カラーグレーディングシステム

カラリストのための 3つの専用コントローラ

スピーディに、正確に、最高レベルのカラーコレクションを実現するには、DaVinci Resolve専用コントローラ「DaVinci Resolve ADVANCED CONTROL SURFACE」の導入をご検討ください。直感的な操作性でカラリストのイメージを素早く反映できるだけでなく、ソフトウェアとの完全な親和性で無駄な操作を省き、スピーディで正確なグレーディングを実現します。

DaVinci Resolve専用コントローラ (○にマウスをあてると、該当機能をご覧いただけます。)

高解像度LCDディスプレイ

5つの明るいフルカラーディスプレイに、32個のソフトツマミおよび30個のソフトキーのメニュー、インジケーターが表示されます。メニューは自動的にアップデートされ、機能ごとに最も早くダイレクトな操作が可能なキーを表示するので、メニューを探す時間を大幅に短縮します。

発光キー

バックライトキーは、モードやテイストに合ったRGBカラーにカスタマイズできます。映画やCMなど、内容ごとに切り替えて作業に取り掛かれます。明かりを落とした作業ルームでResolveのコントロールサーフェスが美しく発光します。

ソフトツマミ

各ソフトツマミでパラメーターの詳細な調整が可能です。軽くプッシュするだけで、パラメーターをデフォルト設定に戻すこともできます。

リフト、ガンマ、ゲイン、オフセット

トラックボールでRGBバランス調整、リフト、ガンマ、ゲインの調整が可能です。それぞれマスターレベルコントロールにも対応しています。また、RGBオフセット、イメージ全体の明るさを調整するマスターゲイン機能も搭載しています。

シャドウ、中間トーン、ハイライト

高低ピボット、コントラスト/マスターピボット付きのログコントロールを使い、1つのキーで、トラックボールをシャドウ、中間トーン、ハイライトのグレーディングに切り替えられます。

個別のカメラRAWコントロール

パネル上で、露出、コントラスト、リフト、ゲイン、色温度、ティント、ハイライト/ローライト・リカバリー、サチュレーション、色強調、中間トーンのディテールをダイレクトGPUディベイヤーでコントロールできます。カメラRAWファイルの調整が、これまでにないほどスピーディかつ簡単になりました。

リファレンスキーおよびフェーダーTバー

カラリストは、ギャラリーからスチルを取り出して表示し、グレーディングを比較できます。DaVinci Resolve専用コントローラは、専用のメモリキーを搭載しており、スチルを直ぐに保存/呼び出しできます。フェーダーTバーで、保存したスチルやライブグレーディングタイムライン間のワイプが可能です。

スライド式キーボード

クリップのメタデータ、ファイルおよびノード名を入力したい場合や、フラッグメモやマーカーを付けたい場合にはスライド式のキーボードを使用します。必要な時以外はコントロールサーフェスの下に収納できます。

トランスポートコントロール

ジョグ/シャトルツマミとトランスポートコントロールキーで、プロジェクトタイムライン、デッキを完全に制御できます。

コントロールパネルラインナップ

DaVinci Resolve
Advanced Panel

究極のスピード、パワー、コントロールを誇るプロのカラリスト協力のもとで開発されたDaVinci Resolve専用コントローラ

DaVinci Resolve Micro Panel

小型でシンプルながらも可搬性に優れた高品質なDaVinci Resolve専用コントローラ

DaVinci Resolve Mini Panel

コンパクトでありながら、豊富な組み合わせの機能とコントロールを搭載したDaVinci Resolve専用コントローラ

フォトロンの導入事例:
株式会社角川大映スタジオ 様

株式会社角川大映スタジオ 様

Avid NEXISを軸とした4K編集システム構築で「使い勝手」を大きく変えずにステップアップを実現

Avid NEXISを中心に、DaVinciResolve、TFX-Artist、CORTEXなどで4K編集システムを構築した角川大映スタジオ様の導入事例をご紹介します。

お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み