カラーグレーディングシステム

DaVinci ResolveのFusion

Fusion

劇場映画品質のビジュアルエフェクトやモーショングラフィックを、あらゆるプロジェクトに追加できます。ハリウッドの超大作映画からテレビ番組、全国放送のCM、インディーズ映画まで、Fusionは写真のようにリアルなビジュアルエフェクト、極めて美しいモーショングラフィック、驚異的なタイトルシーケンスの作成をサポートし、視聴者を完全に魅了します。FusionがDaVinci Resolveに統合されたことで、編集、カラー、オーディオの作業から、ビジュアルエフェクトやモーショングラフィックの作業にワンクリックで切り替えられます。

ビジュアルエフェクト合成

無限のエフェクト、パワフルなノード、真の3Dワークスペース

Fusionのノードベースのインターフェースと真の3Dワークスペースを使用して、複数のイメージを重ね合わせて合成し、洗練されたエフェクトを作成できます。ノードはフローチャート形式で接続できるので非常にパワフルで、合成の全体図をすばやく確認し、簡単に変更を適用できます。Fusionのノードベースの作業は非常にスピーディで、複雑に重なり合ったレイヤーやフィルターから目的のアイテムを探す必要はありません。

DaVinciResolve ビジュアルエフェクト合成

高度なキーイング

極めてパワフルなキーヤーでグリーン/ブルーバックを除去

シームレスな合成を作成するには、ブルーバックやグリーンバック、その他の色の背景を除去する必要があります。Fusionは新しいDeltaキーヤーを含む複数のキーヤーを搭載しています。Deltaキーヤーでは高度なイメージサイエンスとマットフィネスコントロールを使用して、イメージのディテールを損なわずに可能な限りクリーンなキーイングを実行できます。

DaVinciResolve 高度なキーイング
DaVinciResolve ベクトルペイント

ベクトルペイント

不要なエレメントをショットから除去

Fusionの解像度非依存ペイントツールは、柔軟性の高いブラシスタイル、ブレンドモード、ストロークシェイプを搭載しており、いつでも調整できます。ペイントツールを使えば、ワイヤーやリグなどの不必要なエレメントをすばやく取り除けます。任意の領域をクローンして別の領域に貼り付けたり、ブラシを使ってイメージに描画ができるだけでなく、全く新しいエレメントを描くこともできます。

DaVinciResolve ベクトルペイント

ロトスコープ

移動するオブジェクトを追跡して分離

FusionのベジェおよびBスプラインツールでカスタムシェイプをすばやく描画、追跡、アニメートし、俳優やその他のオブジェクトをショット内の他のエレメントから分離できます。平面トラッキングのデータはシェイプにも使用できるので、映像の変化に合わせて、動き、視点、位置、スケーリング、回転をマニュアルでアニメートする必要はありません。

DaVinciResolve ビンの使用

3Dパーティクル

光り、輝き、渦を巻く、幻想的なパーティクルエフェクトを作成

Fusionであらゆるオブジェクトをパーティクルに変換し、Avoidance(回避)、Gravity(重力)、Bounce(跳ね返り)などの物理的フォースを適用して、パーティクルが自然に見えるように調整できます。パーティクルでは、3Dジオメトリの使用、一定時間内での色の変化、他のパーティクルの放出が可能です。さらに特筆すべきことは、パーティクルは3Dに対応しているため、シーン内の他のエレメントの周囲を渦巻く、囲む、跳ね返るなどの効果を加えられます。

DaVinciResolve 3Dパーティクル

2D/3Dタイトル

プロ仕様のタイポグラフィコントロールで2D/3Dテキストを作成

2D/3Dテキストツールを使って美しいアニメーションタイトルを作成!従来の書式コントロールを搭載しており、3D立体化や、反射、バンプマップ、シャドウエフェクトの追加も可能です。追跡ツールで各文字をアニメートでき、画面上に文字が飛び込んできたり、出て行ったり、さざ波が打つようにそれぞれの文字を順番に輝かせるエフェクトなど多数の機能を搭載しているので、可能性は無限大です。

トラッキング&スタビライゼーション

平面、3D、カメラトラッキングを搭載

リアルなルックを作成するためには、オブジェクトの動きは完璧に同期している必要があります。Fusionは、ショット内のオブジェクトを自動的にトラッキングして動きをマッチさせ、スタビライズできます。平面トラッカー、従来の3Dトラッカー、あるいはシーンの撮影に使用されたライブアクションカメラの動きを分析してマッチさせるカメラトラッカーを使用できます。

DaVinciResolve トラッキング&スタビライゼーション

スプラインベースのモーショングラフィックアニメーション

世界最高のスプラインベース・アニメーションツール

本格的なモーショングラフィックアーティストには、高性能のアニメーションツールやキーフレームツールが不可欠です。Fusionは非常に高度なカーブエディターを搭載しており、リニア、ベジェ、Bスプラインのアニメーションカーブを作成できます。さらに特殊なツールでキーフレームをループ、反転、ピンポン、移動、伸縮し、洗練されたアニメーションをすばやく作成できます。

DaVinciResolve スプラインベースのモーショングラフィックアニメーション

ボリューメトリックエフェクト

霧やかすみなどの大気エフェクトを追加

霧やかすみなどの大気エフェクトは、シーンのリアリティを高めるのに非常に効果的です。FusionはGPUアクセラレーションを使用するので、エフェクトがシーンの他の部分にどのように作用するかを、レンダリングせずに瞬時に確認できます。さらにディープピクセル・レンダーパスのワールドポジションデータを使用して、3Dシーン内で霧をリアルに動かすことも可能です。

DaVinciResolve ボリューメトリックエフェクト

スクリプト機能&オートメーション

パイプラインやツールをカスタム作成

FusionページはLuaおよびPythonスクリプトに対応しています。スクリプトを書いて、カスタムツールの作成、Fusionと他のアプリケーション間のデータ交換、ワークフローに含まれる反復作業の高速化が可能です。

DaVinciResolve スクリプト機能&オートメーション

フォトロンの導入事例:
株式会社角川大映スタジオ 様

株式会社角川大映スタジオ 様

Avid NEXISを軸とした4K編集システム構築で「使い勝手」を大きく変えずにステップアップを実現

Avid NEXISを中心に、DaVinciResolve、TFX-Artist、CORTEXなどで4K編集システムを構築した角川大映スタジオ様の導入事例をご紹介します。

お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン 公式Instagram
  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み