スマートなライブプロダクションを実現するEVSプラットフォーム

スマートなライブプロダクションを 実現するEVSプラットフォーム

VIA

ライブプロダクションを次のレベルにステップアップ

変革を続ける放送業界。"プロシューマ"な機器が普及した影響で、一般視聴者はより高いクオリティの映像を求め、コンテンツホルダーは映像制作チームに対して、より効率的なプロダクションワークフローと新しい演出を求めています。EVSはこれらの課題を克服し、制作チームがあらゆる瞬間を最大限活用できるようなプロダクションワークフローに挑戦しています。

プロダクションに新しいアプローチを

EVSの新しいコアプラットフォーム「VIA」の目的は、コンテンツ制作チームや機器メーカを支援し、ライブストーリーの魅力を表現するうえで技術的な問題が制限にならないよう、テクノロジーの提供およびサポートをおこなうことにあります。「VIA」は、各インフラ (放送局、スタジアム、中継車... など) の性質にあわせた最適な設備を、より簡単に導入できるようにします。

また、 サードパーティ製品/サービスとAPIゲートウェイを通じて、より完璧なカスタマイズが可能になり、どの設備にどのようなシステムが必要なのか、個々に異なる要求にフィットする、よりフレキシブルな発想を可能にします。
「VIA」が表現するのは、新しい技術だけではありません。

ライブプロダクションの概念に新しいエッセンスを加えることで、今日のニーズを明日の現実的なアイデアとしてリンクさせます。

EVSは、「VIA」を新しいプロダクトポートフォリオとして掲げ、以下の3つのコンポーネントとともに構成していきます。

VIA FLOW

EVSの各プロダクトをモジュールとして、それらを組み合わせることでより多くのシーン、
環境で最適なプロダクションシステムを実現します。

VIA MIND

A.I. を駆使して既存のプロダクションをより効率的に自動化します。

VIA OPENGATE

APIツールキットを提供することで、3rdパーティ製品との連携を強化します。

EVSファミリーにVIAが加わります

2018年以降、EVSは VIAプラットフォームの対象となる製品を発表していきます。EVSコアプラットフォーム「VIA」は、コンテンツクリエーターに最適化されたプロダクションワークフローを実現するためのソリューションとサービスを中心としたテクノロジーを提供することで、よりライブプログラムの制作に没入できる環境をバックアップします。

コアプラットフォーム「VIA」
対応製品

XT-VIA
XT-VIA

ハイエンドライブプロダクションサーバ

XT-VIA
Xeebra
Xeebra

ビデオ審判/マルチカメラプレビューシステム

Xeebra
DYVI
DYVI

ITベースプロダクションスイッチャー

DYVI
S-CORE Master
S-CORE Master

IPルーティング 総合管理システム

S-CORE Master

フォトロンの導入事例:スカパーJSAT株式会社 様

スカパーJSAT株式会社 様

4K HDR対応 「世界最先端の」ファイルベースシステム構築

Avid/EVS社製品による4K HDR対応ファイルベースシステム構築を実現したスカパーJSAT様の導入事例をご紹介します。

EVS最新情報:EVSニュースレター

2018年7月号

ハイエンドライブプロダクションサーバ「XT-VIA」最新情報
(2018年7月号)

EVS社製品に関する最新ニュースや製品情報、イベント情報、ケーススタディ、導入事例等を紹介しています。