Making the Media S1E11:ワークフロー

Avid

2021年05月31日
Making the Media S1E11:ワークフロー

トップダウンの技術決定は、技術リーダーに人気賞を与えることはありませんが、最も重要なことは、適切に説明されなかった重要なニーズを見逃してしまうリスクがあるということです。

このエピソードでは、進化するニュースワークフローを真に反映した技術決定を行うための、より良いプロセスは何かを問いかけます。テクノロジーの民主化によって、エンドユーザーの声はどのように反映されるのか?また、ユーザーファーストの技術スタックを構築するにはどうすればよいのでしょうか?

Listen to Hear:

  • テクノロジーに関する意思決定において、エンドユーザーがより大きな席に座るべき理由
  • 消費者向けテクノロジーが、仕事で使うテクノロジーに対するユーザーの期待をどのように変えたか
  • テクノロジーの要件を、より広範なワークフローの議論の外で定義することが、誤った方向への一歩となる理由

今回のゲスト

モーテン・ブランドストラップは、デンマークのTV2でニューステクノロジー部門の責任者を務めており、記者やカメラマンに適切なツールボックスを提供することを中心に、ニュース制作とテクノロジーの橋渡しをしています。彼は、ニュース、イベント、スポーツの制作に携わり、サウンドエンジニア、カメラマン、ディレクター、編集者、衛星オペレーター、フィールドプロデューサーなどを歴任してきました。

『基本的には、常にユーザーが選択しなければなりません。いろいろな意見があってもいいと思います。しかし結局のところ、もしそれが合わなかったり、使えなかったり、理解できなかったりしたら、ニュースルームの人々は他の方法を見つけるでしょう。』

モルテン・ブランドストラップ(tv2ニューステクノロジー部門責任者)

Episode Transcript

Craig Wilson: こんにちは、「メイキング・ザ・メディア」ポッドキャストにようこそ。お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
今回はニュースのワークフローについてお話します。ワークフローとは何でしょうか?仕事の進め方のことです。もしそれが少し異質な概念に聞こえるとしたら、それはあなたのニュースルームで十分に検討されていないからかもしれません。
技術チームが出向いて、たくさんの要求を出しますよね。彼らは今あるものを見ます。今、市場に出回っているものを見る。そして、彼らは選択しますよね?大量のストレージ、大量の編集クライアント、ちょっとしたアセットマネジメント、ニュースルームシステム、全体を機能させるための他のシステムとの統合、そしてユーザーは、我々が選んだものを使って仕事をしてください。
しかし、そんな時代は変わりつつあるのかもしれません。デンマークの国営放送であるTV2は、ワークフローとユーザーの声を意思決定の中心に据えるアプローチを採用しています。
今回のポッドキャストには、TV2のニューステクノロジー部門の責任者であるMorten Brandstrup氏が参加してくれました。まずは、このようなアプローチを採用した背景を聞いてみました。

Morten Brandstrup: 私たちは、過去にニュースチャンネルを立ち上げたときの経験から、1日に1~2~3本のゴールデンタイムの番組を持ち、基本的には朝にゼロから始めて、日中にニュースを蓄積し、それを発表するという、ニュースオペレーション全体の変更を行っていました。それは、基本的には印刷された新聞のようなものです。
ニュースチャンネルを24時間体制で放送するとなると、ワークフローが全く違ってきます。ワークフローが必要なのは、やることを何度も繰り返すからであり、そのためにはより効率的でなければなりません。ゴールデンタイムの番組に費やすリソースに比べて、リソースが足りないかもしれません。
この経験から、本当に効率的なワークフローを開発するとはどういうことかを学びました。また、野心を高く持ちながらも、効率的なワークフローを構築すれば、少ないリソースで達成できることも分かりました。これは当時の私たちにとって大きな学びとなりました。

CW:技術者ではないスタッフがそのような会話に参加することに、どのような反応を示したと思いますか?

MB: 技術者以外のスタッフは、そのような議論に参加することで、より多くのことを提供してくれます。つまり、日々の仕事がどのように行われているか、実際に仕事をしている人以上によく知っている人はいないのです。ですから、ワークフローやツールボックスをサポートする私たちは、議論の最中に彼らを招き入れ、彼らの意見に耳を傾け、彼らがしっかりと発言し、物事の優先順位を決める手助けをしてもらう必要があります。
また、ワークフローや制作プラットフォーム全体の交換を行う際には、ニュースルームでどのように協力し合いたいか、どのように一緒に仕事をしたいかという、基本的に非常にシンプルなストーリーをベースにしました。
今日、ニュースデスクやニュースルームは非常に複雑になっています。なぜなら、さまざまなアウトレットがあるからです。ひとつのデスクからさまざまな情報を発信しているのですから。少なくとも、私たちが選んだもの、集めたものはそうです。つまり、ウェブへの投稿、ニュースチャンネルへの配信、あるいはメインチャンネルで放送されるドキュメンタリーの一部など、さまざまなものがあります。
このような作業を始めてみると、異なるプラットフォームに断片を持ち込むことができるニュースの流れの力を発見し、本当にすべてがワークフローであることに気づくのです。

CW: しかし、個々の機能や性能を重視するのではなく、それをひっくり返して、ここで実際に達成したいことは何なのかを考えるようになるのですか?

MB: そうですね。私たちが使っている番組の多くは、ノンリニア・エディターといっても、ドキュメントに文字を入力するときのように、標準的な方法で行われています。ですから、これらの構成要素は、必ずしも最も重要なものではありません。重要なのは、これらのコンポーネントがどのように連携し、どのようにして所定の出力に必要なワークフローを構築するかということなのです。
今は本当に面白い時代です。というのも、私たちの多くはこれまで、「あの機能を見ろ、すべてが新しくなっている!」と思っていたからです。それは基本的に自動車のモデルです。それは車のモデルと同じで、「これは、これよりも少し優れている」というものでした。しかし今日では、そのような単純なスタンドアローンのものに切り分けることはできません。

CW: スタッフの参加は、試用する場合、技術的な観点、つまり要求を満たしているかどうかだけでなく、ユーザーの観点からも見るようなレベルになっていますか?そして、それらの重み付けはどうなっていますか?ユーザーと技術的なものが半々なのか、それともユーザーと最終的な選択に重きを置いているのでしょうか?

MB: 基本的には、常にユーザーが選択しなければなりません。私たちは、それについて多くの強い意見を持つことができます。また、技術的なノウハウを持っていて、それを強く押し出して定義したいこともあります。しかし結局のところ、もしそれが合わなかったり、使えなかったり、理解できなかったりしたら、ニュースルームの人々は他の方法を見つけるでしょう。

CW: あなたが言ったことに戻りますが、私たちがやりたいことを実現するためにユーザーが独自のワークフローや回避策を開発すると、要するに全体の連鎖が切れてしまうということです。つまり、誰かがプラットフォームの提供の上流で何かをしたとしても、彼らは必ずしもそれを認識していないかもしれませんが、それがさらに下流で起こる他のすべてを壊してしまうのです。

MB: 私たちが何を達成しようとしているのか、その全体像を把握してもらうのは大変なことです。また、それを伝える方法も見つけなければなりません。というのも、Windowsの製品詳細、チラシ、プレゼンテーションなどから得られる情報の多くは、申し訳ありませんが、ニュースルームのスタッフには使えません。なぜなら、詳細な情報が多すぎるし、一つの製品や一つのタスクに集中しすぎているからです。
私たちが苦労しているのは、ワークフローとは何か、ワークフローが私たちの仕事のさまざまなステップにどのような影響を与えるのか、ということを伝える独自の方法を構築することだと思います。これは私たちが取り組むべきことであり、基本的にはWindowsが私たちをより良い方法でサポートすべきことだと考えています。

CW: そしてもう1つは、人々は今、個人の生活の中でテクノロジーにとても慣れているということだと思います。私がまだ若かった頃、私たちが何かをしていた頃に話を戻すと、テクノロジーは仕事の中で出会うものでした。しかし、プライベートではあまり利用していなかったのではないでしょうか。
しかし今では、ほとんどの人が家にテクノロジーを持っています。ノートパソコンや携帯電話を持っていて、それが「何かをやりたい」という気持ちにつながっているのだと思います。そして、仕事でもプライベートと同じように簡単に使えるソリューションを求めているのです。

MB: この点は、テクノロジーを担当する私たちが十分に注目してこなかった点のひとつだと思います。というのも、「自分のデバイスを持ってこい」というのは何度も言われてきたことですし、そのような議論もありました。そう、まずはスマートフォンでなければならない、とかね。でも、実際には、それはいい機能だと思います。
しかし実際には、人々にとってはそれが基準であり、それが彼らの慣れ親しんだものなのです。iCloudの仕組みは知っています。あなたはiPhoneを使っていて、すべての写真やビデオなどを管理してくれる人がいることを知っています。あなたはいつでもアクセスできます。
しかし、自分のワークスペースに入ると、とても複雑になっていて、専用のソフトウェアを使って探したり、他のソフトウェアを使ってあれやこれやとしなければならず、それらが関連しておらず、うまく統合されていないのです。
私たちはこの点をもっと理解する必要があると思います。そして、私たちはまだそれに近づいていないと思います。

CW: モーテン、あなたはEBU(欧州放送連合)に深く関わっているので、この種の問題を定期的に議論していることは知っています。これは、普遍的な課題であり、TV2に特有のものではないと考えていますが、解決しようとしていますか?

MB: ええ、それは間違いなく、私の仕事とEBUの両方の側面からサポートしようとしていることです。というのも、海外の同僚と話をしていると、私たちが今抱えている課題と同じであることに気づくからです。つまり、違いはないのです。私のフィンランド人の同僚も、ポルトガル人の同僚も、イギリス人の同僚も、あるいはニュージーランドと強い関係を持っている人も、つまり、どうやって組織化するか、どうやって一日のストーリーを異なるデスク間で移動させるかなど、多くの共通点があることを知るべきです。
このように、私たちにはすべてのつながりがあり、共通のやり方を見つけようとすることで、異なる処理をしているのです。私たちは、自分たちがそれほど賢くないことを強く信じています。だからこそ、一緒にコラボレーションし、ベスト・プラクティスを見つけたいと思う仲間が必要なのです。そして、もしそれが合っていて、誰かが賢いやり方を見つけたなら、即座にそれを採用すべきではないでしょうか?

CW: 業界の他の部分を見ていると、誰もが自分はユニークだと思っているかもしれませんが、実は非常に似通った課題を抱えているということもあると思いますか?

MB: それは私たちも実感しています。ここ数年、異なる放送局間で、グラフィックのワークフローについて議論したり、ワークフローの調整を行ったりと、とても良いセッションが行われています。同じようなことをしていても、違う方法で話していることがありますからね。そこで、私たちがやっていることについて共通の言語を持ち、その共通の一般的なワークフローを実際に作ることで、整合性を図るのです。

CW: 組織の技術的な側面は、これらの異なる声を一つにまとめるために重要な役割を果たすことになりましたか?つまり、「X個のストレージ、X個のエディター、この数のクライアントが必要だ」という考え方ではなく、「解決したい問題や課題がある」という考え方で臨むことになるのですね。

MB: それはまったく異なる議論で、おそらく私たちはまだ正しい方法を見つけていないでしょう。でも、社内ではそういう取り組みをしています。また、今日のように、技術部門の一部分にアプローチするだけでは、どのような技術のことを言っているのかわからないからです。ストレージをこれだけ、クライアントをこれだけ、コンピュータをこれだけ、などと要求すれば、おそらく要求したものは得られるでしょうが、あなたが対処しようとしている問題は解決しないかもしれません。

CW: そうですね。あなたがここで特徴づけた、一方ではユーザー、他方では技術的なものとのバランスをとるというような関わり方は、現在進行中のプロセスであり、今後もなくなることはないと思いますか?

MB: ユーザー側からの関与は、より大きくなるでしょう。だからこそ、このトラックと注意が必要なのです。また、ベンダーとの間で話題を提供する際には、より正確に行う必要があります。私たちが話しているのは編集の部分であり、その部分からの代表者がいるので、その部分についてもっと話すべきなのか。それとも、技術や統合などの話なのか。それはつまり、今後、別のスタイルのプレゼンテーションにもっと時間を費やすことになるかもしれません。

CW: しかし、全体的に見て、ユーザーがより密接に関わるようなエンゲージメントを行うことで、TV2はどのようなメリットを得ていると思いますか?

MB: 基本的には、彼らがツールに対してより責任を持つようになってきており、私たちが達成しようとしていることを理解してくれています。私たちが何を持っているのか、何を提供しているのか、ツールボックスがどのようになっているのかを上手に伝えれば、彼らはそれに適応し、ツールボックスの中にある素晴らしいツールをすべて使いこなすことができます。つまり、彼らを惹きつけることで、より大きな成果、より効率的な成果、より優れたストーリーなどを生み出すことができるのです。

CW:最終的には、それがすべてだと思いますよ。最高のコンテンツを作るということですから。

MB: 私たちはそこで競争すべきです。そのためには、私たち全体が集中しなければなりません。かつては、ビデオカメラを購入して、それをきれいに編集することができたのは、ほとんど私たちだけでした。今では、誰もが自分のスマートフォンにビデオカメラを持っていますし、多くの場合、より高度でプロフェッショナルなツールボックスになっています。
つまり、今日、スマートフォンを持っていれば、MAMとPAMのシステムが携帯端末に組み込まれているということです。これはとても素晴らしいことです。クラウド化の話も出ていますが、それは放送局としては難しいかもしれません。しかし現実には、私のApple iPhoneは何年も前からクラウドに対応したデバイスになっています。

CW: 最後の質問になりますが、モーテンさんは、放送局の状況などを見ていて、夜も眠れないほど悩んでいることがあるとしたら何ですか?

MB: 今、私が心を痛めているのは、一般的に共同作業ができるようにするにはどうしたらいいかということです。ツールがあるだけでなく、人間がそれに適応していくためにも。なぜなら、目の前に適切なツールがあるだけでは不十分だからです。コラボレーションのための新しい方法を見つけなければなりません。それが私にとって最も重要なことであり、私の仕事を支えているのです。

CW: ニュースルームのワークフローを円滑に進めるためには、コラボレーションが重要であることは間違いありません。モーテンの考えを聞かせてくれてありがとう。確かに、このアプローチはメリットがあると思います。
次回のポッドキャストでは、ストーリーテリングの手法の革新について取り上げます。そのために、ニューメディアのトレーナーであり、ニュースの未来学者でもあるマリー・エリザベート・ミューラー博士にご登場いただきます。彼女の話を聞いてみましょう。

Marie Elisabeth Mueller: 物語とは、私たち人間が聞きたいものです。他の人から、他の人について。彼らから学ぶために、気を紛らわすために、識別するために、発明するために、あるいは学ぶために。勉強にもなるし、娯楽にもなる。例えば、TikTokの学習が非常に強力で成功しているのはそのためです。なぜなら、すべての年齢層がこのパターンのストーリーを好むからです。娯楽的な方法で学ぶことができるのです。
ジャーナリストやストーリーテラーとして必要なのは、この知識や学習を一緒に導くことができるガイドです。そしてそれは、私たちが自分自身を示すときに得られるチャンスなのです。私たちはガイドです。私たちはストーリーの信頼性を保証します。遠隔地であろうと物理的な場所であろうと、個人的な意味で人々とつながりますが、これはあまり重要ではありません。

CW: そのエピソードをチェックする価値は間違いなくあると思いますので、リリースされたら通知を受けるために、お好きなポッドキャストプレーヤーで購読しておいてください。
レビューや評価、シェアも忘れずにお願いします。そして、ご連絡ください。メールでのお問い合わせはmakingthemedia@avid.comです。またはソーシャルメディアでは、私のユーザー名はTwitterとInstagramの両方でcraigaw1969です。また、Twitter、Facebook、YouTube、Linkedin、そして現在はTikTokでもAvidのソーシャルチャンネルをご覧いただけます。
モーテンが話していたいくつかのトピックについてもっと知りたい方は、ショーノートをご覧ください。そこには、ジャーナリストの日々のワークフローがどのように進化しているか、そしてそれがテクノロジーのニーズにどのような影響を与えているかを考察した記事へのリンクが掲載されています。また、ポッドキャストシーズンのエピソード5では、スコットランドのSTVで放送部門のマネージングディレクターを務めるBobby Hain氏が、変化する環境におけるコラボレーションとチームワークについて語っています。また、Avidのストーリー・セントリック・ニュース・ソリューションの一部であるMediaCentral|Collaborateの詳細もご紹介します。

今回のエピソードは以上です。プロデューサーのレイチェル・ハバーマンなしでは成り立たないので、彼女に感謝します。聴いていただけないと意味がありませんので、ご参加いただきありがとうございました。次回は私、クレイグ・ウィルソンが「メイキング・ザ・メディア」をお届けします。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み