高速かつ安全なクラウド編集で、
どこからでも編集する方法

Avid

2022年02月28日
高速かつ安全なクラウド編集で、どこからでも編集する方法

リモートワークが普及して2年目が終わろうとしている今、「どこからでも編集できる」ソリューションは、もはや流行りの応急処置とは言えないほど強固なものとなってきています。Avidシニア・ソリューション・スペシャリストのKent Petersen氏は、先日ウェビナーで Avid|Edit On Demand の詳細(導入時期、プリプロダクション・ベースの使用方法の最適化、SaaS型ソリューションによるニーズの変化の激しいクライアントへの対応)を説明しました。

Avid|Edit On Demand は、完全な編集スイート体験をリモートで提供するために連携して動作する製品群です。ユーザーは自宅のPCまたはMac上の仮想マシン(VM)にログインし、Avid NEXISに保存され、FileCatalystを介してローカルにアップロードまたはダウンロードしたメディアを、Media Composerで編集することができます。また、VMではAdobe After EffectsやBoris FXなどのサードパーティ製アプリケーションを実行することができます。

Avid|Edit On Demand が自社に適しているかどうかを判断する際には、パフォーマンス、柔軟性、セキュリティという3つの主要な要素を考慮する必要があります。

1. パフォーマンス

仮想マシンの使用は、数年前まではかなり評判が悪かった。一般的に、ユーザーは仮想プライベートネットワーク(VPN)を介して接続する必要があり、ソフトウェアは単にグラフィックスやメディアヘビーなアプリケーションを処理することができなかったのです。しかし、TeradiciのPCoIPは、AvidのAvid | Edit On Demandソリューションに採用されているため、状況は一変しました。

Teradiciは、あらゆるPCやMacをVMに接続することを可能にします。Avid | Edit On Demandの場合、これらのマシンは112GiBのメモリを搭載し、ハイパースレッディング付きの6コアまたは12コアのプロセッサを使用しています。

Teradiciはメディアとグラフィックスを扱うためにゼロから設計されているので、ユーザーが経験する遅延は、ソフトウェアの問題ではなく、ネットワークそのものに起因するものです。Avid | Edit On Demandでの作業はほぼシームレスであるべきなので、顧客がサブスクリプションを設定する際には、サブスクリプションを最も利用する人に最も近いデータセンターを選択する必要があります。Azureのスピードテストを利用すれば、どのネットワークとデータセンターが最も遅延が少ないかを正確に把握することができます。

トロント在住のPetersen氏は、Azureの米国東部ネットワーク上で稼働するAvidデータセンターからVMにログインしたところ、ラグが65ミリ秒以下となり、映像のスクラブや再生がシームレスに行われることを確認しました。

ニュースや映画、テレビのポストプロダクションなど、ペースの速い制作現場では、リアルタイムでのコラボレーションや「オーバー・ザ・ショルダー」(肩越しの)フィードバックが不可欠です。Avid | Edit On DemandにはNDIプラグインがあり、ビデオ会議でのシームレスな再生を可能にし、プロジェクトをより良いものにする重要なリアルタイム・コラボレーションを可能にします。

2. 柔軟性

ポストプロダクションは、ビジネスの流れに応じてスケールアップとスケールダウンを行う必要があります。また、クラウドによるニュース制作を検討している報道機関、特にハイブリッドクラウドのアプローチを検討している報道機関にとって、VMをスピンアップまたはスピンダウンできることは非常に重要です。

Avid | Edit On Demandのサブスクリプションは、「シート」と「ストレージ」を提供します。シートは、1台の仮想マシンで何人のユーザーが作業するかにかかわらず、1週間あたり約40時間使用することができます。しかし、シートとストレージのサブスクリプションは、非常に柔軟性があります。ストレージも同様で、1ヶ月で4TB、4ヶ月で1TBとなります。また、週単位でニーズが変化する人のために、週単位のサブスクリプションも用意されています。これらのサブスクリプションは、お客様が望むときにいつでも凍結、停止、追加することができます。

このシートでは、Avid NEXISに設定されたワークスペースに接続し、Media Composerのフル機能を体験することができます。また、仮想マシンはユーザーの好みを記憶するため、デスクトップにフォルダを表示したいエディターがいれば、そのユーザーがいる限り、デスクトップにフォルダを表示し、最高の仕事をするために必要な作業環境を提供することができます。

とはいえ、編集作業に携わるすべての人に席が必要なわけではありません。Petersen氏によると、ロギングやトランスコードといった典型的なアシスタントエディターの仕事には、ここまでの機能は必要ないそうです。ですから、重い編集作業をする人のために、シート・クレジットを取っておくといいでしょう。

Petersen氏は、異なるワークスペースへのユーザーの追加と削除が簡単にできることを実演してくれました。

新規ユーザーの作成は数秒で完了しますが、サブスクリプションの開始は厳密な意味で即時ではありません。Avidがサブスクリプションのバックエンド作業を完了するのに約2時間かかります。しかし、企業は本稼働日をかなり前に設定することができます。1月3日から始まる新しいプロジェクトで4台のVMを立ち上げる必要があることが分かっていれば、契約後すぐに設定することができます。

Avidのハイブリッド・クラウド・アプリケーションであるEdit On Demandは、クラウド・ニュース制作に着手している報道機関にとって特に興味深いもので、オンプレミスで作業した後、自宅でアクセスしたり、別の大陸で作業するユーザーに引き渡したりすることができます。

3. セキュリティ

仮想マシンは1990年代から存在していた。しかし、セキュリティ上の懸念から、ほとんどの制作現場では、リモートユーザーはVPN経由でログインし、企業が設定するファイアウォールの内側に入れるようになっています。

Avid | Edit On Demandでは、ユーザーが特定の仮想マシンにログインするため、VPNは必要ありません。また、ユーザーが利用できる仮想マシンの数を制限したり、ゼロ・トラスト・アプローチなどにより、必要なときにマシンやワークスペースへのアクセスを遮断することも可能です。

どこからでも編集できる能力を与えてくれる技術が、ようやく需要に追いついたのです。パフォーマンスの問題はほぼ解決され、ソリューションは信じられないほどの柔軟性を提供し、Avid|Edit On Demandは安全な環境を提供することができます。

AdobeおよびAfter Effectsは、米国およびその他の国におけるAdobeの登録商標または商標です。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み