メディア業界はなぜ
サブスクリプション・モデルに移行しているのか?

Avid

2022年02月28日
メディア業界はなぜサブスクリプション・モデルに移行しているのか?

テレビの技術設計からアプリを使ったコンテンツサービスまで、コンシューマー市場とプロフェッショナル市場という表裏一体のメディアテクノロジーを強力に結びつける共生が長く続いてきたのです。そして今、この流動的な研究開発の歴史に、サブスクリプションモデルの台頭という新たな1ページが刻まれた。

サブスクリプションが最初に台頭したのは、消費者向け領域でした。1990 年代以降、出版社は、12 か月または 24 か月の「保証付き」購読によって、店頭での販売を強化しました。現在では、購読ベースのストリーミングは独自のサクセスストーリーであり、その成功は、テクノロジーベンダーがメディア業界向けのソリューションに適用しようとしているものです。

サブスクリプション型ストリーミングの台頭

2023年、Netflixが月額課金制というコンセプトでデビューしてから25年が経ちます。Leichtman Research GroupとStatistaの調査によると、2017年には、米国のNetflix加入者数が大手ケーブル会社6社の加入者総数を上回ったとのことで、この分野は間違いなく定額制テレビの先駆者であった。

光ファイバーインフラなどの高速な専用ネットワークや新しい地域の開拓もあり、帯域幅が向上しているため、定額制のストリーミングは拡大を続けています。もちろん、パンデミックの影響で家にこもりきりになっていることもあり、この傾向はさらに加速しています。さらに、一般的に見れば、市場はまだ比較的初期段階にあるにもかかわらず、これまでのところ、一部で予測されていたような業界再編はほとんど見られません。

しかし、すでに明らかになりつつあるのは、多くのサービスから選択できるようになったことで、加入者の要求がますます高まり、ロイヤリティが低下する可能性があるということです。これは、ほとんどの消費者が一度に2つか3つ以上のストリーミングサービスを利用することはないだろうという一般的な理解が広まるにつれ、特に顕著になってきています。

サブスクリプション・マネジメントのリーディングカンパニーである Zuora のJohn Phillips氏は、WARC の最近の記事で、この次の大きな段階についてこう概説しています。『当然のことながら、その中心はデータの活用にあります。次の課題は、加入者獲得から加入者維持へのピボットである。サブスクリプション・ビジネス・モデルでは、企業はより多くのレバーを自由に使えるようになり、豊富な顧客データを活用して、バンドルなどのクリエイティブな価格設定やポジショニング戦略を考案し、顧客に合わせたコンテンツ提供で魅了する必要があります。』

要するに、より大きな柔軟性と効果を長期にわたって提供することが重要であり、状況を注意深く見守ってきた人々にとって、同じ見通しがメディア業界向けのテクノロジーにも現れているのである。

メディア業界におけるサブスクリプション・イノベーション

最近まで、メディアテクノロジー分野は、ハードウェアの販売に専念することで大きく発展してきました。デジタル化が進み、メディアソフトウェアがより複雑になるにつれ、ソフトウェアがより大きな影響力を持つようになるのは必然的なことでした。ここ数年で、多くのソフトウェア集約的なワークフローを実現するために、汎用的な、あるいは「既製」のハードウェアが活躍する舞台が整ったのです。つまり、箱売りが業界を動かしていた時代は終わりを告げようとしているのです。

今、私たちは、ジグソーパズルの次のいくつかのピースがうまくはまるのを見ることができます。メディア業界では、より多くの活動がクラウドやハイブリッドモデルに移行しており、顧客は新しい特徴や機能の恩恵をこれまで以上に受けやすくなっています。一方、クラウドはその性質上、完全に拡張可能な存在であり、人々は必要なものだけを利用し、重要なことは、それに応じた課金を受けることができるということです。サブスクリプション・ベースのモデルに適した技術トレンドがあるとすれば、それはまさにこれです。

AvidのCEOであるJeff Rosica氏は、TVBEuropeとの最近のインタビューで、より多くの顧客をサブスクリプションの方向に導くことができる戦略的思考の1つの道筋について説明しました。『テクノロジーをより戦略的に活用する方法について、実に慎重に考える人が増えている。その結果、人々はサブスクリプションがどのように自分たちが行っていることをより柔軟にするのに役立つかについて、より多くのことを考えるようになったと思います。クラウドやSaaSの導入にも目を向けていると思います。明らかに、将来の働き方に関するコンセプト全体が変化しています。』

会社としても業績的にもサブスクリプションへの移行を理解している、というRosica氏の主張を裏付けるように、Avidは今年、サブスクリプションに関する一連の大きな動きを行っています。例えば、2021年3月、同社はAvid|Edit On Demandの発売を発表しました。これにより、ポストプロダクション・チームは、Avid NEXISクラウド・ワークスペースを備えた仮想化Media Composerシステムを数時間(数日ではなく)でスピンアップし、どこからでもワークフローにアクセスして、プロジェクト完了後は迅速にシャットダウンできるようになりました。Avidのお客様は、オンライン・アカウントにログオンするだけで、ニーズに合ったAvid | Edit On Demandサブスクリプションを設定することができます。

また、スウェーデン最大の放送局であるSveriges Television(SVT)は、8月にMediaCentralサブスクリプションに移行し、Avidテクノロジーへの投資拡大を明らかにするなど、サブスクリプション・モデルへの一斉移行を表明する組織も増えています。このような動きは、企業が従来の資本支出アプローチよりもコスト効率の高い運用支出戦略を実施しようとする中で、より広く再現されるものと思われます。

また、サブスクリプション・ベース・モデルが新たな機能領域を開拓する兆しもあります。最近の世界的な出来事を受け、災害復旧や事業継続に対する懸念が高まる中、2021年10月に「MediaCentral|Sync」の提供が開始されました。この安全なバックアップソリューションは、テレビの報道機関やその他の制作環境を、予期せぬストレージやデータベースの損失から保護するもので、そう、サブスクリプションで利用できるのです。

サブスクリプション型サービスの3大原則

総じて言えば、イノベーションの方向性は圧倒的に明確である。まだサブスクリプションサービスを開始していないメディア企業は、近い将来、必ずやサブスクリプションサービスを開始することになるでしょう。その際、次の3つの原則が必要になるだろう。

  • 1.予測可能性:顧客は、前もってコストを把握したいものです。たとえニーズが変化しても、後で不愉快な驚きがあってはならない。コストは透明性が高く、あいまいな部分を隠さず提示されるべきです。また、計画された変更がユーザーに影響を与える場合は、それが有効になる前に明確に説明されなければなりません。
  • 2.柔軟性:お客様のニーズが変化した場合、その変化には拡張や縮小も含まれますが、それが障壁となり、時間のかかる作業とならないようにする必要があります。
  • 3.常に最新の情報を提供すること:サブスクリプション型サービスの最大のメリットは、特にクラウド時代の到来に伴い、新しい機能や特徴にすぐにアクセスできることでなければならない。可能な限り、遅延や段階的な利用ができないようにしなければならない。

つまり、ベンダーは今後数年間、常にトップレベルのサービスを提供する必要があるのです。しかし、お客様にとっては、メディアプロダクションの新しい実りある時代の始まりに過ぎないのです。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み