(n)K解像度とは?

Avid

2021年02月24日
(n)K解像度とは?

4Kから8Kまで、そしてピクセル数が事実上無制限になる時代に向けて、ビデオ解像度は飛躍的に進化し続けています。Avidは、このトレンドを(n)K解像度と呼んでおり、本記事では、画面内のピクセルの数や品質によってクリエイティブが制約されなくなる未来について説明します。では、解像度の独立性を推進しているものは何なのか?また何が期待できるのかについてお話しましょう。

解像度の独立性に向けて

「Avid内では、解像度の独立性の哲学に従っています」と、AvidTechnologyのアーキテクチャ担当副社長 Shailendra Mathur氏は、Z by HPのレポート「ReshapingCreativity」で述べています。「それが(n)K解像度と呼ばれる理由です。あらゆるアスペクト比、あらゆる解像度。SDからHD、UHDに移行し、現在は8Kになっています。この傾向は今後も続くでしょう。」
最高の解像度で映像を撮る理由は様々です。たとえば、そのフォーマットの市場(例えばスクリーンのインストールベース)が追いついたときに販売するためのマスターコピーを保管するなど。 VFXからフレームのサイズ変更まで、ハイエンドコンテンツは、高解像度とビットレートを使用して日常的に作成されます。エンドデバイスがより低い解像度とビットレートを再生する場合でも、最高の解像度で収録すると、より高品質の出力が生成されます。
業界でのUHD形式の採用は、SDからHDへの移行と同様の軌跡をたどっていますが、YouTubeなどのデジタルファーストプラットフォームのおかげで加速しています。勢いは8Kから16K、32K、さらにはそれを超えて続く見通しです。
「最大の推進力は、没入型のビジュアルコンテンツに対する人間の要求です」と、デジタルストレージのアナリストであり、毎年恒例の「Digital Storage for Media and Entertainment Report」の著者でもあります Thomas Coughlin氏は述べています。「それ以外の推進力は、これまで以上に高解像度のコンテンツの作成と使用をサポートできるコンピューティング、ネットワーキング、およびストレージテクノロジーです。」

より忠実なコンテンツへの欲求

NVIDIAのシニア開発者リレーションマネージャーである Jeremy Krinitt氏も同意します。「より忠実にコンテンツを体験したいという強い願望により、解像度の要件が高まりましたが、色をより正確に表示できるHDRなどのテクノロジーも推進されています」「最終的には、これらすべてがストーリーテリングのサービスになります。古いウェブカメラまたは最新の8Kカメラで何かが記録されているかどうかにかかわらず、コンテンツを作成する人のストーリーテリングの目的を果たすことができる必要があります。
日本ではすでに8K放送が実施されており、8K解像度のコンテンツのライブラリがYouTubeなどのサイトで利用可能であり、主要な家電ブランドの画面/フラットパネルも8Kです。ただし、超解像に対する創造的な需要は、新しい没入型アプリケーションを対象としています。
「フラットな画像の解像度は限界に達する可能性がありますが、360°コンテンツにはより高い解像度が必要であり、解像度と画質の要件がさらに高まります」とCoughlin氏は言います。「ボリューメトリックコンピューティングのキャプチャおよび表示テクノロジーでは、さらに多くのキャプチャされたコンテンツを使用する必要があります。」
消費者向けVRのブレイクアウトを妨げる別の要因は、解像度と周辺視野を含む視聴体験のすべての部分に高い忠実度を提供する能力の両方のボトルネックです。VRでは、参加者をフォトリアリスティックな体験に包み込み、最低8Kの解像度のコンテンツを両目に配信する必要があります。

ボリューメトリックビデオで現実を再構築する

「2つの目を通して見ることは自然なことであり、立体VRは私たちを次のレベルに導きます」とMathurは言います。「それは完全に没入型の体験です。私たちは「人間の感覚に合った別の現実を提供できるまで」、エンタテインメントに満足することはないと信じています。」
このビジョンは、コンピューティングの巨人であるApple、Microsoft、Google、およびNVIDIAによって構築された初期段階にあります。空間コンピューティングとも呼ばれ、拡張現実で物理世界とデジタルをシームレスに融合する次世代の3Dバージョンのインターネットを概念化します。
「空間的に物を作成すると、仮想現実または拡張現実体験のいずれかとしてそれらを探索できます」と、EmblematicGroupの創設者兼CEOであるNonnydela Peña氏はZ by HPレポートで述べています。 「[ARとVR]テクノロジーを分離するという考えはなくなると思います。」
Reshaping Creativityが観察しているように、空間コンピューティングは3Dの世界でジェスチャーコントロール(現在はVRでのみ実用的)を提供し、ユーザーが仮想インターフェイスやオブジェクトに手を伸ばして触れることでそれらを操作できるようにします。解像度は、HDRや高フレームレートなどの主要な画像属性とともに、この未来の鍵となります。

8Kプロダクションの登場

8Kを制作するエコシステムが到着しました。2020年にNetflixでリリースされた『Mank』のような長編映画は、制作用とアーカイブ用に8Kで撮影される作品の数が増えていることの一例です。RED、ARRI、Sony、Blackmagicはすべて、12Kの収録が可能なカメラを備えています。これらのより高い解像度で収録できるカメラのリリースは避けられません。
テレビや映画以外の分野でも、より高い解像度が求められています。最初のアプリケーションは、デジタル屋外広告や、ラスベガスに建設中の「MSGスフィア」のような大型エンターテインメント施設になるでしょう。
より高い解像度で画像を体験することは、視覚的な限界をさらに押し上げることへの欲求を刺激します。 3D空間のボリュームビデオをキャプチャする技術は、VRヘッドマウントディスプレイ用のコンテンツを制作するのに役立つ可能性があり、最終的には、ライトフィールドラボで開発されているような自立型ホログラフィー用になります。
「スタートレックのホロデッキのようなものには、52K以上のビデオが必要になる可能性があるという話を聞いたことがあります」とCoughlinは冗談を言います。
それでも、NVIDIA CEOのJensen Huangは、このIBCの記事で、NVIDIA GPUとAIアルゴリズムを搭載した、パストレーシングとマテリアルシミュレーションを備えたクラウドネイティブツールとフォトリアリスティックツールの組み合わせが、そのホロデッキに命を吹き込む吹き込むことができると述べています。

N(K)解像度が実現します

これはどれも簡単なことではありません。これは、AIソリューション、クラウドストレージ、5Gエッジコンピューティングプロセッサ、およびネットワーク帯域幅を使用した圧縮テクノロジーの継続的な進歩を前提としています。
Krinitt氏によると、これは単に処理能力だけではなく、ネットワーク技術による効率性と機能の向上がイノベーションの基盤となります。これは、インフラの将来性を追求するCTOやITチームにとっても意味のあることです。
「解像度や1ピクセルあたりのビット数などの映像に求められる重要要件を考慮すると、ストレージ容量がさらに大きくなるため、このニーズを予測し、このレベルのスケールを構築することは、将来を見据えたポストプロダクションおよびアーカイブアーキテクチャの重要な要素になります」とCoughlinは述べています。
それは業界にとってかなりのビジョンです。解像度の独立性により、クリエイティブは、解像度、色域、ダイナミックレンジ、フレームレート、さらには必要なサイズの組み合わせでストーリーを伝えることができ、視聴者の画面、環境、または楽しみに合わせて自動的にスケーラブルになります。(n)K解像度はその途上にあり、あなたが思っているよりも早くここに来るかもしれません。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み