30.2022 PRONEWS LSM-VIA 1.4

EVS

2022年02月22日
30.2022 PRONEWS LSM-VIA 1.4

新機能

ネットワークによるクリップ編集

最新のLSM-VIA 1.4では、多くのレガシー機能が追加されました。その一つが「Clip Edit by Network」機能です。このパラメータを使用すると、ネットワークサーバー上のクリップを編集することができます。IN および OUT ポイントの編集、メタデータの編集、名前またはプリ カムの編集が可能です。また、Clip Edit by Networkを有効にすることで、ネットワークサーバーからクリップを移動することもできます。

30.2022 PRONEWS LSM-VIA 1.4

第2レバー範囲、PGM速度、VAR最大値

多くのオペレーターから要望があり、最新のLSM-VIA Version 1.4で追加されました。PGM Speed、Var Max、Second Lever Rangeです。
この3つの機能により、プレイアウト時のLSM-VIAリモートレバーの挙動を微調整することができます。セカンド・レバー・レンジは、プレイリスト編集モードでも使用でき、100%を超えるスピードを編集することができます。3つのモードは相互に排他的であり、同時に使用することはできません。

30.2022 PRONEWS LSM-VIA 1.4

LOOP PLAYOUT

もう一つ、皆さんの関心が高かった「ループ機能」です。
クリップを連続ループさせるために、プレイリストに何度もクリップを配置するなどの工夫はもう必要ありません。ボタンひとつでループ機能を有効にすれば、クリップやプレイリストが連続ループで再生されます。

30.2022 PRONEWS LSM-VIA 1.4

ネットワークキーワードファイル

LSM-VIAの登場により、キーワードの扱いに新しいアプローチが導入されました。キーワードファイルは、もはやサーバー上でホストされるのではなく、LSM-VIAワークステーション上で直接ホストされます。
最新の1.4リリースでは、ネットワーク経由で1つのキーワードファイルにアクセスすることができるようになりました。すべてのXClient-VIAで同じキーワードファイルをアップロードする必要はありません。キーワード・ファイルの更新と同様に、ネットワーク・ファイルを適合させるだけで、すべてのXClient-VIAは自動的に更新されたキーワード・ファイルにアクセスできるようになります。

30.2022 PRONEWS LSM-VIA 1.4

操作性の改善

LSM-VIA 1.4の新リリースでは、お客様のオペレーションをさらにスピードアップし、生産性を高めるための小さな改良がたくさん施されています。

プレイリスト再生モードでの編集キー

プレイリスト再生モードにEditキーを追加し、ワンタッチでプレイリスト編集モードに移行できるようになりました。プレイリストを読み込む前にPLSTキーを1回だけ押すか、プレイリスト再生中にジョグホイールをタッチすれば、プレイリスト編集モードに入ることができます。

LSM-VIA VIEWERトグルフォーカス

LSM-VIA ViewerアプリケーションでF10キーを押すと、右側にプレイリストパネルが表示されます。以前のバージョンでは、フォーカスバーがプレイリストパネルの方に移動していました。これからは、クリップグリッドにフォーカスを置いたまま、作業を続け、必要なクリップを素早く選択することができます。フォーカスを切り替える必要がある場合は、キーボードの「CTRL + TAB」ショートカットでプレイリストパネルとクリップパネルを切り替えることができます。

LSM-VIAリモートの新しいショートカット

LSM-VIAのオペレータは、リモコンにあるプログラム可能なショートカットボタンを好んで使用しています。そこで、この最新リリースでは、これらのボタンの可能性を広げ、新しいショートカットを利用できるようにしました。今回追加されたのは以下の通りです。ファスト・ジョグ、キャラクターON/OFF、トレイン、ローカルに戻る、PGMスピード、Varマックス、セカンド・レバー・レンジ、ループを追加できます。

Lsm-Viaビューアからのレキュームショートカット

VGAをよく使うオペレーターなら、「ALT + R」のショートカットでVGAからクリップを再取得できることをご存知でしょう。このショートカットはLSM-VIA Viewerアプリケーションでも利用できるようになり、オペレーターはショートカット "ALT + P" で再生後のクリップをRecueすることができるようになりました。

LSM-VIA Viewerからの"ホーム"ショートカットの改善

以前のバージョンでは、キーボードの「ホーム」ショートカットボタンを押すと、1ページ目のバンク1に戻っていました。本リリースでは、「ホーム」ボタンを使用すると、元いたページの対応するバンク1に戻されます。

コール・バイ・IDの改善

LSM-VIA ViewerのCall by ID機能では、名前フィールドに対応するLSM-IDを入力し、キーボードのショートカットキー「F3」を押すと、最小のPGM出力にあるクリップ、プレイリスト、レコードトレインを呼び出すことができます。
このバージョンでは、呼び出しに成功すると名前フィールドは自動的にクリアされますが、存在しないLSM IDを呼び出した場合、名前フィールドのテキストはそのまま残ります。

LSM-VIAタッチスクリーンでのコンテンツフィードバック

今後、LSM-VIAのタッチスクリーンで、制御された最小の番組にロードされたメディアに関するフィードバックを得ることができます。ライブ画面とクリップ画面の両方で、タッチスクリーンの上部に、LSM-VIAリモートで制御されている最小の制御番組と、対応するメディア(クリップまたはレコードトレイン)が出力にロードされていることを確認することができます。

EVSは、フリーランスや社内クルー向けに、世界各地で様々なトレーニングの機会を提供しています。コースの説明や予約の詳細など、必要な情報はすべてEVSウェブサイトのトレーニングページでご覧いただけます。
このページでは、ビデオやチュートリアルなど、EVSの製品やソリューションに関する知識を深め、スキルを向上させるのに役立つ無料の教材が掲載されているeラーニングリポジトリにもアクセスできます。
マニュアル、ガイド、アップデートの全範囲は、新しいEVSウェブサイトのダウンロードエリアから入手できます。まだEVSにログインしていない場合は、EVSの個人アカウントを作成するようご案内いたします。これにより、必要な情報を無料でダウンロードすることができます。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み
//jquery.matchHeight.js $(function(){ $('.topics20220222_evs_box .col-sm-4').matchHeight(); $('.topics20220222_evs_box .col-sm-4 h4.h-type2').matchHeight(); $('.topics20220222_evs_box .col-sm-4 p').matchHeight(); });