分散型世界における統合メディア制作の将来性

Avid

2022年05月17日
分散型世界における統合メディア制作の将来性

メディア業界は、COVID-19の存在を知る前から、すでに大きな変化に向かってゆっくりと進んでいました。チームコミュニケーションとリモート接続のための新しいテクノロジーの採用は、コラボレーションを促進しながら柔軟性を提供し、業界は分散型ワークモデルへと着実に移行していました。

そして、パンデミックが起こり、その緊急性は「いつか」から「今」へと加速されたのです。Avidのビデオ、ポスト、ストレージ・ソリューション部門のSVP兼ジェネラル・マネージャーであるTim Claman氏は、『これは本当に大きな変化でした。』と述べています。

塵も積もれば山となるということで、次はどうなるのでしょう?業界全体にどのような長期的影響が波及し、今後数ヶ月、数年のうちにワークフローはどのように進化していくのでしょうか。

『将来振り返ったとき、この変化は業界にとってまさに地殻変動だったことがわかると思います。それは、パンデミックによって生じた障害をいかに回避するかということだけでなく、人々がつながり、協力し合うという、私たちの仕事のやり方を根本的に変えることなのです。新しいモデルはまだ生まれてきており、移行はまだ完全ではありません。とはいえ、この業界が以前のようなモデルに完全に戻ることはないことは、すでに明らかです。』とClaman氏は言います。

この業界の将来像を知るために、Claman氏が考える現在の状況と、今後の方向性について話を聞きました。

分散型、グローバルワークモデル

この業界は、既存のオンプレミス施設やサービスを、拡大するリモートワーカーのエコシステムで補完するハイブリッドモデルへと移行していることに疑いの余地はありません。『私たちは、この業界が"両世界のベスト"アプローチへと進化していることを目の当たりにしています。』とClaman氏は言います。

しかし、彼は今起きている変化を別の言葉で表現することを好みます。『過去には、インフラのハブとその周辺に配置されたチームがあり、それ以外はすべて遠隔地にありました。これからは、拠点に関係なく全員が対等な立場で仕事をする"分散型ワーキング"が主流になります。これこそ、リモートワークから真の分散型ワークへのパラダイムシフトです。』

この新しいフラットな競争の場がもたらす将来のメリットは大きい。ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンといった大都市に根ざした産業ではなく、全世界に開かれた産業として、『グローバル経済の育成に大きなチャンスがある』と彼は言います。人材は場所ではなく、適性によってマッチングされるのです。

もちろん、それは経済的な効果だけではありません。『世界には優秀な人材がいる。その人たちが地理的な制約を受けずにつながり、一緒にプロジェクトに取り組むことができるようになるのは、私にとって大きな喜びです。』

イノベーションの継続的な促進

パンデミックによる混乱に対する業界の初期対応は目覚ましく、必要なときに迅速に対応する業界の能力を浮き彫りにしました。しかし、「どこでも仕事ができる」ソリューションの最初の段階は、生産性を回復するために必要なものを見つけようとしていたことは理解できると、Claman氏は言います。その結果、将来のロードマップのようなものができたとClaman氏は考えています。

何がうまくいき、何がうまくいかなかったのか、試行錯誤しながら学んでいったのである。『そして今、私たちがやるべきことは、必然的なイノベーションから得た学びや洞察を、どのようにしてより洗練されたソリューションとして提供するかということです。特に、今なお続くパンデミックの影から抜け出せば、その答えが見つかるはずです。2年経った今でも、私たちはパンデミックに対応した新しい機能や製品を提供し続けています。』とClaman氏は言います。

イノベーションはツールに限ったことではありません。この業界では、物事の進め方について習慣的であることは珍しいことではありません(完全に迷信的であるとは言えないかもしれませんが)。『効率的な方法でなくても、過去に成功したからという理由で、ワークフローに固執する人がいます。パンデミックが起きたとき、人々は現状を維持することができなくなった。ワークフローを変えなければならなかったのです。』とClaman氏は言います。習慣にとらわれず、新しいものを受け入れるという考え方は、メディアプロダクション業界が新たなソリューションを導入し、革新を続けていく中で、今後も変わることはないだろう。

データ管理ではなく、クリエイティビティを

メディアプロダクション業界が目指すべきイノベーションは、データ管理の必要性を減らすことで創造性を発揮するためのスペースを確保するワークフローです。『ロード、ダウンロード、インポート、エクスポートといったクリエイティブでない作業をしている時間は、クリエイティブになるための時間を奪ってしまいます。』とClaman氏は言います。今後、「クリエイターがデータの移動に集中することなく、ワークフローに有機的に従う」コンカレント・ワーキング・モデルが成長することが予想されます。

『コンテンツ制作プロセスの参加者が、同じプログラム、同じ時間に、流動的かつ同時進行で一緒に作業できる未来です。コンテンツ制作の参加者は、データを動かすというコツではなく、自分の役割やクリエイティブな価値に集中することができるのです。このようなビジョンは、一見ユートピア的に見えるかもしれません。しかし、私はそうではないと思います。』

セキュリティの向上

パンデミック時、リモートワークを実現するために優先順位が変わりました。ソフトウエアのライセンス、ネットワーク接続、データ管理戦略など、すべてが大きな課題となりました。しかし、その中でも特に優先順位が高いのは、セキュリティです。

『以前は、機密性の高い貴重なデータの多くは、外界から遮断された施設に閉じ込められていました。しかし、その状況は変わりつつあります。データがより自由に行き交うようになり、コンテンツが流出する機会が増えています。』とClaman氏は言います。ランサムウェアとランサムクラウドの台頭も大きな脅威となっています。分散型ワークモデルを成功させるためには、コンテンツ制作者とツールベンダーが継続的にシステムを監査し、どこに脆弱性があるのかを把握して対処することが必要です。これは1回で解決できるものではなく、常に進化し続けるサイバーセキュリティの脅威に対応するために、継続的な警戒が必要な動く標的なのです。

人間的な変化の波

『技術的というよりも人間的な変化の波がもうひとつあり、それはまだ完全に理解されていません。』と、Claman氏は言います。『パンデミックは人々にどのような心理的影響を与えるかはまだわかっていません。』

分散型勤務へのシフトは、確かに在宅勤務のワークライフメリットを発見し、将来的には在宅勤務を好む人も出てきています。しかし、パンデミックは仕事に関する洞察を引き起こし、『人々が仕事をどう見ているか、自分の役割をどう見ているか、自分の目標や願望をどう見ているか、そしてそれが異なる働き方とどう適合しているか、していないかに深く関わっている。』とClaman氏は考えています。さらに、『彼らは、"もうこの役割はやりたくない。他のことをやりたいんだ"と気づくかもしれない。言い換えれば、この業界では、大規模な労働力の入れ替えが起こり、その結果、業界が再編される可能性があるのです。』

メディアプロダクション業界にとって、このような変化への備えは必要不可欠なものです。

Claman氏が言うように、「これがうまくいけば、人々の生活をより良いものにするチャンスがある」のです。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み