2019年1月号
スポーツ・eSportsプロダクションで活躍する
ライブプロダクションスイッチャー最新情報

今号のEVSニュースレターでは、スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー最新情報をお届けします。また、新サーバ「XT-VIA」「XS-VIA」とともにリリースされた「Multicam16.00」リリース情報、4K中継車への「XT-VIA」納入事例、EVSトレーニング開催情報などをご紹介します。

製品情報|Multicam16リリース

スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー最新情報

4K/HD・VoIP対応ハイエンドライブプロダクションサーバ「XT-VIA」、4K/HD・VoIP対応スタジオ収録/送出ビデオサーバ「XS-VIA」のリリースに伴い、「Multicam16.00」も合わせてリリースされました。
「Multicam」は、最新の「XT-VIA」「XS-VIA」サーバのハードウェアをフルスペックで活用するためのバージョンですが、「XT4K」「XT3」に「Multicam16.00」をインストールすることで、これまでどおりEVS独自のビデオネットワーク「XNet2」を利用したライブプロダクションが可能となります。(*1)

近日リリース予定の「Multicam16.01」以降のバージョンでは、IPベースでの運用が可能な「Xnet-VIA」をサポート予定です。ネットワークは 10G と、従来の3Gより帯域が拡張されます。IPベースのテクノロジーを採用することで、より多彩なワークフローの構築を実現します。VoIP(Video Over IP)を活用したプロダクションワークフローの確立と合わせて、今後もEVSは最新のテクノロジーを提供していきます。

(*1)
「XT4K」 「XT3」へ「Multicam16」をインストールするには、ソフトウェアだけでなく一部ハードウェアの改修を必要とする場合があります。詳しくは 担当営業または技術までお問合せください。

製品情報|スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー

スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー最新情報

《 EVS = スローリプレイサーバ 》といった印象をお持ちではありませんか? 実はEVSは、ライブプロダクションスイッチャーの開発・販売もおこなっており、日本国内を含めた世界各国の展示会などに展示して大きな注目を集めています。

EVSのライブプロダクションスイッチャー「DYVI」は、従来のスイッチャーとは異なり、ITベースのスイッチャーとして、よりフレキシブルな運用を可能にします。複数のレイヤー構造も同時にかつ高速にGPUでの合成処理をおこなえ、2RUサイズのコンパクトなシャーシで省スペース化を実現。32IN/16OUT のHD映像信号に対応しています。

システム規模に合わせ拡張が可能なため、複数のシャーシを利用することで、より多くの映像信号、4Kなどの高解像度信号もサポート。同時に可搬性もアップするため、イベント会場やテンポラリで仮設する環境でのプロダクションにも相性が良い製品です。
複数のシャーシで運用する場合、シャーシ間は IPネットワークで接続されます。中継現場とスタジオ内にそれぞれシャーシを設置、ネットワーク接続することでリモートでのプロダクションにも対応できます。

海外でも放送局を中心に、スタジアムやアリーナ、スポーツだけでなくeSportプロダクションなど、トレンドとなりつつあるシーンに導入が進んでいます。

ケーススタディ|4K中継車「4K-OB1」に「XT-VIA」3式を納入

スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー最新情報

株式会社NHKメディアテクノロジー様 と 株式会社NHKグローバルメディアサービス様が共同で製作した4K制作のための中継車「4K-OB1」に4K/HD・Video Over IP対応ハイエンドライブプロダクションサーバ「XT-VIA」3式が採用されました。

4K解像度のマルチスポーツやエンターテインメント番組制作のために製作されたこの「4K-OB1」中継車には、「XT-VIA」サーバとともに、アーカイブ転送エンジン「XFile3」も3式設置されています。
NHKメディアテクノロジー 放送技術本部ビジネス開発部 担当部長 望月氏は、『当社がより高い次元の高品質なコンテンツを制作するには、最先端技術といえるリモートプロダクションを必要とします。この4K-OB1中継車は、極めて効率的に高品質なコンテンツ制作を可能にします。』と話します。今回の導入に携わった弊社スタッフはこう話します。『EVSの最新ライブプロダクション技術は様々な解像度、オペレーション環境に適しています。NHKメディアテクノロジー様より新中継車のご相談をいただいた時は、「XT-VIA」が制作ワークフローの中心的な位置づけとなる最適なソリューションをと考えました。』

フォトロンは、今後も最新かつお客様にとって最適なソリューションを提案して参ります。

スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー最新情報

イベント|EVSトレーニング開催情報

スポーツ・eSportsプロダクションで活躍するライブプロダクションスイッチャー最新情報

2020年東京五輪の開催を控え、日本国内のスポーツ機運はますます高まっています。今日、スポーツ中継におけるスローリプレイ・ハイライトのスタンダート機として使用されているEVS社サーバは、今後、日本国内でさらに活躍の場を広げていくことが予想されます。

日本国内唯一のEVS社正規販売代理店であるフォトロンは、『EVSオペーションをいちから覚えたい』『EVSオペレータを増やしたい』といったお客様からの声にお応えすべく、「EVSトレーニングルーム」をフォトロン本社に開設し、定期的にトレーニングを実施しております。
開催日程をご確認のうえ、ぜひお申込みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル