Wirecastにより、ソース・メディア・グループが活気あるマルチメディア企業に

Telestream

2021年05月25日

起業家のChris Callen氏は、Telestream社のWirecastソフトウェアとRestream.ioを使用して、モーターサイクル・コミュニティに向けた活気あるマルチメディア・ストリーミング・ビジネスを立ち上げました。

2021年5月25日、カリフォルニア州ネバダシティ - 景気後退により、現存する最後のカスタムバイク雑誌の一つであるCycle Source社がビジネスモデルの見直しを迫られた際、出版社のChris Callen氏は、ファイルベースのメディアワークフロー・オーケストレーション、メディアストリーミング、配信技術の世界的リーダーであるTelestream®社のWirecastを採用し、バイクコミュニティに向けた活気あるマルチメディアストリーミングビジネスを構築しました。

Wirecastにより、ソース・メディア・グループが活気あるマルチメディア企業に

カレンは、それまで制作していたモーターサイクル・ラリーのライブ・ストリームを利用して、紙の雑誌に加えて、ストリーミング・メディアの制作に本格的に取り組むことにしたのです。

現在は「The Source Media Group」と名前を変えて運営しており、ライブや録画のストリーミング配信を行い、十数個のソーシャルメディアチャンネルのアフィリエイトネットワークを通じて350万人の視聴者に届けています。また、ポッドキャストやブログ、コマーシャルやドキュメンタリーの制作も行っており、毎月35万人以上の購読者がいる雑誌「Cycle Source」も発行しています。

「WirecastとRestream.ioは、文字通り私のビジネスを救い、新たな命を吹き込みました。このソフトウェアは、ストリーミングメディア、ビデオ制作、ソーシャルエンゲージメントなど、多くのスポークを持つ車輪のハブのようなものです。それぞれの取り組みが他の取り組みをサポートし、WirecastとRestream.ioがそれらすべてをサポートしているのです」と、ペンシルバニア州ピッツバーグにあるThe Source Media Groupの編集長、Chris Callen氏は語っています。

会社の焦点を再設定するにあたり、Callenはクリエイティブ、ロジスティック、そして技術的に多くの課題に直面しました。これらの課題はすべて、毎月40〜50時間の新鮮なオリジナルコンテンツを制作しなければならないということと、広告主やスポンサーがお金を出してくれる熱心な視聴者を惹きつける高いビデオ制作基準(1080/30p)を維持しなければならないということに起因しています。

カレンは、ゲストの共同司会者や、プロダクションマネージャーでありグリップ(特殊機材専門のスタッフ)でもある妻の助けを借りながら、ほぼワンマンバンドとして番組を制作しています。カレンは番組のホストを務めながら、ラインプロデューサー、テクニカルディレクター、グラフィックオペレーター、オーディオエンジニアなど、制作に関わるすべての重要なポジションを担当しています。この成功は、Telestream Wirecastソフトウェアの論理的かつ直感的で美しいユーザーインターフェースと、彼が設計して完成させた合理的なワークフローのおかげだと考えている。このワークフローは、自宅のガレージスタジオでも、移動用のメルセデス・スプリンターでも同様に機能する。

Wirecastにより、ソース・メディア・グループが活気あるマルチメディア企業に

Wirecastがソースメディアにとって理想的なソリューションであることがわかった主な理由は、WirecastとRestream.ioの組み合わせにある。Restream.ioは、Wirecastから出力された番組を、Facebook、Twitter、YouTubeなどの複数の配信先にリアルタイムで同時に配信します。さらに重要なのは、Restream.ioが、それらの配信先に寄せられたすべてのユーザーコメントを集約し、番組ストリームの画面上のチャットボックスに反映させることだ。

「これを実現するには、ユーザーのコメントを管理することが重要です。ソーシャルメディアのアルゴリズムは、視聴者との活発な交流を示す動画コンテンツの制作者に対して、フィード内での番組の可視性を高めることで報います。視聴者が参加しているときに私が声をかけると、視聴継続のモチベーションになります。Restream.ioでは、コメントの数をカウントすることで、番組の出来栄えを知ることができます。再生回数が多ければ多いほど、広告主に提供できる価値も大きくなります」とカレンは言います。

比較的安価な、あるいは無料の競合ソリューションも検討したが、妥協のない豊富な機能を備えたWirecast環境とRestream.ioを組み合わせることで、この選択は間違いのないものになったとCallen氏は判断した。さらに、Rendezvousと呼ばれるWirecastのユニークな機能は、遠隔地にいるゲストのライブビデオをWirecast環境に取り込むのに欠かせない。また、NDIネットワークを介してZoomやSkypeなどのプラットフォームでゲストの映像をライブショーに取り入れることもある。

「私のようにWirecastとRestream.ioを併用すると、視聴者とのインタラクションに非常に大きな違いが出てきます。ソーシャルプラットフォームのアルゴリズムは、お金を払ってブーストしたり強制的に開いたりしなくても、自然に開きます。さらに、ある視聴者はFacebookを、別の視聴者はTwitterを、別の視聴者はYouTubeを見ているかもしれません。統合されたチャットバック機能により、Restream.ioは視聴者のコメントをWirecastに戻し、画面上のチャットボックスに落とすことができます。WirecastとRestream.ioは強力で、このストリーミングモデルを成功させる鍵となっています」とCallen氏は結論付けている。

このケーススタディの全文は、次のリンクからご覧いただけます:
http://www.telestream.net/pdfs/customer-case-studies/cas-Cycle-Source.pdf

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み