最新のMedia Composerで、
肩の力を抜いたレビューと、
誰でも・どこでも・コラボレーションを可能に

Avid

2022年05月10日
最新のMedia Composerで、肩の力を抜いたレビューと、誰でも・どこでも・コラボレーションを可能に

最近の出来事で分散型労働力へのシフトが加速していますが、この2年間で学んだ多くの重要な教訓の1つは、現在のテクノロジーがリモートワークを恒久的にサポートし、可能にするのにどれほど効果的であるかということです。ポストプロダクションや放送局では、オフィス復帰戦略と、どこでも仕事ができるようにするアプローチとでは、異なるアプローチが見受けられます。

例えば、ニュース制作のようにオフィスへの回帰が見られる場合でも、ロックダウンのピーク時に導入された在宅勤務を可能にするシステムは、結果的にフィールドワークを大幅に拡大したニュース放送局にとって、もうひとつの強力な矢となっています。一方、従来の郵便局のような他のセグメントでは、分散した従業員が自宅やどこからでもさらに多くの仕事ができるようにするための技術を構築し続けることがトレンドになっています。

もちろん、このアプローチには多くの利点があり、現場や遠隔地からの貢献が不可欠な場合に備えてより大きな備えをすることができますし、分散した従業員がさらに協力的になることを可能にします。クラウドやSaaS(Software as a Service)ワークフローへのシフトを加速させたのは、運用面、環境面(交通量の削減など)、そして経済面でのメリットです。

従業員にとっては、ワークライフバランスが向上し、どこでも仕事をしながら生活できるようになることで、 所属する組織や仕事の近くにいる必要性が軽減されます。メディア企業にとっては、地理的な問題が減少し、クラウドワークフローやより強力なリモートツールが利用可能になることで、より多くの人材プールを利用することができるようになります。

リモート・コラボレーションとレビューの実現

Avidに寄せられたポストプロダクションや放送局のお客様からの最大のリクエストの1つは、多くのメディア企業が分散した労働力を常時使用する方法を採用しているため、場所に関係なく、よりコラボレーティブなレビュー・プロセスを行えるようにすることでした。そこで、Media ComposerにSRT出力を導入することにしました。この出力は、これまで現場でチームが一緒に作業していたときに行われていた肩越しの共同作業ワークフローを真似ています。この新しいソリューションにより、適切な権限を持つ誰もが、いつでも、どこからでも、どんなデバイスを使っても、様々なイテレーションでシーケンスを高品質で安全にレビューすることができます。

最新のMedia Composer l UltimateおよびMedia Composer l Enterpriseでは、エディターはMedia Composerタイムラインから任意のシーケンスのSRTストリームを開始し、ポイントツーポイント(人から人)、1ストリームから多数の視聴者、または多数のストリームから多数の視聴者に安全に配信することができるようになりました。エディターは、ソフトウェアのSRT設定内のさまざまな品質とセキュリティレベルを完全に制御できます。

編集者がシーケンスに取り組んでいて、例えば一人の個人と共有したい場合、SRTを使用してシーケンスをストリーミングし、SRT対応デコーダー(プロトコルとしてSRTをサポートするHaivisionまたは他の多くのメーカー)に送信するか、VLCまたはHaivision Play Proアプリなどの無料のビデオプレーヤーに送信し、モバイルデバイスで視聴することが可能です。

この方法の主な利点の1つは、コストの削減です。SRTストリームを開始するためのエンコーダが不要になり、すべてMedia Composerで処理されるからです。実際、SRTストリーミングをエンドツーエンドで、すべてソフトウェアによるアプローチ(ポイントツーポイント)で実現することができます。また、1つまたは複数のストリームを複数のコラボレーターやレビュアーに送信する必要がある場合は、Haivision SRT Gatewayを導入してください。Media ComposerにSRTを搭載することで、肩越しやレビューのワークフローに大きな柔軟性が生まれ、コストを抑えながら効率を最大限に高めることができるように設計されています。

SRTとは何か、どのように機能するのか?

SRTとは、Secure Reliable Transportの略で、パケットロスやジッターを排除し、安全かつ確実に管理されていないネットワークにビデオを配信するために設計されたオープンソースプロトコルです。SRTは、カメラ、エンコーダー、デスクトップおよびモバイルアプリに組み込むことができるソフトウェアソリューションで、インターネット上で一人から一人、一人から多数、多数から多数への配信を容易にします。

Haivisionは2012年にSRTを開発し、その数年後にコードをオープンソース化し、SRTアライアンスを設立しました。この組織には現在500社以上が参加しており、VLCやHaivision Play Proアプリなどの無料ツールを使って好みのオーバーザショルダーやレビューネットワークを設計したり、デコーダーやセットトップボックスを組み込んで映像をアンラップして第3のモニターに送り出すことが可能になっているわけです。このように、幅広い選択肢を提供することで、組織の運用および経済的なニーズを最もよく満たすOTSセットアップに採用したいSRT対応受信ポイントを選択することが可能になるのです。

Media Composerから多くの受信ポイントにSRTを同時に送信するには、Haivision SRT Gatewayが必要です。このGatewayは、Media Composerから送られてくる信号を複製し、ファイアウォールトラバーサルを行うので、UDPポートを開放する必要がありません。Gatewayがリッスンモードである間、開始デバイスと受信デバイスを「コーラーモード」にすることができ、簡単かつ安全にコンテンツを配信することができます。

SRT Gatewayの設定方法は他にもあり、さまざまなワークフローに対応したモードを利用できるほか、ゲートウェイからさまざまなプロトコルやビットレートで配信できるため、より柔軟な対応が可能です。SRT Gatewayは、構内配置用のハードウェアデバイスとして、またはMicrosoft Azure上のクラウドサービスオファリングとして提供されます。

超シンプルなセットアップとストリーミングを実現

Media Composer内からSRTストリームをセットアップするのは簡単です。Media ComposerのタイムラインのOpen IOから、"SRT"を選択し、"Configure"を選択します。

最新のMedia Composerで、肩の力を抜いたレビューと、誰でも・どこでも・コラボレーションを可能に

このパネルでは、品質レベル(低、中、高)の選択、パスワード保護された配信のためのパスワード設定、IPアドレスの入力、コーラー、リスナー、ランデブーモードの有効化、およびポートの入力が可能です。次に、SRTアイコンをクリックして、タイムライン上でSRTをオンにし、シーケンスの再生を開始します。

最新のMedia Composerで、肩の力を抜いたレビューと、誰でも・どこでも・コラボレーションを可能に

クライアントとストリームへの1回限りの無料アクセスを共有したい場合、ここでQRコードを作成し、誰にでも送信することができます。受信者は、モバイルデバイスを使用してQRコードをスキャンし、無料のHaivision Play Proアプリを使用してストリームに直接アクセスすることができます。または、編集者や管理者から提供された適切なIPアドレスとポート番号を入力すると、視聴者が選択したデコーダーやプレーヤーにフィードが表示されます。視聴者がどのようにアクセスするかによって、複数のMedia Composerシステムからシーケンスを表示するための受信ポイントの設定方法は異なります。

どのようにオーバー・ザ・ショルダーワークフローを導入するかに関わらず、様々なオプションが利用できるため、柔軟性、コスト効率、運用効率が向上し、いつでも、どこでも、どんなデバイスにも安全に配信できるようになります。私たちがお客様から常にお聞きしているのは、コラボレーションを促進し、ショーやプロジェクトの市場投入までの時間を短縮したいという要望です。また、お客様が二酸化炭素排出量の削減に関心をお持ちであることも理解しています。当社の肩掛け式ソリューションは、出張を減らし、お客様のチームがどこからでも作業できるようにするための一つの方法なのです。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み