ハイコストパフォーマンスプロダクションサーバ

世界標準のEVSクオリティをリーズナブルに実現

XT-GO

ハイエンドモデル「XT-VIA」同等の安定性、信頼性、応答性を持つ
ライブプロダクションサーバ

「XT-GO」は、「XT-VIA」同等のプラットフォームを搭載し、コーデックやXNETなどの一部仕様を制限することで、世界標準のEVSクオリティをリーズナブルに実現できるライブプロダクションサーバです。オプションライセンスを用いることで、他の一台の「XT-GO」とEVSネットワーク「XNet-GO」を構築でき、将来への拡張性も備えています。

EVS史上最も導入しやすい価格

ハイエンドサーバ「XT-VIA」と同一のプラットフォームを搭載していながら、4チャンネルモデル(リモコン1台付)~を驚きの価格でご提案します。

最大HD8チャンネル,4K4チャンネルの入出力をサポート

最大8チャンネルのHD‐SDIの入出力に対応。プロダクションの規模に合わせて、「6REC2PLAY / 4REC2PLAY / 3REC1PLAY / 2REC 2PLAY」から選択可能です。また、オプションにより、4Kを4チャンネルまで拡張することができます。

安心の大容量収録ストレージ

標準モデルで1.8TBのHDDを6式搭載(160時間@100Mbps相当)。また、HDDはHotswapに対応しており、プロダクションを止めることなくHDDの換装も可能です。HDD増設オプションを用いることで、12式(収録時間HD320 時間@100Mbps)に増設することもできます。

従来のオペレーションを実現する「XT-GO Remote」

親しみやすいデザインの「XT-GO Remote」が標準で1台付属。また、最大2台まで接続することができ、基本操作は従来の「XT Remote」のオペレーションを踏襲しているため特別なトレーニングなく、すぐに使用を開始することができます。

XT-GO Remote

イニシャルコストを抑えるライセンスアップグレード

「XT-GO」は、機能拡張の際にライセンスのみでのアップグレードが可能です。アップグレードは必要に応じて実施することができます。

« アップグレードオプション »
  • チャンネルアップグレード ‐ 4K対応アップグレード
  • ハイフレームレートカメラ対応アップグレード(2倍速/3倍速/4倍速)
  • Xnet-GO 対応アップグレード(XTGOと最大2台まで)

ファイルベースワークフローでスタンドアローン運用に留まらない拡張性

ファイルゲートウェイサーバ「XFile3」を追加することで、ファイルベースワークフローの構築が可能です。また、1GbEはもちろん、10GbEを標準搭載することで4K映像ファイルのスムーズな受け渡しを実現します。

フォトロンの導入事例:スカパーJSAT株式会社 様

スカパーJSAT株式会社 様

4K HDR対応 「世界最先端の」ファイルベースシステム構築

Avid/EVS社製品による4K HDR対応ファイルベースシステム構築を実現したスカパーJSAT様の導入事例をご紹介します。

EVS最新情報:EVSニュースレター

2021年10月号

EVSニュースレター10月号
~AIベース・カメラオートメーションシステム「Overcam」ケーススタディ~

(2021年10月号)

EVS社製品に関する最新ニュースや製品情報、イベント情報、ケーススタディ、導入事例等を紹介しています。

お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル