Avid Media Composer in 2022:
ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

Avid

2022年05月09日
Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

エディター・アシスタントの皆さん、こんにちは。

今回は、ライセンスについてお話します。ここ数年、コンピュータ業界には大きな変化があり、エディターのビジネスモデルにも劇的な変化が起きています。

エディターが自分のコンピュータやソフトウェア、そしてそれらのライセンスをどうするかについて常に注意を払ってきましたが、今日、その意味を理解することは、スペックのリストに従ったり、いくつかのコードを書き留めたりすることをはるかに超えるものです。クラウドワークフロー、あるいは複数のデバイス間のインターネットベースのライセンスとアクティベーションシステムに対する驚異的な需要は、多くのエディターがこれまで知っていたことすべてを見直すことになりました。

私は2014年にNABに行ったことを覚えています。サブスクリプションモデル、クラウドアクティベーション、そしてSaaSについての考えは、単なる思いつきに過ぎませんでした。その時代は終わりました。これらの分野での成長は驚異的で、多くのテック企業がようやく製品を正しく理解した直接の結果です。しかし、技術が進歩した一方で、サプライチェーンは後退してしまいました。

また、パンデミックによって、遠隔地との接続に対する需要が一気に高まりました。一介のフリーランサーから遠隔地の編集チームに至るまで、誰もがインターネット接続を強化して競争に臨み、その速度は速ければ速いほどよい。エディターやアシスタントは、相互接続の生産性を高く評価するようになったのです。また、世界的に雇用がリモートワークやハイブリッドワークへと移行していることから、企業は、優秀な人材を獲得するためには、ローカルな候補者プールにとどまらず、リモートワーカーを採用する方がはるかに良い方法であることに気づいています。

それをサポートするために、ライセンスとサブスクリプションの大規模な移行が続いており、それは私たちのクリエイティブなアプリケーションに限ったことではありません。Netflix、Zoom、Office、さらには食料品を玄関先まで運んでくれるサービスまで、すべてがサブスクリプションになっています。なぜか?それは、全世界がこのアイデアに好意的だからです。

Avidは、2014年5月にMedia Composer 8をサポートするサブスクリプション・ワークフローを開始しました。2021年11月には、いくつかの点を修正し、多くの機能を追加したクラウド・ライセンシングを開始しました。より信頼性が高く、より速く、より簡単にサブスクリプションをアクティベートできるようになったのです。ほとんどのお客様は、サブスクリプションと新しいアクティベーション方法を受け入れています。しかし、この新しいエコシステムに足を踏み入れることさえ躊躇しているエディターも多くいます。ある人は、単に記憶力がないだけであり、また、ライセンスやその他、将来的にどのような変更を意味するのかを恐れています。過去に契約上、自分の編集システムをインターネットからエアギャップしておくことを義務づけられていた人もいますし、今もそうかもしれません。また、この件全体を「変化のための変化」と見る人もいます。

私はこれらのことを完全に理解しています。私はSteenbeckを使い始め、完全に密封されたフィルムキャニスターを握りしめていました。1994年にAvid Film Composerに移行し、1998年にMedia Composerに移行しました。当時、もしAvidが「I Love My Dongle」というTシャツを作っていたら、私はそれを着ていたことでしょう。しかし、この数十年の間に、サブスクリプションの全体的な体験に触れる機会が増えたため、それに対する私の激しさは和らいでいます。現在、私はドングルの束を引き出しの中に入れていますが、二度と使うつもりはありません。

何が変わったのか?

読み進めてください、すべて説明します。このブログでの私の願いは、できるだけ多くの現在の情報をまとめ、2022年時点でAvidの顧客がライセンスに何を期待できるかを示すことです。これを読んだ後、現在の状況と今後の方向性について、よりよく理解していただけると幸いです。

この記事でご紹介すること

  1. パーマネントライセンスとドングルに関するニュース
  2. Macに関する追加ニュース
  3. Avidのクラウド・ライセンスの紹介
  4. 2022年におけるライセンスとアクティベーションのワークフロー例
  5. クラウド・ライセンシングのためのヒント
  6. Media Composerライセンシングの歴史

1. Avidのパーマネントライセンスと
ドングルに関するニュース

Avidを含む業界全体では、パーマネントライセンス・コストが増加し続けています。バックエンド・サポートを常に維持し、適応させる必要があるため、現代のサプライ・チェーンのストレスと市場の縮小にますます悩まされているのです。これは、新しいパーマネントモデルを作る際の価格設定、メンテナンス、サポートに重くのしかかります。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

長年にわたってサブスクリプションに取り組んできた結果、より優れた機能を提供し、導入を合理化することがはるかに容易であることが証明されました。 -- これらはすべて、コスト削減に貢献するものです。その結果、Avidドングルをパーマネントライセンスに変換し、サブスクリプションに移行するお客様の数が急増しています。

そのため、Avidは2022年3月より、Media ComposerおよびMediaCentralの新規パーマネントライセンスの最終販売日が2022年12月31日であることをお客様にお伝えしています。

Avidドングルもパーマネントライセンスです。したがって、Mac用とWindows用のすべての新しいドングルの最終販売日は2022年12月31日で、最終サポート日は2025年末となります。

これにより、パーマネントライセンスでの使用を希望されるお客様は、パーマネントライセンスでの生活を維持するために必要なものを購入する時間を十分に確保することができます。また、サブスクリプションへの移行をご自身のペースで計画することも可能になります。Avidは、2025年12月31日まで、既存のパーマネントライセンスに対するサポートおよびアップグレード契約を継続して提供します。

これまで通り、サポート契約が有効であれば、パーマネントライセンス(ソフトウェア・アクティベーションとドングル・アクティベーションの両方)は、Media Composerの新しいバージョンにアップグレードすることができます。最終サポート日が2025年12月31日ということは、その時点でアクティブなMedia Composerのどのバージョンも、可能な限り高いバージョンとなり、永遠に稼働し続けることを意味します。その後、2026年以降にリリースされるMedia Composerの新バージョンは、実行するためにサブスクリプションが必要になります。

つまり、どういうことなのでしょうか?

何よりもまず、ここで決定されたことをはっきりさせておきましょう。Avidは、誰かのパーマネントライセンスを「取り上げる」わけではありません。現在お持ちの方は、今後も永久にお使いいただけます。2022年末までに新しいものを購入すれば、それは永続的に機能し続けるでしょう。パーペチュアルは永久的なものであり、Avidはそれを堅持しています。私たちが変更するのは、2023年から新しいパーマネントとドングルを購入できることと、2026年からすべてのパーマネントをMedia Composerの新しいバージョンにアップグレードできることです。

ええ、そうです、それは大きな変化です。でも、ここだけの話、このニュースを聞いたとき、私はたじろぎませんでした。正直、2014年頃から自分の編集作業にはパーマネントライセンスを使っていないのですが、それはパーマネントを使うケースが少なくなってきたからです。

サブスクリプションの事例

私は、インターネットからエアギャップされた編集システムは、瀕死のビジネスモデルなのかどうかを判断することから、この道を歩み始めました。ウェブベースのレビューと承認プロセスの高い採用率が、それを裏付けているようです。AppleのMobileMeの時代から生きていて、現在ではほぼ全員一致で採用しています。

接続性は、エディターがビジネスをサポートするために求めている最優先事項のようで、特にこのリモート対応可能な世界ではそうなのです。私もそうでした。パンデミック発生から1週間後、私は新しいルーターを手に入れ、自宅の接続を75/75から400/400にアップさせた。私だけではありません。ハリウッドと特集エディターの壁も崩れ、チームはあちこちに散らばった。彼らは、接続する必要があったのです。当初は、多くの人が仕事の編集システムを持ち帰るだけでした。しかし、それは長くは続かず、長期的なメンテナンスやセキュリティの面では、家にあるシステムよりも社内にあるシステムの方がいかに楽であるかを思い知らされたのである。

放送局が共有ストレージ環境で頼りにしていた古いセキュリティ慣行のほとんどは時代遅れになっています。新しいセキュリティ対策により、編集システムを外界から「バンカー」する必要がなくなりました。アンチウィルス・ソフトウェアがAvidシステムで実行できないため、エディターがシステムをインターネットから遠ざけていたことを思い出してください。それはもう10年以上前のことです。さらに、正直に言うと、今日、編集にお金を払っている人は、アップロードも行っているのです。

インターネットに接続されたサブスクリプションと編集システムは、大多数を占めています。もちろん、例外もありますが、誰もがオンラインであることに満足しているようです。つまり、サブスクリプションとクラウドのアクティベーションが繁栄する場所なのです。

Avidは、この決定が一部の長年のドングルユーザーにとって劇的な変化となることを承知しています。パーマネントライセンス保持者は、サブスクリプションに対して大きな恐怖心を抱いています。また、すべてが「クラウド化」されているため、クラウドが時々停止することも恐れています。この問題を解決するために、いくつかのシナリオを見てみましょう。

パーペチュアル・ライセンスの事例

2022年の残りの期間を通じて、Avidは、Media Composerの新しいパーマネントライセンスを販売し続けます。状況によっては、パーマネントライセンスにはまだ強力なケースがあり、2022年の残りの期間を見て、パーマネントライセンスがなくなる前に取得することが自分にとって正しい決断かどうかを判断する際には、これを考慮するとよいでしょう。

お客様は何年も前からパーマネントライセンスが利用できるようになりました。彼らのお気に入りの利点は、作業がいかに簡単であるかということです。一度購入し、ライセンスを有効化すれば、あとは本当に「セット・イット・アンド・ゲッタイ」なのです。1台のコンピュータを「Avid」として指定する古典的なプロセスに従って、そのコンピュータにライセンスを取得すれば、エディターはそのコンピュータが何年も後に死ぬまで、心置きなくMedia Composerを実行することができるのです。また、ライセンスを気にすることなく、インターネットへの接続や切断を自由に行うことができます。また、将来的にそのコンピュータから別のコンピュータにパーマネントライセンスを移動させることも可能です。

つまり、お客様によっては、パーマネントライセンスを所有することで安心感を得ることができるのです。

それは、車をリースするのと購入するのとの違いによく似ています。2016年に車を購入し、今日が2022年であれば、6年前の車が車道に置かれていることになります。同様に、2022年4月の今日、パーマネントライセンスを購入すると、Media Composer 2022.4のコピーを手に入れることができます。さて、Media Composerのバージョンは、ライセンスに付属する年間サポート契約期間中(1年間)であれば、いつでもアップグレードすることができます。しかし、契約を失効させてしまうと、車の例えのように、失効した時点で持っているMedia Composerのバージョンがそのままのバージョンになってしまいます。アップグレードするには、サービス契約を更新してもらう必要があります。

余談ですが、2018年にAvidは、パーマネントライセンスの電話サポートを廃止すると発表しました。彼らは2021年の2月にそれを実行しました。現在、すべてのパーマネントライセンスにはStandardサポートが付きます。電話サポートを含むExpertPlusサポートを希望する場合は、Media Composer | Ultimateサブスクリプションを取得するか、Avid Salesに連絡して、ハードウェアの翌日配送も可能なElite契約に施設を移行してもらう必要があります。

金銭的なメリットもあります。パーマネント契約は、フロントエンドではサブスクリプションよりもかなり高いコストとなります。しかし、Media Composerを購入し、サービス契約を更新しないことが目的であれば、何年もかけてパーマネントライセンスを購入した方が最終的には安くつくでしょう。

個人的には、編集のクライアントのビジネスが変化してきたため、この理論から離れました。ノートン・アンチウイルスやマイクロソフト・オフィスなどのソフトウェアがサブスクリプション化されて以来、企業はソフトウェアの購入をすべて資本経費から営業経費に移行してきました。今では、アプリを減価償却する資産としてではなく、ビジネスを行うためのコストとして扱っているのです。

ヒント、トリック、神話

サブスクリプションを理解するためのコツがありますが、なぜか多くのユーザーが誤解しているようです。サブスクリプションをどのように機能させたいかを慎重に検討し、計画を立てると、パーマネントライセンスの動作をほぼ完全に模倣したワークフローを設定することができるのです。実際、より多くのコントロールと、私が好きな機能を提供してくれます。これはセールストークではなく、長年にわたってサブスクリプションを「正しい方法」で使ってきた私自身の実感なのです。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

私がAvid Application ManagerとAvidの新しいサブスクリプションのコンセプトに出会ったのは、2014年のことでした。私たちは皆そうでした。私がAvid Connectに参加し、Avid自身のアプリデザイナーやエンジニアと1対1で会話するようになったのもこの年です。それらのイベントに行くことで、私は非常に多くのことを学びました。ここでは、サブスクリプションに対する不安を解消するためのいくつかのポイントを紹介します。

神話その1:パーマネントライセンスはインターネットに接続する必要がない。

ほぼ事実ですが...。パーマネントライセンスを有効にするには、インターネット上でそれを行う必要があります。あるコンピュータからライセンスを取り出して別のコンピュータで使いたい場合、インターネット上でそれを行う必要があります。しかし、そのようなことをしないのであれば、一度ライセンスをアクティベートすれば、インターネットに触れることなく動作し続けることができます。

もちろん、ストック映像が必要だったり、ストックミュージックライブラリを閲覧したり、ラフカットをアップロードしたり、レンダリング中にこのブログを読んだり、さらに言えば、いつかインストールしたMedia Composerの特定のバージョンをアップグレードしたいと思ったりする場合は、この限りではありません。

神話その2:サブスクリプション・ライセンスは常にインターネット上にある必要がある。

そんなことはありません。それは、車をリースすると、毎日ディーラーに挨拶に行かなければならないと言っているようなものです。

例えば、Media Composerの3年間のサブスクリプションを前金で購入することにしたとします。つまり、あなたのコンピュータには、その3年分のカウントダウンが無言で隠されているのだ。その間、インターネットに接続し、Avid Linkの「オフラインにする」チェックボックスを使ってアクティベートするだけで、パーマネントライセンスと同じように動作します。

神話その3:パーマネントライセンスはとにかく簡単だ。

真実というより、真実でない。あなたの考える「簡単」とは、一度アクティベートすれば、あとは永久に使い続けることができるという意味なら、そのとおりです。しかし、それは簡単さの範囲です。

もしあなたが複数のコンピュータでライセンスを使いたいエディターなら(たとえ稀でも)、他の選択肢を検討すべきです。例:Media Composerのパーマネントライセンスを持っている場合、手動で入力する必要があるコードのセットは1つです。また、ScriptSyncも必要だとします。これも手動で入力する必要があるコードのセットです。PhraseFindを追加します。Symphony Color Correctionを追加しました。NewsCutterを追加。合計すると、最大で5つのシステムIDと5つのアクティベーションIDを、他のコンピュータでライセンスをアクティベートするたびに入力する必要があるのです。パーマネントライセンスの場合、Avid Linkでの従来のライセンス・アクティベーション・プロセスは、合計で最大5分かかることがあります。クラウドライセンスでアクティベートされたMedia Composer Ultimateサブスクリプションは、同じワークフローをワンクリックで処理し、数秒以内に完了します。

神話その4:パーマネントライセンスはより柔軟である

そんなことはありません。柔軟性とは、いつでも好きなときにバージョンをアップグレードまたはダウングレードできることを意味します。柔軟性とは、Media Composer 2018.12.15がインストールされたコンピューターでライセンスを実行し、その後アクティベーションを解除して、2022.4を実行しているコンピューターでライセンスをアクティベーションしても、ライセンスを調整する必要が全くないことを意味します。サブスクリプションはそれを可能にします。ある程度は、パーマネントライセンスも可能ですが、より多くの思考を必要とするプロセスです。

パーマネントライセンスは、そのまま所有するものですが、その1つのバージョンをずっと維持したいのか、いずれは新しいバージョンにアップグレードしたいのかを考える必要があります。アップグレードとサポートプランを最新に保つと、Media Composerの最新バージョンを使用することができます。アップグレードとサポートプランの有効期限が切れても、Media Composerを起動することはできますが、アップグレードとサポートプランが有効な間にリリースされた最後のバージョンのみとなります。アップグレードおよびサポートプランの有効期限が30日以上切れた場合、最新バージョンを入手するにはMedia Composerを再購入する必要があります(パーマネントまたはサブスクリプション)。

神話その5:ドングルは頑丈だ

あなたがAvidサポートに勤務したことがないのは明らかです。ドングルの故障、紛失、盗難のRMAは常に発生しています。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

壊したり、なくしたりしたら、1週間から1カ月はドングルがない状態になってしまう。これが今日のサプライチェーン不足の現実です。ドングルは常に入手できるとは限りません。チップの不足と納期が相まって、ユーザーはAvidサポートに連絡し、新しいドングルが届くまでの間、一時的なサブスクリプション・ライセンスを得るよう懇願しています。このことについて少し考えてみてください。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

「サプライチェーン」と「チップ不足」を同列に並べると、この絵のようになります。

現在、ユーザーの手元にある多くのドングルは、2004年頃のAvid Xpress時代から長く使われているものです。これらのドングルは長い間しか使えませんし、そのための正確なスペアはすべてなくなっています。最近はドングルのリクエストも少なくなってきているので、買えば買うほど補充にお金がかかるようになりました。

もちろん、ワークフローの問題はこれだけではありません。Media Composerのユーザーが100万人いれば、ワークフローも100万通り、100万1通りあるかもしれない。パーマネント契約とサブスクリプションでサポート契約がどう違うかについても、まだ話し始めていない。そこで、こう言います。ここに書かれていない悩みがあれば、私にメールをください。とりあえず、次へ進みましょう。

2. Macに関する追加ニュース

2020年、AppleはMacの処理アーキテクチャをIntelのx86-64から独自のAppleシリコンプロセッサに移行し、M1チップから開始することを発表しました。その後、2021年にM1 Pro、M1 Maxと続きます。この間、AvidはMedia Composerをこの新しいアーキテクチャに対応させるためのアップデートに取り組んでいた。チームは成功し、お客様はMedia Composer 2021.12からAppleのシリコンベースのコンピュータを使用できるようになりました。

しかし、Media Composer 2021.12を作成する過程で、Media Composerで使用するドングルのメーカーが、Mac M1、M1 Pro、M1 MaxのまたはmacOS 12.x Montereyに対応するようにドライバーソフトウェアをアップデートしないことがAvidに判明しました。

AppleベースのMedia Composerユーザーは、最大でmacOS 11 "Big Sur"、Intel(非Appleシリコン)Macのみ動作可能です。

3. Avidのクラウドライセンスの紹介

Avid 2020 Vision and Strategy Summitでは、Avidのライセンス全般に関する、その他の長年の機能要望について、非常に熱い議論が交わされました。リモートでライセンスを無効にできること、ライセンス同期プロセスのスピードアップ、そしてプロセス全体の安定化です。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

多くの顧客が出席し、これらをAvidの最優先事項として要求した。Avidの取締役会も同席し、同意した。

残念ながら、いくつかの修正は、それを可能にするために最新の技術を必要とします。当時のライセンス方式では、そのような変更を実現することは不可能でした。ですから、これらの機能要求を実現するには、まったく新しいライセンス概念で行う必要がありました。

Application ManagerとAvid Linkを使用するエディターは、作品を家に持ち帰るのが普通ですが、退社前にライセンスを無効にするのを忘れてしまうことがありました。家に着いて間違いに気づき、会社に戻ってライセンスを無効にするか、Avidのスタッフに個人的に電子メールを送って助けを求める必要がありました。(ドングルユーザーに、職場や自宅にドングルを忘れた覚えがあるかどうか尋ねてみてください)。全体として、Avidのライセンス・モデルには変化が必要でした。

ドラムロール... Avidのクラウド・ライセンシングの登場です。

2021年11月、Avidは新しいクラウド・ライセンシング・モデルをリリースしました。これは、購入する新しい製品でも、インストールする新しいバージョンのソフトウェアでもありません。Avid Linkを使用して顧客がアプリをアクティベートするための追加的な方法だったのです。これは、いくつかの古い問題に対する多くの解決策を提供します。

問題: Avid Application Manager および Avid Link の以前のバージョンでは、ユーザーが快適に使用できるよりも多くのメモリとシステム・リソースを使用していました。その結果、多くの人がそれを起動し、Avid アプリケーションをアクティベートしても、Avid Link をシャットダウンし、それを維持することを選択しました。

解決策: 2021年半ば、AvidはAvid Link 2021.6をリリースし、待望の変更を加えました。これは、残りのすべてのJAVA要件を削除し、メモリ/CPU使用量に関するすべての懸念を解決するものです。同期中やプラグインやアプリのインストール中に、CPU使用率が3%や4%に上昇することがありますが、アクティベーションと同期が完了すると、パフォーマンスには全く影響のない無視できる割合にまで平準化されます。

問題: ライセンス認証に数分間待たされることがよくあった。

解決策: 2021年後半、Avidは新しいクラウドライセンスをリリースしました。この新しいアクティベーションの方法は、ほぼ瞬時に行われます。

お客様は、この2つの別々の方法で製品をアクティベートすることができるようになりました。

1)クラウドライセンス

クラウド上でアクティベーションを行うことで、誰もが求めていたすべての修正と機能要求を提供します。(FAQはこちら)

お客様は、非常に迅速にアクティベーションを行うことができます。Avid Linkにログインすると、自動的にライセンスがアクティベートされます。または、Avid Linkでライセンスに移動し、「ライセンスを使用」をクリックすることで、使用するライセンスを指定することもできます。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

また、「デバイスの管理」という新しいパネルにアクセスし、クラウドでアクティベートされたライセンスを表示するだけでなく、他の場所でアクティベートした他のライセンスも表示することができるようになりました。

クラウドアクティベーションは、自動的にも機能します。Media ComposerとSibeliusのライセンスを1つだけお持ちの場合は、Avid Linkにログインするだけでライセンスが有効になります。複数のライセンスを持っている場合は、そのデバイスで最後に使用されたライセンスが自動的にアクティベートされます。デバイス管理パネルの詳細については、下にスクロールしてください。

2)オフライン・ライセンシング

従来のアクティベーションプロセスは、現在「オフラインライセンス」と呼ばれ、Media Composer 8以来、お客様が使用しているライセンスモデルと同じです。コンピュータをインターネット接続から長時間離したいとき(「オフライン」の名の由来)、これを使用します。新しい機能が1つあります。Avid Linkで簡単にオフラインにするチェックボックスを作りました。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

オフラインライセンスの欠点は、オフラインになるため、クラウドライセンスの機能にアクセスできなくなることです。デバイスの管理画面は、あなたのコンピューターからデータを取得しないので、読み取り専用になります。また、コンピューターがオフラインのため、リモートでデバイスを無効化することもできなくなります。無効化ボタンは濃いオレンジ色になり、機能しなくなります。再び動作させる方法は、オフラインにするモードを解除して、クラウドに戻ることです。

クラウドアクティベーションを使用すると得られる新機能を詳しく見てみましょう。

新しい機能 デバイスの管理

新しい「デバイスの管理」パネルには、現在アクティベーションされているすべてのデバイスのリストが表示されます。これは、クラウドライセンスに付属する新機能の1つです。そのため、ライセンスがクラウド経由でアクティベートされている場合は、このパネルがインタラクティブになり、アクティベート/非アクティベートボタンをクリックすることができます。

Avid Link 2021.12.1 (またはそれ以降) のデスクトップ・アプリケーションを起動します。パネルが開くと、上部に新しい「デバイスの管理」機能が表示されます。これにより、特定のシステム ID が使用されているすべてのデバイスを確認することができます。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

また、Avid Link を使用しなくても見つけることができます。MyAvid アカウント (https://my.avid.com/account) にアクセスし、ログインします。My Products > View My Productsをクリックし、Media Composer ライセンスを探します。「デバイスの管理」リンクが見えますか?この方法で、あなたはどこにいても、どのブラウザーを使っても、あなたのMyAvidアカウントで使用されているものをコントロールすることができます。なんてクールなんでしょう。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)
新機能を追加:Take Offline

これまでにも「オフライン」アクティベーションを実行することは可能でした。しかし、Avid Linkには新しく、見つけやすいボタンがあります。Avid Link 2021.12以降を起動すると、Media Composerの横にある「ライセンス」ボタンをクリックすると、新しい「オフラインにする」チェックボックスが表示されるようになりました。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)
新機能を追加:通知のアクティブ化/非アクティブ化

デスクトップのAvid Linkアプリを開き、環境設定をクリックすると、アクティベーションまたはデアクティベーションが発生したときにメールで通知するよう設定できます。

これらは、販売通知ではありません。単に、ライセンスが他のコンピュータでアクティベートされたことを知らせるものです。個人のクリエイターがこの機能を使うことは、20のライセンスを管理する必要があるポストハウスよりも少ないかもしれません。それはともかく。セキュリティの観点からは、特に良いことだと思いませんか?

新機能を追加:デバイスのニックネームを作成

デバイスの管理パネルで、デバイスに「NAME」をつけることができます。例えば、「Edit Bay 3」や「Lisa's Avid laptop」と指定することができます。これらの名前は、モバイルアプリ、Avid Linkデスクトップアプリケーション、またはMyAvidアカウントのすべてのデバイス管理パネルで表示されます。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

Avid Linkアプリで直接行うことも可能です。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

デバイスIDは、ホスト名(Mac Pro、HP z8など)と同じままです。したがって、これは、単なる外観上のものですが、多くの編集ベイやコンピュータを管理する施設や個人にとっては、非常に便利な機能です。

Avid Linkのバージョンに関するメモ

Avid LinkやApplication Managerの旧バージョンを使用している人が多いことにいつも驚かされます。それは、単にMedia Composer 2018と一緒にダウンロードされたバージョンである可能性があります。しかし、実際のところ、お客様にとっては、クリエイティブ・ツールを「ホスト」するライセンスおよびアクティベーション・アプリケーションの最新バージョンを常に実行するように試みることが賢明でしょう。Media Composer 2018を実行したい場合は、それでも構いませんが、Avid Linkの最新バージョンを実行することで、実行している製品に関する最新の情報を確認することができます。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

そうすることで、システムをより安全に保つことができます。何年も前にダウンロードした古いバージョンの Application ManagerとAvid Linkには、セキュリティ・アップデートが適用されません。また、これらのバージョンにはバグがありますが、後のバージョンで修正されています。

4. 2022年のライセンス&
アクティベーション・ワークフローの例

それぞれの基本は、理解できたと思いますが、ここで次の当然の疑問が浮かびます。すでに運用を開始した後、さまざまなシナリオでライセンスワークフローをどのようにナビゲートするのでしょうか?クラウドアクティベーションとオフラインアクティベーションのシナリオをいくつか見てみましょう。

1)エディターが、リモートで自分のシステムで作業しているアシスタントのチームを運営したいと考えています。
  • エディターは、予定されている編集の期間(1年、2年、3年)をカバーする、チーム全体のための複数のサブスクリプションを購入します。
  • 毎月ではなく、前払いを選択します。こうすることで、クレジットカードの有効期限切れによるサービスの中断や、年内のサービス停止の可能性を回避できます。
  • おすすめ:このプロジェクトは、インターネットを介して互いに通信するチームベースのプロジェクトであるため、「オフラインにする」チェックボックスを使用する理由はおそらくないでしょう。誰もがインターネットに接続することになります。クラウドライセンスの利点は、ここで資産となる可能性があります。
Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)
2)フリーランスのエディターは、非常に機動力があり、非常に忙しく、複数の異なる施設のために働いています。
  • Media Composer|Ultimateの1年間サブスクリプションを購入し、すべてのオプション(Symphony、ScriptSyncなど)をあらゆる状況に対応できるように保証します。必要に応じて毎年更新します。
  • 毎月ではなく、前払いを選択します。こうすることで、クレジットカードの有効期限切れによるサービスの中断や、年内のサービス停止の可能性を回避できます。
  • おすすめ:クラウドライセンスの場合、Avid Linkにサインインするだけで、Media Composerが自動的にアクティベートされます。こうすることで、エディターはその場で、どこにいても、地上波でアクティベート/デアクティベートすることができます。
3)エディターが自宅で、趣味でやっているか、たまにしか仕事をしておらず、ライセンスはノートパソコンで、頻繁に自宅を離れ、インターネットから離れることが多いだろう。
  • Media Composer|Ultimateの追加オプションはほとんど必要ないため、標準のMedia Composerの30日間サブスクリプションを購入します。必要に応じて毎月更新します。
  • 30日間ライセンスの月払いを選択します。この場合、「まもなく終了」の通知が多くなりますが、顧客はライセンスを失効させることができます。
  • おすすめ:クラウドライセンスの"ライセンスを使用する"ボタンを使用し、エディターがその場で、どこにいても、地上波でアクティベート/デアクティベートできるようにする。
Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)
4)エディターが何ヶ月も、あるいは何年もインターネットに接続できない場所で仕事をすることになった場合。
  • エディターは、その期間をカバーするためにサブスクリプションを購入します。
  • 毎月ではなく、前払いを選択します。こうすることで、クレジットカードの有効期限切れによるサービスの中断や、年内のサービス停止の可能性を回避できます。
  • おすすめ:ライセンスをアクティベートする際に、オフラインにするチェックボックスを使用します。これにより、Media Composerは、その3年間はパーマネントライセンスとして実行されているように「感じる」ことができます。
Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

クラウド・ライセンスがオフライン・ライセンスに完全に取って代わるべきかどうか、社内で議論されました。Avidは、顧客に両方を提供し、いつでも自由に行き来できるようにすることを決定しました。このアイデアは個人的に気に入っています。なぜなら、これまでのワークフローを疎外することなく、新しいクラウド・ワークフローを成熟させることができるからです。

以下は、両方のアクティベーション方法を使用する人が期待することのできる例です。

フリーランサーのTheresaは朝起きると、自宅でMedia Composer | Ultimate 2022.4が動作するラップトップを開いていました。彼女はAvid Linkにログインし、[ライセンスを使用]をクリックします。これにより、ライセンスがクラウドでアクティベートされるように設定されます。デバイス名を「Teresa's Laptop」に変更することも可能です。彼女は、学生の自主制作映画のプロジェクトで軽い編集を行いました。そろそろ出勤の時間です。テレサはラップトップを閉じますが、Avid Link からはログアウトしません。彼女はラップトップを家に置いていく。

8時間勤務のため、郵便局に到着。彼女は自宅と同じアカウントでAvid Linkにログインします。これだけで、自宅のラップトップ上のライセンスは自動的に無効化され、郵便局のiMac上のライセンスは有効化される。「デバイスの管理」をクリックし、iMacのデバイス名を「ポストハウスiMac」に変更します。こうすることで、どのマシンで作業しているかが一目瞭然になります。4時間の編集作業を終え、昼食をとる。昼食中に携帯電話を取り出し、Safariを使用してMyAvidアカウントにログインします。「デバイスの管理」を開き、「Post House iMac」のスペルを間違えていることに気付く。彼女はそれを修正します。昼食が終わると、彼女は仕事に戻ります。

残りの4時間を終え、帰宅。ノートPCのAvid Linkアプリで自分のアカウントにログインする。これにより、職場のライセンスは自動的に無効化され、目の前のマシンが有効になる。

翌朝、彼女は目を覚まします。彼女は3ヶ月に及ぶ海外編集のために出発し、その間のインターネット接続に不安があります。そこで、彼女はラップトップ上のライセンスを再び非アクティブにし、同じラップトップ上で再びアクティブにします。(アクティベーションコードを手動で入力することで、同じタスクを達成することができます。手動でコードを入力することは、「オフラインにする」チェックボックスと同じ働きをします)。つまり、リモートでライセンスを無効にするような贅沢はできませんが、ラップトップは常に手元にあるので、それはそれで問題ありません。

90日間、インターネットから離れた場所でノートパソコンを使って仕事をした後、家に戻り、オフラインの状態からライセンスを無効にし、[オフラインにする]チェックボックスのチェックを外して[ライセンスを使用]をクリックしてクラウド上でライセンスを再び有効にする。

5. クラウドライセンスのコツ

今のところ、クラウド・ライセンシングに関する実際の問題は見つかっておらず、私も猛烈にテストしています。しかし、クラウド・ライセンシングの仕組みを完全に理解するためには、いくつかのコツがあります。まず、Media Composerのすべてのバージョンで動作するわけではないことを理解する必要がある。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

クラウド・ライセンシングは全く新しいもので、アプリ自体のコードに直接注入する必要がある。つまり、最初に作られたMedia Composerのバージョン、2021.9からしか動作しない。Media Composer内部のコードに取り組んでいるエンジニアは、クラウド・ライセンシングをAvid Linkおよび顧客のMyAvidアカウントと完全に同期させるために、コード内部に膨大な数の変更を加える必要がありました。一般にリリースされる前に、各バージョンで広範なテストを行う必要があるため、Media Composerの古いバージョンにクラウド・ライセンシングを適用するには、非常に重いリソースが必要とされます。

Manage Devicesパネルに表示されるすべてのライセンスがクラウド対応になっているわけではありません。明るいオレンジ色で表示されているものは、クラウドアクティベートされています。薄暗いオレンジは、オフラインでアクティベートされていることを意味します。例えば、下の図は、Avid LinkのシステムIDを示しており、これらはすべて特定のユーザーに対してライセンスされています。「非アクティブ化」ボタンが薄暗くなっているのがわかりますか?これは、これらのライセンスが2021.9より古いバージョンのMedia Composerでアクティベートされているか、または「オフラインにする」(非クラウド)方法でまだアクティベートされていることを意味します。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

Manage Devicesパネルで動作させる方法は、以下の通りです。

  • - インストールされているMedia Composerのバージョンが2021.9以降であることを確認します。
  • - インストールされているAvid Linkのバージョンが2021.12以降であることを確認します。
  • - これらのライセンスがアクティブ化されているコンピュータに移動し、ライセンスを停止する。
  • - 同じコンピューターでライセンスをアクティブにし、「ライセンスを使用」ボタンを使用します。

この方法で、クラウドでアクティベートされたライセンスがデバイスの管理エリアに表示されることが確認できます。「非アクティブ化」ボタンが明るいオレンジ色に「点灯」しているのがわかりますか?

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

クラウドライセンスの利用を開始すると、「履歴を見る」をクリックすることで、クラウドベースのログイン/ログアウトイベントの全履歴を見ることもできるようになります。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

6. Media Composerの
ライセンスの変遷をご紹介します。

これは、消化するのが大変なことだと思います。そこで、全員が同じページに立てるように、ライセンスの歴史を詳しく説明することも役に立つと考えました。

まず、語彙をいくつか確立しておきましょう。

ライセンス - これは、アプリケーションに与えられた「使用許可」です。免許証がなければ、合法的に車を運転することはできません。ソフトウェアも同じです。

アクティベーション - あなたはアプリを持っています。あなたはライセンスを持っています。アクティベーションとは、簡単に言えば、コンピュータの電気のスイッチと、それをオン/オフする能力です。技術用語では、特定のコンピュータでライセンスを「検証」するために使用される手順です。Avid Linkを使用してアクティベーションを行います。

MyAvid アカウント - 購入したすべてのアプリを一カ所にまとめておく必要があります。https://my.avid.com/accountにアクセスすることで見つけることができます。ここでは、Avid マスター・アカウントの作成、アプリの表示、アップデートのダウンロード、領収書の確認、Avid サポートへの問い合わせを行うことができます。(注:サポートからのサポートが必要な場合、お客様に返信をご覧いただく必要があるため、頻繁に確認する電子メールアドレスを使用することをお勧めします。)

サポート契約 - サービス契約と呼ばれることもあるこれらは、製品に対して選択できる様々なレベルのサポートです。これらは、保証や、ターゲットでレジにいる間にコーヒーメーカーに追加する保護プランと混同しないでください。主な機能は、ユーザーがアプリケーションの新しいバージョンがリリースされたときにアップグレードできるようにすること、および購入したレベルに基づいて、より多くのレベルのテクニカルサポートのロックを解除することです。(情報)

コンピューターに表示されるコード。

System ID - これは大きなものです。Avidサポートに電話または電子メールで問い合わせる場合、このコードを探します。これは、アプリケーションが使用する主要なコードです。

Activation ID - これは、照明スイッチのように動作するコードです。システムIDをアクティブ化/非アクティブ化するとき、それは表示されたままですが、これはバックグラウンドでオン/オフされるコードです。これは、長年にわたってカスタマーライセンスを安全かつセキュアに保つための方法なのです。

Device ID - あなたのコンピュータは、他のコンピュータが持っていないシリアル番号を持っています。車の車体番号のようなものです。Avidのライセンシングは、そのコンピュータのシリアル番号と、あなたが正しいアクティベーションIDを入力したことを確認すると、「デバイスID」と呼ばれるコードを作成します。おそらく、このコードを使用する必要はないでしょう。これは、お客様がどのマシンでライセンスをアクティベートしたかをシステムが認識するためのものです。

多くのAvidエディターとアシスタント・エディターは、何年もかけて出世してきました。Avidが採用した多くのライセンス・コンセプトが現れては消えていくのを目の当たりにしてきました。他のAvidユーザーは、ここ2、3年の間に始めたので、旧来の方法には何の脈絡もありません。

ディスク、CD、そしてDVD。
長年のユーザーは、ディスク、CD、またはDVDの入ったソフトウェアの箱を開け、ソフトウェアのアクティベーション・コードを印刷したことを昨日のことのように覚えていることでしょう。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

古い技術を生かすことを楽しんでいる一部の人々にとっては、実は昨日のことなのです。私は今でも、古いAvidのソフトウェアを子供たちに譲りたいと言うお客さんのお手伝いをしています。もちろん、子供たちは目を丸くしています。古いバージョンは最近のカメラや携帯電話のメディアをサポートしていないとわかると、とにかく最新バージョンを欲しがるからです。

ドングルのこと。
現在のユーザーの中には、ドングルの黎明期から愛用している人も少なくない。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

コンピュータの背面から突き出ている、パーマネントライセンスの入った紫色のプラスチック製USBメモリは、かつてローカル・アプリケーション(初期にはAvid Dongle Manager、後にAvid License Control)でアクティベートされていました。

Avid Media Composer in 2022:ライセンスの話をしよう(Chris Bové)

しかし、ドングルは常に取り外しが可能であることが前提でした。その要点は、ある編集システムから次の編集システムへと飛び回るたびに、長いソフトウェアコードを手動で入力する必要性を排除することでした。つまり、本質的にドングルは、今日のクラウドライセンスのような柔軟性を持つ、最初の「スニーカーネット」のような試みだったのです。

注:iLokという言葉を目にしたことがあるかもしれませんが、Media Composerとは何の関係もありません。Pro Toolsの顧客のライセンスが盗まれないように保護するために使用される技術です。iLokとドングルという言葉を混同している人が多いのですが、iLokはPro Toolsとしか互換性のないライセンス・モデルを使用しています。Media Composer、Sibelius、その他の製品では使用できません。

永続的なライセンス。
ある意味、昔のライセンスコード付きディスクは、誰でも永久にそのコードを入力できるため、パーマネントライセンスのようなものでした。ドングルもまた、物理的に取り外し可能なデバイスにエンコードされたパーマネントライセンスです。物理的な実装がどうであれ、パーマネントライセンスは、編集システムを潜水艦のように扱い、インターネットからつながれていない編集室の深淵に、一度に何ヶ月も何年も潜り続ける人のために設計されました。

これは、アンチウィルス・ソフトウェアがAvid Media Composerシステム上でまだ正しく機能しなかった1990年代から2000年代にかけて必要だったものです(ウィルス・スキャンは、Avid Media Composerシステムも含めて行われました)。(ウイルス・スキャンはメディア・ドライブを含むため、完了までに数時間から数日かかることもありました)。アンチウィルス・ソフトウェアがAvidのMedia Drivesを無視できるようになったのは、2000年代後半になってからのことです。ようやくエディターがインターネットに常時接続しながら編集システムを稼働させることができるようになったのです。しかし、Avid UnityやISISの共有ストレージを使用している人には、まだそうではありませんでした。インターネット接続の自由は、Avid NEXISがリリースされ、Application ManagerとAvid Linkのより良いバージョンがリリースされるまで、それらの人々には訪れませんでした。

私自身は、Avidコンピュータをインターネットに接続することを楽しみました。レビュー・セッションのために、毎日のタイムラインの進行状況を1時間のビデオにエクスポートしていたからです。DropboxやYouTubeのプライベートビデオに直接アップロードできるため、毎日膨大な時間を節約することができました。

Flexnetサーバー:
大学などの大規模施設では、ライセンスをローカルにホスティングするためのサーバーを購入することができます。一人の現場担当者が、出入りする多数のユーザーに対してライセンスコードを管理することができます。大学では、学生にライセンスを配布し、学期末にそのライセンスをすべて無効にできるこのモデルが好評です。多くの大規模なポストハウスや放送局もこの方式を採用しています。

サブスクリプション:
2014年5月、Avid Media Composer 8がリリースされました。これは、お客様のMyAvidアカウントに表示されるライセンスが、新しいソフトウェア・アクティベーション・アプリを使ってアクティベートできる、最初のサブスクリプション・サービスでした。Avid Application Managerです。ドングルユーザーも、以前使用していたソフトウェアに代わって、Application Managerを知ることになります。

ドングル以外のユーザーにとっては、Application Managerのワークフローは新鮮なものでした。職場でライセンスを無効化し、自宅のコンピュータでアクティベーションを行う場合、机の下やサーバーラックの裏側に潜ってドングルを探さなくても済むからです。

オフライン・アクティベーションは、ユーザーが支払ったサブスクリプションの期間中、自分のコンピュータをインターネットから「オフライン」にすることを望んでいるため、その名前が付けられました。例えば、3年間のサブスクリプションを購入したエディターは、サブスクリプションのシステムIDとアクティベーションIDをAvid Linkに手動で入力し、その3年間インターネットからオフラインにすることができます。その後、インターネットに接続して更新し、さらに3年間オフラインにすることができます。オフラインでのアクティベーションの詳細については、下にスクロールしてください。

ライセンシング・プロセスとお客様が使用するアプリは、時代とともに進化してきました。エディターは、Avid License Control、Application Manager、そして後のAvid Linkを覚えているでしょう。それぞれが次のものに進化していく中で、お客様から何度も求められたワークフローがいくつかありました。2021年11月、これらの長年の機能要望は、クラウド・ライセンシングとして街頭に登場しました。

結論

これを読んだ人が、今後覚えておいてほしい重要なことがいくつかあります。

  • Avidは、お客様のパーマネントライセンスを取り上げることはありません。私たちは、2022年12月まで、既存のライセンスを検討し、新しいライセンスを購入するかどうかを決定するあらゆる機会をすべての人に提供しています。
  • 2022年12月までに影響を受けるのは、新しいパーマネントライセンスの販売だけです。
  • パーペチュアルは永久という意味です。ですから、15年前にパーマネントライセンスを購入されたお客様は、今でもそのライセンスを使用することができます。同様に、今日、新しいパーマネントライセンスを購入されたお客様は、2025年までフルサポートで使用することができます。また、2026年以降はサポート対象外として使用できるようになります。
  • 物理ドングルを取り巻く業界は、かつてのような状況にはありません。さらに、顧客がドングルをどんどん捨てていき、最初はパーマネント契約、今ではサブスクリプションを好むようになり、Avidドングルのワークフローは、サポートするのが信じられないほど難しく、高価で、時間のかかるものになっています。
  • 新しく入ってきたエディターは、クラウドライセンスとサブスクリプションモデルにしか興味を示しません。

結局のところ、サブスクリプションについて私が気に入っているのは、自分が作業しているものを最もうまくコントロールできていると感じられることです。

フリーランサーとして、編集作業をするためにどこへ行くにも、ライセンスが一緒に移動することを常に望んできました。昔はフロッピーディスク、CD、USBメモリ、そして今はクラウド。どこにいても、Avid Linkにログインするだけで、プロデューサーやディレクターと話している間に、作業を始めるために必要なものがすべて自動的にアクティベートされるのです。これは、非常に大きなことです。

クラウド・ライセンスのコンセプトとサブスクリプションの組み合わせは、長い時間をかけて実現されたものです。30年近くエディターとして働いてきた私にとっては、とても感動的なことです。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み