しかし、過去20年間のSkyなどのケーブル・プロバイダーから、最近ではNetflixやAmazon Primeなどのストリーミング・サイトの台頭まで、サブスクリプションモデルはほとんど消費者サイドにしか存在しなかったのです。

しかし、現在では、放送局やデジタルコンテンツ制作会社がサブスクリプション革命をますます受け入れており、業界にも変化が現れてきています。ニュースからスポーツ、最新のバイラルシリーズまで、ハードウェアベースのモデルからクラウドベースのサブスクリプションへの移行は、ますます加速しています。

その理由は簡単で、この移行に積極的な企業には、いくつかの大きなビジネス上の利点があるからです。ここでは、メディア業界の著名なリーダーたちのコメントを紹介します。

サブスクリプション:ビジネスを行うための新しい方法

クラウドベースのサブスクリプションモデルは、間違いなく3つのメリットを提供します。
まず、最も明白なのは、多額の初期費用がかからないということです。
メディアプロダクションは、制作用ハードウェアに数万ドルまたはそれ以上を投資し、その投資に対するリターンがいつ得られるか分からないという状況に陥る代わりに、そのコストを何ヶ月または何年にもわたって分散させることができます。最も重要なことは、優れたコンテンツ制作を支援する高度なツールやソリューションにアクセスできることです。

これは、業界の大手企業と競争しようとしている小規模な組織にとって、特に有益であることが証明されています。オックスフォード大学のロイター・ジャーナリズム研究所のシニアリサーチアソシエイト、Nic Newman氏は次のように説明しています。『メディア企業は技術に投資する必要があることを認識していますが、資金調達の圧力により、研究開発のための資金が不足しているのが現状です。例えば、放送モデルには大きな負担がかかっています。』

『ニッチな企業が成功している理由のひとつは、サブスクリプションモデルを利用して、低コストで革新的なオペレーションを実現できていることです。技術はすべてコモディティ化されており、手頃な価格で入手できるため、多額の投資をする必要はありません。』

そして、運用の柔軟性です。
今日の世界では、ビジネス要件が瞬時に変化することがあります。そのため、メディアや制作会社は、新しい機能を追加したり、必要に応じて拡張したりすることが事実上不可能な、硬直した技術ロードマップに縛られるわけにはいきません。クラウドのサブスクリプション型プロダクションは、この問題を解決すると同時に、技術的な陳腐化のリスクも排除します。

新しいソリューションに投資しても、数年後にはそれが使えなくなるというのは、機能の面でも、収益への影響の面でも、すべてのCTOにとって最悪の悪夢です。「CapExはイノベーションを制限する」と、TV業界のエグゼクティブで、ヨーロッパの主要放送局であるSkyの元プロダクション・サービス責任者であるDarren Long氏は述べています。『企業は高価な機器を壊れるまで使わなければならないというプレッシャーを感じ、財務担当者は新しい機器への再投資を遅らせるために、既存の技術をできるだけ長く使うようユーザーに勧めます。技術の進化が速い今、このようなやり方はもはや通用しません。』

『私は、このような資本支出の積み重ねを見てきました。ピカピカの新しいインフラを構築し、最初の数年間は素晴らしいものです。そして、さらに数年後に、「最新の技術革新に追いつくためには、また何を費やす必要があるのだろう」と考えることになるのです。OpEx方式では、企業はハードウェアやソフトウェアが古くなっても困ることはないのです。最終的には、サブスクリプション・ファースト・アプローチを採用することで、企業は迅速に行動し、イノベーションを継続することができます。技術的な関連性のリスクを排除し、AvidのMedia ComposerやMediaCentralソリューションの最新機能など、新しい機能が利用可能になり次第、すぐに利用できるようになります。』また、Darren氏は次のように述べています。『OpExモデルは、業界のすべての人にとって、エキサイティングな場所です。ただ、考え方を変える必要があるということです。』

クラウドへの道を切り開く

また、サブスクリプションは、メディアやプロダクションが完全にクラウドベースのオペレーションに移行するための貴重なゲートウェイを提供します。
これは、COVID-19の流行によって優先順位のトップに押し上げられたメディアおよびエンターテイメント業界において、現在重要な話題となっています。

主要なプロセスをクラウドに移行しただけの組織もあれば、事実上一晩でワークフロー全体を移行させた組織もあります。どのようなアプローチであれ、サブスクリプションはクラウドへの貴重な足がかりとなり、企業は自分たちのスピードで物事を試し、移行することができます。サブスクリプションを利用することで、拡張性や即時アップデートなどの主なメリットを実感し、必要に応じて徐々にクラウドの利用範囲を広げていくことができます。

もちろん、クラウドベースのサブスクリプションの主なメリットの1つは、仕事の進め方の面で柔軟性を提供することです。クリエイティブ・チームは、どこからでもリモートで作業できるため、より効率的な運用が可能になります。

『この業界全体を見てみると、私たちは常に場所に支配されてきました』とDarren氏は説明します。リビングルームでデスクトップ上のAvidを操作している人が、世界中のどこからでも作業できるツールセットを見れば、その可能性は明らかです。つまり、組織は何の制約もなく、その役割に最適な人材を見つけることに集中できるのです。

この考えは、最近大規模なクラウド移行を監督したAl Araby NetworkのFadaat Mediaの放送オペレーション&クリエイティブ・サービス担当ディレクターのAli Husseini氏も同じです。『クラウド・インフラは、すべてのコントリビューター、コラボレーター、ジャーナリストがどこにいても利用できることを意味します。必要なのは、モバイル機器とノートパソコン、そしてインターネットだけです。クラウドは、巨大な実現手段であると同時に、中核的な機能でもあるのです。』

クラウドベースのサブスクリプションモデルは、メディア企業や制作会社がコストを削減し、より効率的に作業し、今日の競争環境において革新曲線の先を行くために不可欠なものであることは明らかです。そのため、多くの大手企業がこの考え方を取り入れています。また、新しいAvid | Edit On Demandを含め、これまで以上に多くのAvidツールがサブスクリプションで利用できるようになり、今がそのチャンスと言えます。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み