企業の映像制作チームによる
効率的なマルチチャンネル配信ガイド

Avid

2022年03月25日
企業の映像制作チームによる効率的なマルチチャンネル配信ガイド

企業の映像制作チームは、複数の配信フォーマットを使いこなすために、時間、コスト、労力を節約する効率的なワークフローを見つける必要があります。

そのワークフローは制作から始まり、そこでの選択はポストプロダクションで利用できるクリエイティブなオプションに重大な影響を及ぼし、ひいては複数の異なるチャネルで体験される最終プロジェクトの品質に影響を及ぼしかねません。その結果、複数の異なるチャネルで体験される最終的なプロジェクトの品質に影響を与えます。あらゆる段階で、組織は最適なマルチチャネル配信を可能にするための決定を下す必要があります。

では、さまざまな配信プラットフォームで使用されるコンテンツを独自の仕様で制作することが多い企業の映像制作チームは、どのようにすれば最も効率的に作業できるのでしょうか。

エンド(フレーム)を意識して撮影する

映像制作チームは、プロジェクトに必要なすべての最終成果物を考慮して、カメラで撮影したショットをフレーミングする必要があります。例えば、画像やフレーミングは、縦長や正方形のクロップでも機能するか?撮影時にどの配信チャンネルとアスペクト比を優先させるか?

優先すべき納品形式が従来の16:9の画像であれば、通常通り行ってください。しかし、例えばプロジェクトの重要なコンポーネントがInstagramプロモーションであれば、その配信形式を考慮して撮影する必要があります。

また、後段階でフレームに追加されるものを考慮し、そのためのスペースがあるかどうかを確認します。例えば、下の方に字幕を焼き付けるスペースがあるフレーミングが可能かどうか。あるいは、字幕がフレーム内の人の顎にかからないように、クローズアップは少し緩めに撮影したほうがいいだろうか?など。

撮影時にこのような配慮をするためには、プロダクションとポストプロダクションの間で良好なコミュニケーションが必要です。プロジェクトを開始する前に、どの配信フォーマットが最重要なのか、各フォーマットの仕様は何か、その仕様に対応するためにどのように撮影を構成するかを全員が理解していることを確認します。そうすれば、面倒な再フレーミングの必要性が減り、ポストプロダクションのプロセスがより効率的になります。

高解像度を目指す

モバイルファーストのストリーミングプラットフォームであるQuibiは、最終的に生き残ることはできませんでしたが、1つだけ正しいことを行いました。それは、複数のフルフレームの配信を可能にする方法で撮影する必要があったことです。それは、高解像度のフォーマットで撮影することです。

撮影監督のCatherine Goldschmidt氏がQuibi original Dummyの制作について説明しているように、『...チームは、6K Sony Veniceカメラを使用して、4Kスクエアフレームにクロップし、16:9と9:16両方の縦横比を含んで撮影することにしました。』

この利点は、9:16のフレームを埋めるために16:9のフレームをズームして、よりタイトな画像になるという代替案よりも、はるかに見栄えのする最終画像になることです。二次的な利点としては、ソース画像に作業用のパディングがあるため、必要に応じて各納品物を再フレーミングする自由度が高いことがあげられます。

高解像度フォーマットの使用は、映像を保存するためのより大きなドライブスペースと、それを処理するためのより高速で高性能なマシンが必要であることを意味します。とはいえ、垂直・水平方向の4K画像を取り出そうとするのでなければ、すべてを6Kで撮影する必要はないでしょう。4Kで撮影することで、HDのフルフレームを抽出することができます。

共有スペースでの作業

プロジェクトがポストプロダクションに移行する際、「Avid NEXIS」などのメディア中心の共有ストレージ・システムで作業すると、さまざまな理由からワークフローの効率が大幅に向上します。

  • 全員が同じメディアで作業できる

    アクセス可能なコピーは1つだけなので、各プロジェクトでストレージ・スペースを節約できます。逆に、チーム全体が一度に参照できるため、他のメンバーがローカルで使用するメディアの複製に余分な時間をかけたり、ストレージスペースを消費したりする必要がありません。

  • メディアストレージを共有する

    ワークフローでは、すべてのメディアを社内で安全に保管できるため、資産の紛失、盗難、移動中の漏洩などのリスクを軽減できます。また、複雑な資産管理システムに投資する時間やコストも削減できます。

  • チーム全体が並行して作業できる可能性がある

    例えば、サウンドとカラーが同じメディアから作業を開始することも可能です。

一度デザインすれば、何度でも再利用できる

モーショングラフィックスと字幕は、複数の配信フォーマット用に作成する場合、一般的に手作業で再作成する必要があるビデオプロジェクトの2つの要素です。これらの要素を一度デザインすれば、すべての配信フォーマットで一貫して動作させることができるため、時間と労力を大幅に節約することができます。

たとえば字幕の場合、凝縮されたレイアウトに限定して一貫したスタイルを維持すれば、配置、フォントサイズ、行の長さなどを調整しなくても、縦長と横長の両方のフレームで字幕をすばやく再利用することができます。したがって、すべての字幕に特定のプリセットを設定することは、大きな効率アップをもたらします。

しかし、プリセットが与えられない要素もあります。タイトル画面やネームストラップのグラフィックなどは、テキストの配置や背景のモーショングラフィックス要素などが、あるアスペクト比でしか適切に機能しないことが多いため、通常、再利用に手間がかかります。そこで、同じモーショングラフィックス・アーティストが、各配信仕様に適したレイアウトを同時に作成することができれば、効率的です。そうすれば、編集者は、オリジナルマスターから合成することなく、すぐにレイアウトを作成することができます。

スペック精度の高いプリセットでトランスコードを高速化

1つのソースプロジェクトから複数の成果物を実際に作成する最終段階は、使用するエンコーディングソフトウェアの仕様に合わせたトランスコードプリセットを活用することで効率化することができます。

このプリセットを一度正しく設定し、チーム全員に配布することで、チームメンバーが仕様を調べたり確認したりするのに費やす時間と労力を節約することができます。また、意図しないエラーが発生する可能性が低くなるため、より正確なエンコーディングが可能になります。

効率的なワークフローを実現するビジネスケース

同じソースコンテンツをマルチチャネル配信用に再利用する企業のビデオ制作チームにとって、最も効率的な方法で作業することは、大きなビジネス利益をもたらします。

優れた外観のプロジェクトをすべての動画プラットフォームに一度にすばやく配信できることは、到達可能な視聴者数を大幅に増やすことによって、プロジェクトの潜在的な影響力を高めるだけでなく、市場投入までの時間を短縮することも可能にします。チームは、競合他社を出し抜いたり、重要なニュースサイクルに迅速に対応するためのスピードを得ることができます。

それだけでなく、共有ストレージや高解像度での撮影に投資することで、最終的な画質を顕著に向上させ、チーム全体のコラボレーション能力をより効果的かつ効率的に向上させることができるのです。

ワークフローの効率化は、それだけで大きなメリットです。マルチチャンネル・ビデオ配信の場合、その効果は複合的で、企業はビデオ・コンテンツでより多くのことができるようになります。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み