新しいメディアストレージの
3つのソリューションと
導入モデルを探る

Avid

2022年04月13日
新しいメディアストレージの3つのソリューションと導入モデルを探る

ポストプロダクションは、単純に2020年以前の状態に戻るわけではありません。パンデミック後のリモートワークへの大規模なシフトは、この働き方が実際に利益をもたらすことを明らかにしました。

しかし、すべてのポストプロダクションがオンプレミスに戻ることを望んでいるわけではありません。ポストハウスや施設は、施設内外から寄せられるスタッフやクライアントのニーズの変化に対応する必要があります。

その中でも、ポストワークのデジタルライフラインであるメディアストレージソリューションは、優先的に取り組まなければならない事項の一つです。リモートワークでは、クラウドのようなリモートフレンドリーなストレージソリューションを採用する必要がありますが、ポストハウスではどのようなクラウド展開モデルオプションが必要でしょうか。異なる選択肢にはそれぞれの利点があり、今後数年間、ポストハウスに影響を与えるであろう考慮事項があります。

選択肢1:オンプレミスのハードウェアをプライベートデータセンターに転換

2020年にはリモートソリューションに迅速に移行する必要があるため、ポストハウスや施設にある多くのオンプレミスのハードウェアが使われないまま、埃をかぶっていました。このオプションは、オンプレミスのメディアストレージソリューションをクラウドに移行させ、プライベートデータセンターにすることができるため、この状況を変えることができます。

これまで、サーバーラックは空調の効いた部屋に置かれ、ポストハウスの壁の中で専門家だけがアクセスできた。そのストレージをクラウドに接続すれば、PCoIP(PC over IP)技術や高速ファイル転送リンクを通じて、ポストハウスのメディアに現場の作業員やクライアントがアクセスできるようになります。

オンプレミスのハードウェアをプライベートデータセンターとして利用する最大のメリットは、施設が既に持っているものを利用できることです。クラウドベースのメディア・ストレージ・モデル(詳細は後述)とは異なり、ビジネスやワークフローの再構築をあまり必要としません。もちろん、クラウド環境を構築・設計するために技術的な再構築は必要かもしれませんが、PCoIPのような技術で簡単にプライベートデータセンターに接続できるため、共同作業者やクライアントが複雑な問題に直面することはないのです。

-先を見越して、長期的な計画を立てる

しかし、このモデルを追求するためには、それなりの覚悟が必要です。技術的な設定だけでなく、このモデルはWi-Fiルーターで自宅をネットワーク化するような単純なものではありません。まず、オンプレミスのハードウェアとソフトウェアがプライベートデータセンターとして機能するかどうかを確認し、その後、どのようなアップデート、追加ラック、インストールが必要かを評価するために、既存または外部のIT担当者と共に時間と投資を行う必要があります。

また、プライベート・クラウドの容量についても検討する必要があります。今必要なものを評価するだけでは十分ではありません。5年先のポストチームのニーズはどのようなものでしょうか?顧客やスタッフの増加など、郵便局がさらなる成功を収めれば、ストレージのニーズは拡大します。そのような可能性に備えて事前に十分な計画を立てることで、将来のビジネスを保護し、技術的な問題や調整のための奔走を防ぐことができます。

ポストハウスの役割も少し変わるかもしれません。プライベートクラウドの導入モデルでは、セキュリティとテクニカルサポートの必要性が高まります。特に、従業員だけでなく、顧客からのアクセスを許可している場合は、その傾向が顕著になります。エンターテイメント企業はメディアの安全性を保証する必要があり、ポストチームは納期を守るために技術的な問題に迅速に対処しなければなりません。

このような配慮から、サードパーティーのサービスと連携したプライベートサーバーを借りて、責任を転嫁する人もいるかもしれません。しかし、独自のクラウドを構築することを選択した人は、この新しい変更によって、ビジネス、ワークフロー、およびクラウド導入モデルの大幅な見直しを回避することができると考えています。

選択肢 2: クラウド型メディアストレージ

クラウドベースのポストプロダクションワークフローが、パンデミック時に「あると便利」から「必須」へと移行する中、将来のメディアストレージの選択肢として最も広く議論されているのが、クラウドによってのみ駆動するものです。

サーバールームもラックも存在しない。その代わりに、クラウド・サービス・プロバイダ(CSP)や、Avid NEXISクラウド・ストレージを提供する「Avid | Edit On Demand」のようなターンキー・ソリューションを通じて、すべてがクラウド上にあるか、クラウドと同期されることになります。

オンプレミスのハードウェアを使用したプライベート・サーバーとは異なり、このセットアップでは、メンテナンス、サポート、アップデートを大幅に削減できます(これらはすべてCSPによって処理されます)。また、クラウドベースのメディアストレージは拡張性があるため、5年先のストレージサイズを予測する必要がありません。そのため、今後ますます大容量化する動画ファイルにも対応でき、ポストプロダクションも頭を悩ませることなくプロジェクトを進めることができます。また、CSPの従量課金制により、設備投資から運用投資への移行も可能です。

-ストレージ・ティアのニーズを考慮する

オンプレミスのプライベートデータサーバーモデルを追求するのと同様に、クラウドベースモデルもいくつかの考慮が必要です。クラウドは拡張性があるため単純化されますが、予算とストレージは後回しにすることはできません。クラウドサーバーのコスト構造は、プロバイダーによって異なる階層に分かれています。さらに、階層は通常、ストレージのサイズ、アクセス、データ移動によって定義されます。つまり、組織的な意思決定は、プロジェクトのストレージ寿命全体と、何がどの階層に割り当てられているかを考慮する必要があります。

一方、メディアストレージの長期的なコストは、時間の経過とともに総所有コストを押し上げる可能性があります。同様に、アクセス、同期、ビンロックなどのワークフローを設定し、成長過程で作業が失われたり、さらに悪化したりしないようにする必要があります。

しかし、これらの考慮事項がすべて解決されれば、クラウドの導入モデルは、ポストプロダクションの将来にとって非常に重要なものとなります。

選択肢3:ハイブリッド・ストレージ・モデル

それぞれの利点はあるものの、率直に言って、今後数年間、業界が上記のいずれかのモデルのみに分解されることはないでしょう。現状では、万能な導入モデルは存在しない。

その代わり、ほとんどの既存施設はハイブリッド・モデルを追求することになると思われます。おそらく、オフィスで仕事をしたい人のためにオンプレミスのストレージを維持しつつ、自宅で仕事をする人のためにリモートで利用できるようにするのでしょう。あるいは、高性能なタスクはオンプレミスに残し、バースト容量はクラウドに委ねるかもしれません。

いずれにせよ、今後数年間は、ワークロード、セキュリティ、スケーラビリティなど、それぞれのニーズに合わせてモデルを選択する必要があります。紙面上で何が一番優れているかではなく、何が一番適しているかが重要なのです。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み