SRF、ニュース制作業務の将来性を高めるため、
Avidとの関係をサブスクリプション・ソフトウェアで拡大

Avid

2022年06月20日
SRF、ニュース制作業務の将来性を高めるため、Avidとの関係をサブスクリプション・ソフトウェアで拡大

チューリッヒに拠点を置く放送局が、Avid MediaCentralプラットフォームとMedia Composer編集ツールの複数年契約を締結

Avid®(Nasdaq:AVID)は本日、ドイツ語圏市場をカバーするスイス最大の電子メディア企業Schweizer Radio und Fernsehen(SRF)が、メディア制作ワークフローを強化するためにAvidとの長年の関係を延長したことを発表しました。15年以上にわたりAvidの顧客であるSRFは、MediaCentral®プロダクション・プラットフォームとMedia Composer®編集ソリューションの最新バージョンにアップグレードし、プロダクション業務の将来を見据えた重要な一歩を踏み出しました。

SRFのプロダクション業務とチームは、チューリッヒとバーゼルにある主要なテレビスタジオに分散しています。このインフラには、MediaCentral|Production ManagementTMのほか、SRFの制作チームがネットワーク上でメディアを共有し、どこからでもリアルタイムでコラボレーションできるようにするAvid NEXIS®共有ストレージ、Avid Media Composer | UltimateTM編集ソフトウェアが含まれています。すべてがSRFのCampus Zurichに設置され、他のスタジオは同社のネットワーク・インフラを通じてリモートで接続されています。

新しいワークフローの核となるのは、MediaCentralのオープン性で、Media Composerとのネイティブな統合や、Adobe Premiere Proなどのサードパーティツールとの統合がオプションで提供されています。この柔軟性により、SRFは進化するワークフローのニーズに容易に対応できるようになります。

SRFのテクノロジー・マネジメント・マネージャー、Andreas Lattmann氏は次のように述べています。『私たちは毎年膨大な量の番組を制作しており、分散した制作チームは常に、高品質のコンテンツを短時間で提供する必要に迫られています。AvidのMediaCentralは、まさにそれを可能にしてくれます。私たちのチームは、仕事を効率的に進めるために必要なツールや機能にアクセスでき、拡張性もあり、何か問題が発生した場合には最高のサポートを受けることができます。長年にわたって共に仕事をしてきた私たちは、Avidと共に次のステップを踏み出すことに興奮しています。』

『多くの放送局同様、SRFはプロダクション・ワークフローの柔軟性、拡張性、リモート・コラボレーションの必要性を認識しており、これらはすべてMediaCentralプラットフォームを通じて提供されます。』と、AvidのCEOであるTom Cordiner氏は述べています。『SRFは、1つの統合パッケージですべての主要機能にアクセスでき、必要に応じてリソースを迅速に割り当てることができるようになりました。SRFが我々の長年の関係の上に構築することを選択したことを嬉しく思うとともに、この関係がどのように進化し続けるかを楽しみにしています。』

サブスクリプション・ソフトウェアによるメディア企業の新たな業務上の優位性については、https://www.avid.com/products/mediacentral/mediacentral-subscriptionsをご覧ください。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み