レスパスビジョン株式会社様
Nucoda Film Masterを使って、
「角松敏生Blu-ray&DVD作品」を
カラーグレーディング

2012年2月7日更新

レスパスビジョン株式会社様は、角松敏生Blu-ray&DVD作品「TOSHIKI KADOMATSU 30th Anniversary Live 2011.6.25 YOKOHAMA ARENA」における、カラーグレーディング及びフィニッシング作業をImage Systems社のNucoda Film Masterで行いました。

ライブの模様は、XDCAM EXとAVC HDカメラ27台で収録されました。収録素材は、Apple Final Cut Proでオフライン編集され、そのEDLをNucoda Film Masterへ渡し、 27台分のカメラ素材を一本化するため、まずQuickTimeに対してコンフォーム作業が行われました。その後、DPXでエクスポートを行い、再度 DPXでコンフォームを行うという作業を行ったそうです。これは、連番ファイルの方がCGとの受渡しが容易であり、QuickTimeに比べ全体のデータ サイズも小さくて済むからだそうです。また、この作業と並行してタイトル・エンドロール等のCG制作作業も行われておりました。

レスパスビジョン様

27台それぞれのカメラ、レンズが異なるため、そのトーンを合わせるのにカラーグレーディングは必須でした。Nucoda Film Masterを使用する事で、演出上の要望にも細かく対応出来るようになりました。最近のLIVE撮影は、SxSメモリーでの収録も増えてきている一方 で、高い確率でビデオノイズが発生しており、そのような映像に対してもNucoda Film Master のDVO Grain、Regrain、Clarityは大いに活躍しております。

お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み