放送制作におけるオンプレミスと
クラウドのワークフローの融合

Avid

2021年10月12日
放送制作におけるオンプレミスとクラウドのワークフローの融合

クラウドベースの放送への道のりをマラソンとすると、COVID-19のパンデミックは、多くのランナーがウォーミングアップをしている最中にスタートの合図を鳴らしたようなものだ。在宅勤務を命じられた放送局は、一夜にしてリモートワークフローの構築を余儀なくされた。クラウド技術をいち早く採用した放送局は先行していたが、ほとんどの報道機関はスタートラインに引きずり込まれてしまったのである。

多くの放送局は、オンプレミス、リモートアクセス、クラウドの3つのワークフローを組み合わせることで成功を収めています。クラウドベースのプロダクションに完全に移行する準備ができていなかったとしても、パンデミックをきっかけに、コンテンツやコラボレーションワークフローへの場所を問わないアクセス、変化するニーズに対応した迅速なプロビジョニング、事業継続性を確保するための堅牢なデータのディザスタリカバリなど、クラウドの利点の多くに気づくことができました。しかし、放送局の制作現場では、当面はスタジオのインフラが必要であり、ほとんどの企業は、これまでに行ったオンプレミスへの投資を手放すことができません。

放送局は、当面の技術的なハードルをクリアし、分散したチームのためにリモートアクセスを可能にするというビジョンを持つことで、クラウドという技術的な構造をより深く理解した上で、より慎重にクラウドへの移行を計画することができます。

ただ持ち上げる、移すだけではありません。

Digital Production Partnership (DPP) の最新レポートによると、クラウドは場所というよりも哲学のようなものです。クラウドへの移行、あるいはハイブリッドモデルへの移行は、単にオンプレミスのシステム全体をオンラインに複製することを意味するものではありません。それには、既存のワークフローを再構築し、再設計することが必要です。

Avidの戦略的ソリューション・ディレクターであるPaul Thompson氏は、『現在のオンプレミス・インフラストラクチャをクラウド上で動作するように変更することができます。』と指摘します。『可能な限り最高の状態で動作するでしょうか?おそらく、そうはならないでしょう。オンプレミスで運用するよりも安くなるでしょうか?絶対に無理です。』

クラウドへの移行は、放送プロダクションの運営方法を大きく変えます。クラウドのワークフローを構築して運用するだけでなく、さまざまな財務モデルを統合し、継続的な変化に対応できる俊敏な人材を育成する必要があります。クラウドへの移行には、全社的な戦略の策定、テストと実験、最初の本格的なワークフローの導入、さらに構築するための反復と改善など、いくつかの重要なステップがあります。

クラウド導入戦略の策定

クラウド戦略を成功させるためには、放送局のエンジニアやIT部門だけでなく、組織全体の意見を取り入れる必要があります。

例えば、クラウドベースの環境と、映像のインジェスト、ストレージ、処理、プレイアウトに使用するオンプレミスのインフラを組み合わせた場合、使用するクラウドサービスやストレージの予算を確保しなければなりません。これは財務部門にとって大きな変化です。財務部門は業務部門と密接に連携してこのような支出を把握し、サードパーティのソフトウェアベンダーと協力して、変動する使用データやコストを管理・追跡するためのデジタルダッシュボードを開発する必要があります。

ワークフローの再設計には、オペレーションチームや編集スタッフの意見も欠かせません。まず、何を改善する必要があるのかを判断し、クラウドがどのような利点をもたらすのかを明らかにします。例えば、COVID-19のパンデミックでは、多くのチームが、新鮮なコンテンツを保存して素早くアクセスしたり、分散したチーム間でコラボレーションを行ったりするなど、ファイルベースのワークフローにとってクラウドが理想的な場所であることに気づきました。

クラウド戦略は、企業の各部門のニーズや目標に合わせて行う必要があります。完全にクラウド化することが成功の秘訣かもしれませんが、徐々に進めていくことをお勧めします。

クラウドへの移行、1つのワークフローから始めよう

クラウドを使い始めるための最良の方法は、実験することです。大規模な移行を計画するのではなく、小さく始めて一歩一歩進めていきましょう。

Thompson氏は、コスト効率と柔軟性を最大限に高めるために、クラウドへの移行を「ビルディングブロック」方式で行うことを推奨しています。Thompson氏はお客様と協力して、何をオンプレミスに残しておくべきか、何を最初にクラウドに移行すべきか、どのワークフローがハイブリッドアプローチに最も適しているかを決定します。

ローカルでのインジェストやプレイアウト、クラウドの障害に備えたローカルでの編集に必要なワークフローは、当面はオンプレミスに置いておくのがよいでしょう。クラウド導入の初期段階では、ディザスタリカバリやデジタルアーカイブなどの自己完結型のユースケースを検討し、クラウドの機能をテストするのに適しています。

一方、ニュース速報のライブ映像は、非常に複雑です。あるフィードはIPTVストリームを介してクラウドから発信され、別のフィードは衛星のようなレガシーインフラから発信されます。エンコードや配信には、それぞれ異なる技術が必要です。このようなワークフローは、短期的にはハイブリッドなアプローチが適しているかもしれません。ストリーミングはクラウドに直接インジェストし、衛星はオンプレミスにインジェストして、システム間で同期を取るという方法です。

クラウドへの移行には、可能な限りエンドツーエンドのワークフローを選択してください。コンテンツをクラウドに出し入れするには、時間とコストがかかります。例えば、ビデオのインジェスト、編集、処理にはクラウドを使用し、プレイアウト可能なファイルはオンプレムのリニアインフラに配信するなど、機能ブロックで考えます。

最も重要なことは、クラウドへの移行は継続的かつ進化し続けるものであり、決して「完了」することはないということです。小さく始めることで、企業は迅速にピボットを行い、得られた教訓を将来のイタレーションに反映させることができ、コストのかかるミスステップを回避することができます。

現在の状況にかかわらず、クラウド・ワークフローへのマラソン的な移行は進行中です。視聴者や広告主を維持するための継続的な競争の中で、スマートなクラウドテクノロジーを導入するための慎重なアプローチは、ワークフローの効率性、規模、回復力を生み出し、放送局が取り残されるのを防ぎます。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み