ROHDE&SCHWARZ CLIPSTER

4K ケーススタディ

ROHDE&SCHWARZ CLIPSTER による
4K フレームレート変換/4K リアルタイム再生

2014年2月12日更新

4Kフレームレート変換や、4Kリアルタイム再生の悩みを解決する デジタルシネママスタリングシステム 「CLIPSTER」による4K プロダクションワークフローをご紹介いたします。

ROHDE&SCHWARZ CLIPSTERによる4Kフレームレート変換/4Kリアルタイム再生

<4K プロダクションワークフロー>

  1. 4KカメラやPC・ネットワークストレージなどから、「4K DPX」または「XAVC」映像素材を、ROHDE&SCHWARZ「CLIPSTER」にコピーします。
  2. 「CLIPSTER」のタイムライン上で、4K リアルタイム再生しながら映像を編集します。24P もしくは30Pの映像素材の場合には、「CLIPSTER」の"タイムストレッチ機能"で、フレームレートを60P に変換します。
    またこの時、新しいカラースペース"ITU BT2020"への変換LUT を映像素材に適用することもできます。
  3. 「CLIPSTER」の"ファイナライズ機能"で「XAVC」ファイルを生成します。

4K プロダクションワークフロー|CLIPSTER の主な機能

  • 4Kリアルタイム再生
  • タイムラインでの4K編集
  • 4K XAVCファイルの生成(DPX to XAVC)
  • リアルタイム4Kプライマリーカラーコレクション
  • リアルタイムオートスケーリング
  • フレームレートコンバージョン
  • カスタムLUT適用(Rec709→ITU BT2020)
  • RAWファイルからのリアルタイムSDI出力
    • RED R3D, Sony F55・F65, ArriRAW, Phantom, CineForm対応済
    • Canon RAW 2014年3月対応予定
  • DCP作成(4K or 2K DCP)
  • RAWファイルからDPX, DNxHD, ProResなどへのファイル変換
  • EDLからのコンフォーム
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み