単焦点レンズ使用マーカレス光学式カメラトラッキングシステム 

単焦点レンズを使用したマーカレス光学式カメラトラッキングシステム

TrackMen VioTrack R TTL

撮影用カメラのビデオストリームを使用して、
3D空間内のカメラ/レンズの全パラメーターを正確に計算

マーカーレスカメラ追跡システムVioTrack RのTrough The Lens(TTL)バージョンも、追跡に自然環境の実際の特徴のみを使用します。しかし、追加のセンサーカメラを使用してシーンを見落とす代わりに、VioTrack R TTLは、撮影用カメラのビデオ ストリームを使用して、3D空間内のカメラとレンズのすべてのパラメーターを正確に計算します。
撮影されている1本のビデオ信号のみをベースにトラッキングを行っている為、カメラが離れた場所にある場合のセットアップにも適用できます。手持ちカメラ、有線カメラ、ドローンなどでも素早く簡単にセットアップし、使用することが可能です。

撮影カメラの映像のみでトラッキング

「VioTrack R TTL」マーカーレストラッキングテクノロジーは、ビデオ画像をリアルタイムで自動的に分析します。 単眼の視覚システムとして、レンズを通して測定し、撮影カメラのこの単一のビデオストリームに基づいています。 スタジオ内でも屋外でも、構造化されたシーン内の信頼できる特徴点を検出します。

TrackMen VioTrack R TTL

追加センサーなし、マーカーなし、迅速なセットアップ

VioTrack R TTLでは、撮影用カメラに追加のセンサーは必要ありません。センサーカメラ、慣性センサー、専用マーカー、LEDなどは不要です。
代わりに、VioTrack R TTLの自動追跡アルゴリズムが、撮影カメラのレンズを通して追跡します。撮影用カメラのビデオ出力をVioTrack TTLに接続して、追跡を開始するだけです。これにより、インストールとセットアップの時間が非常に短時間で行えます。

TrackMen VioTrack R TTL

送られてくるビデオ信号に基づいた
リモートトラッキングセットアップ

「VioTrack R TTL」では、すべてのカメラパラメータは、撮影用カメラのビデオストリームに基づいて生成されます。ここでは、撮影カメラとオペレーション場所との間の距離は重要ではありません。トラッキングプロセスを実行するために、任意の距離で任意の伝送システムを選択できます。ビデオ伝送が組み込まれた既製のドローンを使用している場合でも、衛星経由でカメラ信号を伝送する場合でも、撮影場所にTrackmenハードウェアを持って行く必要なく、カメラトラッキングデータをグラフィックスシステムに送信する事が可能です。

TrackMen VioTrack R TTL

データフロー

「VioTrack R TTL」のハードウェアセットアップは非常に簡単です。ミニワークステーションに接続するのは基本的にセンサーユニットとレンズのみ。ミニワークステーションは、画像処理ソフトウェアのリアルタイムニーズに合わせて特別に設計されたLinuxオペレーティングシステムを使用しています。カメラトラッキングデータは、通常のイーサネットネットワークを介してグラフィックエンジンに送信されます。

TrackMen VioTrack R TTL
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み