ストーリー重視のワークフローが
ニュース制作の未来を切り拓く

Avid

2022年03月02日
ストーリー重視のワークフローがニュース制作の未来を切り拓く

かつて、ニュース制作は比較的シンプルでした。ワークフローとチームは、目の前のニュース番組に集中し、決められた内容に従って放送を作り上げました。

しかし、ニュースはもはやある特定の時間だけに流れるものではありません。アップロードされ、ダウンロードされ、複数のソーシャルメディアプラットフォームで、複数のアスペクト比で共有されます。チームは制作するコンテンツと同じように広く分散しており、同様にニュースサイクルもローカルや全国放送のニュース番組のリズムに縛られることはないのです。

このような背景から、メディアや放送業界では、ストーリー中心のワークフローが一般的になってきました。このワークフローのアプローチは、分散化した常時稼働のニュース環境に適応するための成長痛によって生じる多くの問題を解決するのに役立ちます。

分散化された常時稼働のニュース環境に対応するために

ニュースルームのワークフローは、様々な要因に影響されながら、常に変化し続けています。

  • 1.ニュースのサイクルは24時間365日です。米国ではCNNなどのケーブルニュースの登場が24時間365日報道の第一波に拍車をかけた。動画配信が可能になれば、ニュースビジネスとコンテンツビジネスが絡み合うのは時間の問題だった。現在、視聴者は特定のニュース番組を待つよりも、ニュースが起きたらすぐにアクセスすることを期待している。
  • 2.報道チームは分散している。これが新しいCOVIDの現実です。パンデミックが長引くにつれ、安全性を確保するために、スタジオでは最も重要な仕事だけが行われるようになります。このようなハイブリッドなニュースルームのワークフローは、効率性、リモートコラボレーション、メディアの移動をできるだけ少なくすることを念頭に置いて構成する必要があります。
  • 3.視聴者は、いつでもどこでもニュースを見たいのかもしれない。「NBC Universalの副社長である Matt Goldberg氏は、Making the Mediaのポッドキャストで、『視聴者はもはや、5時に座ってニュースを見るだけではありません。彼らはオンデマンドで好きな時にニュースを見ている、彼らは携帯電話でニュースを見ている、彼らはiPadやデスクトップでニュースを見ている、そして、彼らはソーシャルメディアを使って見ている 。』と述べています。

ストーリー中心のアプローチでは、ストーリーを単にアーカイブされる一つのニュース番組の断片としてではなく、それ自体として考えます。

ストーリー重視のワークフローへの取り組み

ストーリー重視のワークフローは、ストーリーファーストの考え方から生まれたものです。この種のワークフローでは、複数の人が単一のインターフェイスを使用して同じアセットにアクセスし、作業することができ、ニュース制作システム内のあらゆる製品をまとめることができます。チームメンバーは、システム内でタスクを受け取り、そのシステム内でタスクを完了し、同じシステムを使って希望の放送またはデジタルプラットフォームにパブリッシュすることができます。

RTÉアイルランドのデジタルネイティブ・コンテンツ・エディターであるPhilip Bromwell氏は、Making the Mediaのポッドキャストで、『オリジナルストーリーを見つけ、それを発信し、視聴者が自分の言葉で評価できるような正しい形で、どこに配信されるかを確認することです。最近では、視聴者が望むときに、どこでもコンテンツを配信することが重要です。同じストーリーを4つか5つの異なるバージョンで配信することになるかもしれません。これは少し手間がかかり、最後にはストーリーに愛想を尽かしてしまうかもしれませんが、残念ながら、ニュースのプロにとっては、これが今日の業界の現実なのです。』と述べています。

ストーリー重視のワークフローを使えば、現場にいるジャーナリストがFacebook Liveで放送したアセットを自動的にTwitterやYouTubeにアップロードして公開することもできます。その後、あるいは同時に、そのアセットは次のニュース番組用に編集されるかもしれません。

ニュースルームにストーリー重視のワークフローを導入する

ほとんどのニュースルームには、すでにデジタルチームがあります。しかし、これらのワークフローを導入するには、放送用に既に制作された1つの作品を再パッケージ化するのではなく、ストーリーを全体的に考える必要があります。

ストーリー中心のワークフローを導入する上で最も重要な要素は、単一のインターフェイスでアセットを共同作業できるようにすることです。これは簡単なことのように聞こえますが、すべてのニュースルーム用メディア管理製品がこれを管理できるわけではありません。

ストーリー重視のニュースルームソリューションは、分散したチームに次のような機能を提供します。

  • メディアデータベースやソーシャルチャンネルからコンテンツを素早く検索。
  • ストーリートピックで課題を把握。
  • リアルタイムでストーリーを更新し、コラボレーションすることができます。
  • 複数のプラットフォームへ同時にコンテンツを自動公開。

適切な技術によって、ニュースルームのチームは、ビジネスと消費者の期待が突然変化した場合でも、その両方に対応できるようになります。おそらく最も重要なことは、このソリューションがチームの投資を将来にわたって保護し、放送業界の技術が進化し続ける中で製品の統合を可能にすることです。

メディアと放送業界は、大きな変化を遂げつつあります。24時間365日体制のニュース環境では、ニュースが流れてから記事が公開されるまでに長いタイムラグがあることは、視聴者にとって最善の利益とは言えません。分散したニュースチームは、コンテンツに飢えた視聴者を抱えています。彼らは、適切なプラットフォームに即座にストーリーをプッシュする能力を必要としており、ストーリー中心のワークフローは、まさにそれを可能にします。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み