MediaCentral|Streamの
新機能について

Avid

2022年04月28日
MediaCentral|Streamの新機能について

放送業界は、さまざまな面で変化の真っ只中にあります。クラウドへの移行、どこからでもアクセスできるWebベースのツールの台頭、SDIからIPへの移行、リモートワーク、モバイルでの貢献、新しい配信プラットフォーム、効率的で費用対効果の高いソリューションへのニーズの高まり...数え上げればきりがありません。

Avidは業界のニーズに対応するツールを開発・導入しており、その最新作であるMediaCentral|Streamは、これらのタスクの多くを簡素化します。

MediaCentral|Streamとは?

MediaCentral|Streamは、シンプルで信頼性の高いリモート投稿を実現し、複数の圧縮IPストリームをどこからでもMediaCentral制作環境に取り込むことを可能にします。より多くのソースからキャプチャし、リモートロケーション間でライブコンテンツをより低いコストで移動、キャプチャしながらメディアを編集・再生し、超高速ターンアラウンドを実現します。Avidプロダクション・ワークフローにIPコントリビューションを追加する最も簡単な方法です。

VMで動作する低コスト・ソリューションであるため、オンプレミスまたはクラウドに導入でき、WebベースのUIからアクセスできるため、インジェスト業務がどこからでも接続できるようになります。

受信したSRTやRTMPのストリームを、その場でプロダクションハウスのフォーマットにエンコードします。重要なのは、制作チームのワークフローがまったく変わらないということです。チームは、Media Composer、MediaCentral|Cloud UX、またはAdobe Premiere Proを編集作業に使い続けることができ、作業を中断させません。

高解像度およびプロキシメディアファイルをMediaCentral | Production ManagementAvid NEXISストレージに同時にインジェストする機能を備えており、編集者やジャーナリストは収録開始後数秒で作業を開始することができます。シンプルなウェブベースのUIを備え、オーディオ・モニタリングを含め、最大4つの受信ストリームのライブ・プレビューが可能です。

MediaCentral|Streamの新機能とは?

MediaCentral|Streamの初期バージョンはインジェスト・ワークフローに焦点を当てていましたが、最新バージョンではプレイアウト機能が追加され、ニュース、メディア、スポーツ制作向けの既存のAvidソリューションにエンドツーエンドのIPベースのストリーミング・ワークフローが提供されるようになりました。

MediaCentral|Streamの新機能について

MediaCentral|Streamの最新バージョンでは、編集者やジャーナリストは、選択した編集アプリケーションで作業して放送用の完成パッケージを作成し、MediaCentral|Streamにプレイアウトのために送信することができます。各サーバーは、最大4つのSRT H.264ストリームの同時再生に対応しています。

転送しながら再生するワークフローをサポートし、ニュース環境に必要なスピード・トゥ・エア機能を確保します。編集室での作業が終了し、プレイアウトのために転送されたアイテムは、転送中に再生することができ、リアルタイムよりも高速な転送を実現します。

スタンドアローンでも、MediaCentral|Commandを使ったニュースルームのランダウン再生でも、サードパーティーのスタジオオートメーションアプリケーションでも制御可能です。

どのような課題を解決するのか?
メディア企業は常に効率的に仕事をする必要があります。特に、あらゆる種類のデバイスから送られるユーザー生成コンテンツの増加により、ソースの種類は爆発的に増加しています。そして、制作チームができるだけ早く、簡単にメディアを利用できるようにする必要があります。ストリームを制作可能な形式にするために複雑なプロセスを経ている時間はありません。スピードが重要であり、MediaCentral|Streamは、メディアを必要とするチームに届けるのも、それをストリーミングするのも遅れないようにするのです。

もう一つの現実は、分散型ワークフォースです。どこからでも仕事ができることの重要性は増していますが、それは安全な方法で行われる必要があります。MediaCentral|Streamは、その導入方法について柔軟性を備えています。仮想マシン上で動作するため、オンプレミスでもクラウドホスティング環境でもインストール可能です。どちらの方法でもセキュリティ・コントロールが可能で、不要な侵入から本番環境を確実に保護することができます。

エッジデバイスとして動作するリスクを考えると、セキュリティ対策はMediaCentral | Streamのアーキテクチャ、リリーステスト、および日々の運用において重要な部分となります。コンテンツとシステムを安全に保つための様々な対策が施されており、設計上セキュリティがビルトインされています。

MediaCentral|Streamは、IPストリーミングのインジェストとプレイアウトのための柔軟で導入しやすい方法を提供し、ニュース、放送、スポーツ向けのAvidのソリューションの機能を強化します。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み