Haivision社、防衛・政府機関での豊富な経験を持つ取締役を取締役会に迎える

Haivision

2021年08月03日
Haivision社、防衛・政府機関での豊富な経験を持つ取締役を取締役会に迎える

カナダ・モントリオール - 2021年8月3日 - Haivision Systems Inc. ("Haivision") (TSX: HAI)は、ミッションクリティカルなリアルタイムIPビデオソリューションの世界的なリーディングプロバイダーであり、Lee K. Levy II, USAF (Ret)少将がHaivisionの取締役に任命されたことを発表しました。

Levy少将は、米国空軍での最後の任務として、オクラホマシティのティンカー空軍基地に本部を置く空軍兵器司令部の空軍維持センター (AFSC) の司令官を務めました。空軍、他の米軍、同盟国の航空機、宇宙、サイバーシステムの世界的なロジスティクス、サプライチェーン、サステインメント、メンテナンス、モディフィケーション、リペア、オーバーホール (MMRO) を担当する空軍の組織のCEOを務め、空軍のサプライチェーン、アジャイルソフトウェアの開発、空軍・宇宙軍・サイバー兵器システムの維持管理、さらには米国核抑止力の維持管理についても指示し、世界的な責任を負っていました。

ルイジアナ州ニューオリンズ出身のLevy少将の軍歴は、1985年にルイジアナ州立大学で経営学の理学士号を取得したことに始まります。また、南カリフォルニア大学でシステムマネジメントのグラデュエートサーティフィケートを、トロイ州立大学で国際関係学の理学修士を取得しています。さらに、海軍兵学校で国家安全保障と戦略研究の修士号を取得しています。また、ハーバード大学のジョン・F・ケネディ行政大学院のシニア・エグゼクティブ・フェロー・プログラムやSenior Executives in National and International Securityプログラムを修了するなど、さまざまな教育を受けています。

Levy少将は、NASA長官によって任命されるNASA諮問委員会 (NAC) の特別メンバーでもあります。NACは、米国の宇宙計画に関するプログラムや政策について、NASA長官に助言を行う外部の上級諮問機関です。

『Levy少将をHaivision社の取締役に迎えることができ、大変うれしく思います。』と、Haivision社の社長兼CEO兼取締役会長のMirko Wicha氏は述べています。Levy少将は、防衛、軍事、政府機関での豊富な経験を生かし、この重要な分野でのHaivision社の成長と拡大を促進します。『Levy少将の専門知識とユニークなスキルは、当社の成長戦略の遂行に大きな助けとなり、政府関連事業をグローバルに拡大していくことにつながります。』

Levy少将は、『取締役会に参加できることを光栄に思うとともに、政府および国家安全保障市場において、クラス最高のビデオストリーミングおよびネットワークソリューションを拡大し続けるHaivisionチームと協力できることを楽しみにしています。』と述べています。Levy少将は、今年初めにグレン・E・デュバルが退任したことで生じた取締役会の空席を埋めることになります。取締役会は、デュバル氏の10年以上にわたるHaivisionへの貢献に感謝しています。取締役会は7名の取締役で構成されています。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み