リモート、仮想化、クラウド-ポストプロダクションのためのリモートソリューションの意味を理解する

Avid

2021年02月21日
リモート、仮想化、クラウド-ポストプロダクションのためのリモートソリューションの意味を理解する

(本コラムは、パンデミックが始まった2020年3月に最初に公開されました。ほぼ1年後の今日もリモートのポストプロダクションリモートソリューションが差し迫った懸念事項であるため、新しい情報で更新されています。)

コロナウイルスのパンデミックの最初の数週間、制作チームは、社会的距離のガイドラインを遵守しながら、プロジェクトを動かし続ける必要から、リモートワークフローを迅速に導入しようと奔走しました。有益な開発にもかかわらず、終わりはまだ見えておらず、私たちが数ヶ月で終わると思っていたリモートワークフローは、今や1年が経とうとしています。

パンデミック発生時に導入した応急処置的なソリューションを交換しようとしているチームや、平常時に戻った後も遠隔地や分散したチームをどのように活用するかを検討しているチームにとって、一つの大きな疑問があります:どのリモートビデオ編集ソリューションがニーズに最適なのか?ここでは、リモートビデオ編集ソリューションの主な3つのカテゴリーの概要と、どのような場合にリモートビデオ編集ソリューションを選択すべきかを説明します。

リモートビデオ編集ソリューションを選択する際に考慮すべき要素

ビデオをリモート編集する方法を理解しようとしているとき、最初に頭に浮かぶ疑問は「そもそも何が必要か?」ということです。その疑問に答えるには、規模、コラボレーション、セキュリティという3つの重要な要素を検討する必要があります。これらの各領域でチームの要件を決定することで、適切なソリューションへの道が示されます。

たとえば、映画制作に取り組んでいて、チームがグローバルに分散している大規模なポストプロダクションは、効果的なコラボレーションを重視し、セキュリティを優先する可能性があります。予算が少なく、10〜20人の小規模なポストハウスは、基本的なコラボレーション機能を備えたより簡単なソリューションで仕事を成し遂げることができ、セキュリティ要件はそれほど厳しくないかもしれません。

リモート、仮想化、クラウド-ポストプロダクションのためのリモートソリューションの意味を理解する

リモート作業の適切なオプションを選択する際に考慮しなければならない重要な側面がいくつかありますが、良いニュースは、すべての人に解決策があるということです。ここでは、リモートビデオ編集の上位3つのテクノロジー、それらの利点と制約、およびそれらから最も恩恵を受ける可能性のある人について説明します。

1.リモートアクセス

基本的なリモートアクセスは、検疫が始まった当初、早く仕事に戻ろうとするチームにとって、応急処置的なソリューションでしたでした。このテクノロジーを使用すると、リモートデスクトップソフトウェアを介して職場のコンピュータに接続できるため、メディアにアクセスして、以前と同じように編集を続けることができます。リモートデスクトップテクノロジーは、仕事用のコンピューターのデスクトップを自宅のコンピューターに直接ストリーミングし、スタジオにいるかのように編集ツールを使用することができます。予算が少なく、テクノロジーに多額の費用をかけることができない場合には最適な選択肢です。

とはいえ、リモートデスクトップソフトウェアにはいくつかの制限があり、長期的な解決策というよりもその場しのぎの解決策になってしまいます。このソリューションは元々、自宅からファイルや電子メールにアクセスする必要があるオフィスワーカー向けに設計されており、ポストプロダクションのニーズを念頭に置いて作成されたものではありません。その結果、ポストプロダクションチームは、遅延と同期の問題により、常時使用するには少し扱いにくいことに気付く場合があります。リモートデスクトップテクノロジーは、ビデオ編集用に最適化されておらず、仮想化やクラウドと比較して、コラボレーションをそれほどサポートしていません。また、リモートデスクトップテクノロジーを使用して正常に機能するために、各場所で十分なインターネット接続があることを確認する必要もあります。

このオプションは、独立したポストプロダクションのプロや、離れた場所からシステムやストレージに定期的にアクセスするためのシンプルで低コストのソリューションを必要とする小規模なポストハウスに最適です。

2.仮想化環境

もしあなたが拡張の必要を感じていて、コラボレーションも優先したい場合、仮想化はその中間的なソリューションとして適しています。仮想化は、ポストハウスや放送局で慣れている環境と非常によく似た環境を提供します。これは、すべてのソフトウェアを仮想マシンで実行し、チームの全員が同時にアクセスできるようにすることで可能になります。適切なインターネット接続があれば、リモートデスクトップソフトウェアを使用するよりも、仮想化環境でより迅速に作業し、メディアをよりシームレスに再生できます。この環境では、メディア制作用に最適化されたPCoIP接続を使用します。

制作チームは、これらのバーチャルマシンを適切に配置することで、より効果的かつ柔軟に大規模にコラボレーションできます。これは、たとえば、映画を編集していて、同じプロジェクトで同時に共同作業する必要がある10人のチームメンバーがいる場合に便利です。仮想化はコロケーションも非常にうまくサポートします。つまり、これらのチームメンバーは複数の場所から、より洗練された方法で作業できます。ニュージーランドでの撮影、カリフォルニアでのポスプロ、ロンドンでのVFXが行われる可能性のある世界では、メディアにアクセスできる分散型チームのメリットは、現在のパンデミックよりも確実に長持ちします。

ポストプロダクションチームにとってセキュリティが懸念事項である場合、それが仮想化ソリューションを検討するもう1つの理由になる可能性があります。すべてのメディア資産は引き続きデータセンター内に格納されていますが、ポストプロダクションシステムが仮想化されているため、ストレージには追加の保護レイヤーがあります。仮想化は、他のITシステムと同様のレベルのセキュリティを提供し、チームが離れた場所からより安全に作業できるようにします。 このオプションは、リモート制作の容量を拡張する必要がある、多くの場合25人以上のチームを持つ中規模から大規模の制作会社または放送局に最適です。

3.クラウド

クラウドは、効率やコラボレーションに妥協が許されない制作チームにとって、これまでで最もシームレスで洗練されたオプションです。クラウドのシナリオでは、すべてのメディアと編集ツールをクラウドで直接利用できます。エディターは、文字通り世界中のどこからでも、メディアにアクセスし、再生し、編集し、相互にコラボレーションすることができます。また、メディアのアーカイブ、高速・高品質な再生、リアルタイムの編集など、クラウド上のワークロードに完全にアクセスできます。このオプションは堅牢なセキュリティも提供し、権限のない人やサーバー攻撃者がメディアファイルにアクセスすることを防ぎます。

完全なクラウドソリューションには、リモートデスクトップや仮想化されたソリューションよりも高額で、適切に機能するには十分な帯域幅も必要です。しかし、貴重な長期投資と考えることもできます。クラウドテクノロジーはビ事業継続のための体制を強化し、パンデミックのような大きな危機でも、偶発的なデータ損失のようなありふれた危機でも、制作チームが回復力を維持して作業を続けることを可能にします。クラウドにより、独自のデータセンターを維持する必要がなくなるため、リモートデスクトップまたは仮想化シナリオで対処しなければならない可能性のある管理オーバーヘッドも排除されます。

最終的に、クラウドにより、チームは効率的に作業し、どのような課題や混乱が発生したとしても、どこからでもプロジェクトを順調に進めることができます。だし、一度にクラウドを導入する組織はほとんどありません。ほとんどのポストプロダクションは、ハイブリッドソリューションへと足を踏み入れます。たとえば、SaaSベースのクラウドサービスを使用して、大規模なプロジェクトの前にオンプレミスの容量を補完したり、施設内のチームメンバーとリモートのチームメンバーを接続したりする場合があります。そうすることで、ワークフローを完全に見直すことなく、既存の投資を無駄にせず、クラウドのメリットの一部にアクセスできます。

このオプションは、中規模または大規模の制作会社または放送局、特に大規模なスタジオ制作に取り組んでいる、またはグローバルチームを持ち、リモートの生産性とコラボレーションのための高度なソリューションを必要とする場合に最適です。

誰もが利用できるリモートビデオ編集ソリューションがあります

昨年はポストプロダクションで本当に苦労しましたが、良いニュースは、予算に関係なく、あらゆるタイプのチームにリモートビデオ編集ソリューションがあることです。少しの調査と準備で、チームに最適なオプションを選択できます。または、リモートワークの長期計画を検討している場合は、将来のために。選択したソリューションに基づいて、より強力な基盤を作成できます。そうすることで、次に緊急事態や危機が発生したときに、混乱を最小限に抑えることができ、チームの場所に関係なく生産性を維持する機能を利用できます。

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み