ニュースルームは
クラウドから何を得られるか?

Avid

2022年03月14日
ニュースルームはクラウドから何を得られるか?

今日のニュースルームは、かつてないほどの難題に直面しています。ニュースルームのワークフローは常に流動的で、新しく登場したテクノロジーやストーリーテリングの手法に適応しようと競い合っていますが、COVID-19の大流行は、進化の一面を予想外の方向に進めました。社会的距離を置くという義務に直面し、多くのニュースルームはスタッフに自宅で仕事をするように指示しました。

リモートワークが突然強調されたことで、ニュースルームはどこからでも制作を行えるようにする必要性にスポットライトを当てることになりました。ニュースルームがモバイルデバイス、ニュースアプリ、ビデオストリーミングプラットフォーム、仮想プライベートネットワーク(VPN)などの技術を活用し始めると、地理的な制約がなくなり、チャンスが生まれました。そして、このシフトから、ニュース収集やストーリーテリングから、雇用やスタッフの福利厚生に至るまで、あらゆる面で予期せぬ利益が生まれ始めました。

しかし、そのメリットは収益に影響するのでしょうか?また、"content from anywhere"のワークフローは、放送をより良いものに変えることができるのでしょうか?

これらの答えは、新しいeBook-How Content from Anywhere Is Changing Broadcastingでご覧いただけます。本書は、分散型プロダクションが現代の放送ニュースに与える影響と、それがもたらす新たな可能性を検証しています。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み