新しいデリバリー・フォーマットの普及は
いつになったら止まるのか?

Avid

2022年05月19日
新しいデリバリー・フォーマットの普及はいつになったら止まるのか?

プロダクションとポストプロダクションがデジタル化されて以来、様々な配信形式が繰り返され、人気を博してきました。現在では、ソーシャルメディアのWebサイト、放送局、ストリーミングサービスなど、あらゆる種類のプラットフォームが、頭文字をとってアルファベットスープを作り出しています。SD、HD、UHD、HDR、XAVC、IMF、ATSCなどなど。

ここでは、配信フォーマットのトレンドと、それがビデオポストプロダクションの将来に意味することを説明します。

フォーマットの爆発的普及を促進しているものは何なのか?

新しいフォーマットの推進とその採用の背景には、あらゆる形とサイズのコンテンツにあらゆるデバイスでアクセスできるようにするための重要な要素である"圧縮"があります。『コーデックにとって究極の目標は、常に圧縮率の改善です。長年にわたって何十ものコーデックを見てきましたが、特定の環境で使用されている現在の技術よりも圧縮率を根本的に(そして劇的に)改善しない限り、成功したものはありませんでした。』と、IABMのCTOであるStan Moote氏は述べています。

ストリーミングサービスによるコンテンツブームもその一因となっています。特に、Netflixの高忠実度メディアに対するニーズは、配信ファイルの品質に関する新しい標準への道を開き、コンシューマーエンドのUHD/4Kのような高品質フォーマットへの関心を高めました。これを受けて、様々なエンドポイントで体験される画像の忠実度に対応するためのフォーマットやコーデックが開発され続けています。

NetflixもIMFの成長に一役買っていると、PostWorks New Yorkのマスタリングスーパーバイザー、Chris Lundy氏は言います。『5年前は、ごく一部のベンダーにしか受け入れられていませんでした。このサービスの国際的な広がりを考えると、異なる視聴者向けに複数のバージョンのコンテンツのパッケージングを合理化する必要性が重要となっており、今後もこの傾向は続くと思われます。』

ビデオポストプロダクションへの影響とは?

配信形式は、ポストプロダクションの基本です。たとえば、クリエイターはさまざまなタスクのために圧縮形式を行ったり来たりしなければならないかもしれません。

日々のワークフローにとどまらず、IMFはさまざまなバージョンのコンテンツの配信を単純化するかもしれませんが、同時に複雑な問題を引き起こす可能性もあります。例えば、Lundy氏がIMFをPostWorks New Yorkのような施設にアウトソーシングするのを見たのはそのためです。『編集チームは多くの独立した配信ファイルを自分で作成することができますが、IMFパッケージは十分に複雑であるため、最新のアップデートを常に把握している私たちのようなプロバイダーに依頼することを正当化します。IMF/IMPは、フォーマットの中で最も複雑だと思います。』

ライセンスも課題になりえます。『特定のタスクに最適な圧縮コーデックは、適切なライセンス条件を持っていないかもしれません。私は、訴訟を恐れて、未知の、しばしば複雑なライセンス条件に対する懸念から、特定のコーデックを使用しないことを決めた多くのCTOに会ってきました。』とMoote氏は言います。HEVC(h.265)が、ファイルサイズを以前よりさらに小さくできることから勢いを増しているにもかかわらず、ライセンスによって幅広い採用が制限されているのは、このためです。また、ロイヤリティフリーのコーデックであるAVI1のような代替技術が、Amazon、Google、Netflixのような企業で使用されている理由もここにあります。

Moote氏は、トランスポート・フォーマットのさらなる意味を指摘しています。『地上波や衛星放送では、トランスポートストリームがうまく機能し、多くの番組に対応することができました。ハイブリッド放送を可能にするだけでなく、ダイナミックな広告挿入という新たな聖杯を手に入れることができるのです。』

ポストプロダクション業界はどのように適応しているのか?

このような変化やフォーマットの中で、ポストプロダクションのチームはどのように対応しているのでしょうか?Lundy氏はこう話します。『これらのフォーマットの多くは学習曲線が急で、訓練を受けていないオペレーターの手にかかると、期待通りの結果が得られないことがあります。HDRの色設定、Dolby Atmos®のオーディオ設定やキャプション、あるいはメタデータ情報であっても、理解するためには多少の掘り下げが必要です。』最終的に、その複雑さのほとんどは、HDRフィニッシングとIMF/IMPへのマスタリングを中心に展開されます。

その結果、ポストプロフェッショナルは、継続的にトレーニングし、人材を獲得することで、更新に遅れないようにしなければなりません。これには、人的コストと技術的コストの両方がかかります。『仕事が増える?作業時間が長くなる?』と、Avidのビデオ&ポスト部門プロダクト・マーケティング・ディレクター、Robert Rodriguez氏は冗談交じりに語ります。

『IMFとDCPのマスタリングのみに特化したチームを設立することを選択した施設もあります。』とRodriguez氏は述べています。『実際、それは重要な差別化要因になり得ます。』

『私たちは、クライアントが必要とするものを正確に提供できるように、各新フォーマットを理解し、実装する最前線にいる必要があります。最終的に競争力を維持するのは、人とそのスキルです。』とLundy氏は言います。『私たちは、他の編集施設と競争するだけでなく、編集システムから直接仕上げや納品ができるようになった個々のエディターやプロデューサーとも競争しています。そのために、知識、スキル、設備を充実させなければならないのです。』

今後の展開

映像ポストプロダクション業界において、配信フォーマットの普及が減速することはあるのだろうか。それはないでしょう。『必然的に物事は進化し、変化は続くでしょう。不確実なのは、変化が起こるペースです。』とRodriguez氏は言います。

プラットフォームと消費者の両方からの新たな期待に後押しされたイノベーションは、今後も変化をもたらすでしょう。例えば、IP放送の分野では、低遅延を実現するために、CMAFのような継続的なバリエーションがより推し進められるかもしれません。

また、社会的な側面では、この技術によって、環境に対する新たな懸念も生まれています。『ソフトウェアエンコードのコーデックとネットワークは、現在、大きな二酸化炭素排出量を持っています。確かに、地上波デジタルへの移行は大幅な電力削減を実現しましたが、マルチキャストとユニキャストの"1つの流れ"の問題には、二酸化炭素排出量を削減するために答えを出す必要があります。』とMoote氏は述べています。

とはいえ、ポストプロダクションの専門家の中には、より簡素化された配信フォーマットの未来像を夢見ていないわけではありません。『全ての人に合う単一のフォーマットを持つことが究極の目標ですが、これはコストとパフォーマンスの曲線にぶつかるため、大きな挑戦です。』とMoote氏は言います。『すべてのコーデックが1つのプレーヤーで動作するようになれば、素晴らしいことだと思いませんか?』

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み