インハウスビデオ制作チームが
ハリウッドから学ぶべきこと

Avid

2022年01月24日
インハウスビデオ制作チームがハリウッドから学ぶべきこと

ハリウッドの映画制作チームは、何十年も前からメディアストレージのソリューションを利用して映画を制作しています。では、社内のビデオ制作チームは、映画やテレビのポストプロダクション・アーティストが信頼するツールを活用して、どのように自社のビデオコンテンツ制作に役立てることができるでしょうか。

予算が1千万ドルでも1万ドルでも、すべてのビデオ制作チームがワークフローを合理化するために学べる共通項がいくつかあり、その過程で時間とお金の両方を節約することができます。

ここでは、大手映画会社やテレビ局の制作現場から得た、映像制作チームが適切なメディアインフラを構築するために役立つ3つの重要な教訓を紹介します。

メディアストレージの一元化と共有化で差別化

英国ブライトンにあるEdit post houseは、Saving Lives at Sea、The Repair Shop、Unforgottenなどの大型テレビシリーズのポストプロダクションを担当しています。マネージング・ディレクターのDave Austin氏は、ProVideoCoalitionの記事で、同社の初期の成長期の苦悩を語っています。

Austin 氏は、共有の階層型メディア ストレージ システムに解決策を見出しました。このシステムにより、社内チームはメディア ファイルのコピー、転送、発送にかかる膨大な時間を短縮できるようになりました。また、誰もが同じメディアに同時に直接アクセスできるようになったため、チームはより効率的にコラボレーションできるようになりました。

共有メディアストレージの導入は、確実なリターンを得るための投資です。なぜなら、これらのソリューションはワークフローに多くの効率化をもたらすからです。

  • Avid NEXISなどのソリューションにすべてのメディアを正しく設定することで、ドライブの故障によるメディアの損失から適切に保護することができ、再撮影のための時間、参加者へのアクセス、予算がないような状況では不可欠です。
  • メディア資産を容易に追跡し、見つけることができます。これは、チームがより多くのビデオを制作し、アセットライブラリが拡張されたときに、編集の時間を大幅に節約することができます。
  • 一元化された共有ストレージにより、チームのすべてのメンバーが、カルストレージ経由ではなく、同じドライブで同じメディアを参照することができます。従来のオフライン/オンラインのワークフローで作業している場合、このようなシームレスなコラボレーションによって時間と労力を節約することができます。

Netflixの代表的な10部作ドキュメンタリーシリーズ「The Last Dance」の編集者の一人であるBen Sozanski氏がArt of The Cutのインタビューで語っているように、他の編集・資産管理ソリューションとシームレスに統合できる共有システム上でメディアに直接アクセスできることは、このクラスの番組の編集に欠かせません。同様に、企業の映像制作チームも、同じように統合されたソリューションを活用することで、ワークフローを合理化し、より質の高いコンテンツを制作することができます。

メディアセントリック・ストレージが変えるワークフローの可能性

メディアセントリック・ストレージを活用するメリットの1つは、ITセントリック・ストレージに比べて性能が向上しているため、ワークフローの可能性が広がることです。Impossible - FalloutのエディターであるEddie Hamilton氏は、その詳細を次のように述べています。

Hamilton氏は、彼のポストプロダクションチームが、その日の早い時間に通常の低解像度DNxHD35(1080p)ファイルで作業を開始し、その後、タイムライン全体をDNxHR LBファイルにアップグレードする際、簡単な再リンクで、昼食時にわずか数分のダウンタイムで済んだことを説明しています。

大容量のメディアデータを保存し、参照できること、そして編集チーム全体に同時に対応できるスループットを確保できることで、はるかに効率的でコラボレーティブなワークフローを実現することができるのです。さらに、メディア専用ストレージソリューションの高い性能により、映像制作チームはプロキシワークフローで作業する必要さえなく、ポストプロダクション工程全体を通じて「オンライン」品質で編集・配信することが可能になる場合があります。

また、真のメディアストレージソリューションでは、ポストプロダクションチームが必要に応じてシステムの容量を拡張することができます。例えば、Peppermintの編集者であるFredrick ThoravalがSteve Hullfishとのインタビューで語っているように、より高品質のプロキシコーデックで作業して上映を効率化したり、臨時のVFXやカラーコレクションを精査に耐えうるようにするなど、クリエイティブな制約を取り除く柔軟性を提供することができるのです。

リモートメディアストレージにより、制作ワークフローの柔軟性を確保

社内の映像制作チームにとって重要なことは、パンデミックなどの破壊的なシナリオの場合に事業継続性を確保することと、社内の人材により柔軟な労働条件を取り入れる機会をつかむことです。

重要なメディアにどこからでも安全にアクセスできることは、ワークフローを将来にわたって維持するだけでなく、現在のワークフローを実行可能にするために不可欠です。このリモートアクセスのワークフローは、エミー賞にノミネートされた「Framing Britney Spears」の編集チームが、このシリーズの編集中に取り入れたものです。このようなワークフローは、小規模なローカルストレージを同期させるよりも効率的で、まるで社内にいるかのように、複数のエディターが瞬時にコラボレーションを行うことができます。

また、リモートワークフローの存在により、地理的な要因も少なくなっています。メディアへのリモートアクセスにより、ビデオ制作チームはより多くの人材から情報を得ることができ、大量のメディアをアップロードしたりダウンロードしたりする時間やコストをかけずに、複数のグローバルな地域で効率的に作業を行うことができます。これは、世界中から調達したタイムクリティカルなコンテンツを配信するチームにとって、大きな後押しとなります。

結局のところ、映画やテレビのポストプロダクションチームが長年頼りにしてきたコスト効率の良いメディアストレージソリューションは、社内のビデオ制作チームがコラボレーションを強化し、ワークフローの効率を発見し、クライアントに最高のクリエイティブアウトプットを提供するのに役立つ可能性があるのです。

クリエイティブ・チームのためのストレージ・ソリューションを検討する際、
どのようなことを考慮すべきでしょうか。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み