MediaCentral 2022.3の新機能

Avid

2022年04月15日
MediaCentral 2022.3の新機能

継続的な革新。継続的な強化。継続的な改善。Avidのメディア・プロダクション・ソリューションは、リリースされるたびに、より多くの機能、より多くのワークフロー、より多くの効率性、そしてより大きな柔軟性を提供します。「MediaCentral」の最新アップデートで何が新しくなったかを確認しましょう。

概要

「MediaCentral」は、編集チームが作業、コラボレーション、共有、発信するためのフレームワークを提供します。記事の執筆、編集、アセット管理、ロギング、アーカイブなどのツールを備え、ワークフローを結びつける総合的なソリューションです。インジェスト、プレイアウト、グラフィックス、ストレージの各ツールと比類のない統合が可能です。「MediaCentral」は、世界有数のメディア企業で何万人ものクリエイターに使用されており、Avidのニュースおよびメディア制作ソリューションは、今やワークフローを次のレベルへと引き上げています。

プランニング&コラボレーション

「MediaCentral|Collaborate」は、チームによるプロジェクトの計画、ユーザーへのタスクの割り当て、作成から完了までの進捗状況の確認を可能にします。iOS、Webベースの「MediaCentral | Cloud UX」、「Media Composer」、Adobe 「Premiere Pro」「After Effects」「Photoshop」などのAdobe Creative Cloudツールで利用可能です。

「MediaCentral|Collaborate」では、計画中のすべてのものを表示する既存のリストビューを補完するために、新しいカレンダー表示が追加されています。週表示で直接アイテムの計画を立てたり、将来の計画を確認したり、予定外のジョブを簡単にカレンダーに直接追加することができます。

MediaCentral 2022.3の新機能

場所やアプリケーションに関係なく、タスク化された仕事へのダイレクトリンクが付いた通知アラートを受け取ることができます。また、通知設定の選択も可能です。

iOSのモバイルでは、どの仕事にもリンクしたビデオを再生できるようになったので、自分が取り組んでいることに関連するすべてを、より完全に把握できるようになりました。

MediaCentral 2022.3の新機能
MediaCentral 2022.3の新機能

Adobe Premiere Proのワークフロー

Adobe Premiere Proの編集者は、編集クライアントの「MediaCentral」パネルから「MediaCentral」で共有されているすべてのコンテンツにアクセスすることができ、すでに恩恵を受けています。共有コンテンツへの素早いアクセスは、あらゆるメディア制作ワークフローの重要な要素です。このパネルでは、エディターはブラウズ、検索、「MediaCentral|Collaborate」の使用、ニュースルームのランダウンへのアクセス、プロセスのトラッキングを行うことができます。

しかし、時にはエディターがローカルメディア(自分のローカルマシンに取り込んだもの)で作業する必要がある場合もあります。以前は、このメディアは編集者だけが利用できました。Adobe Premiere Proの「MediaCentral」の新しいオプションにより、エディターはこれらのローカルアセットをチェックインしてアップロードできるため、チーム全員が恩恵を受けることができます。また、新しいマルチレゾワークフローも導入されています。

MediaCentral 2022.3の新機能

検索機能強化

メディアはワークフローの一部でしかありません。メタデータは非常に重要ですが、必要なときに探しているものがすぐに見つからなければ、他のすべてはほとんど意味をなしません。

「MediaCentral」は、AIを使った検索、60秒ごとの自動検索、個人、グループ、誰でもアクセスできるお気に入り検索、結果プレビューなど、詳細な検索ツールをすでに備えています。MediaCentral|Newsroom Management、MediaCentral|Production Management、MediaCentral|Asset Management、Maestro|Newsなど、どのシステム内のアセットに対しても検索を行うことができます。また、複数のサイトで作業している場合は、それらのリモートシステムも検索できます。

ユーザーは、検索用のグリッドビューを作成できるようになり、必要なものを正確に特定するために詳細で複雑な検索を簡単に構築できるようになりました。

MediaCentral 2022.3の新機能

MediaCentral|AssetManagementで作業するユーザーには、マスターデータを検索する際にANDまたはORが追加され、さらにユーザーに基づいて検索および共有する新しい方法、または相対的な日付を使用して検索する方法が将来的に追加される予定です。

アセットマネジメントワークフロー

Avid Media Composerを使用するエディターは、制作中のメディアを共有することで常にメリットを得てきましたが、アーカイブされたアセットを扱う際にもワークフローを効率化できるようになりました。Media ComposerのMediaCentralパネルでは、MediaCentral|Asset Managementでクリップを検索して閲覧し、必要なものだけをプレビューして選択し、さらに使用するために復元することができます。クリップ全体を復元するのではなく、必要な部分だけを復元することができるので、貴重な時間を節約できます。

MediaCentral 2022.3の新機能

その他の強化点

新機能のリストはこれだけにとどまりません。セキュリティの強化、MediaCentral | Production ManagementのmacOS Montereyサポート、監査ログ機能の追加、MediaCentral | Newsroom Managementのグラフィックサポートの改善、検索とビジネスプロセスのモデリングに関する新しい管理機能など、さまざまな機能が追加されています。

MediaCentralのストーリーは進化し続け、プロダクションのために提供し、ユーザーの共同作業をかつてないほど支援します。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み