2017年1月号 
「12G-SDI」を新たにサポート,EVS最新製品情報

2017年最初のEVSニュースレターでは、最新の4Kライブプロダクションサーバ「XT4K」で新たに対応した「12G-SDI」の詳細や、アーカイブステーション「XFile」、メディアゲートウェイ「XTAccess」の最新追加機能をご紹介します。FIFAワールドカップの開幕戦、決勝戦やフランスリーグ等、重要な試合で数多くの制作ディレクションを担った著名なスポーツディレクターをお招きして開催する『EVSスポーツディレクションセミナー』の情報もお届けします。

EVS製品情報

XT4K Multicam15.1 NEW

最新のEVSサーバ「XT4K」で、新たに「8ch (HD/AVC-I, DNxHD, ProRes)」 及び「12G-SDI」をサポートしました。
「8ch (HD/AVC-I, DNxHD, ProRes)」対応により、Multicam15.1及びAVC-I, DNxHD, ProResのいずれかのコーデックで起動しているXT3サーバとのXNet(@3Gbps)接続が可能となります。
また、12G –SDI信号の標準サポート(2017年Q2予定)により、従来4K信号を4本のBNCケーブルで伝送していたところを、1本のBNCケーブルでの伝送が可能となります。

XT4K Multicam15.1 3G-SDI/12G-SDI

また、1台のサーバで扱えるオーディオグループ数が拡張され、これにより、例えばコメント音声だけを差し替える、といったリアルタイム編集がOnAir Directorで可能になりました。
EVSサーバの性能を最大限に引き出すことで、EVSサーバの数を増やすことなく、制作ニーズに応える番組制作環境を提供します。

アーカイブステーション「XFile3」 NEW

XFile3」は、サッカーブラジルW杯やリオ五輪などの国際放送センターにも多数の導入実績を持ち、海外の中継車には、EVSビデオサーバと共に、必ずと言っていいほど導入されているアーカイブステーションです。EVSサーバと共にファイルベースワークフローに欠かせない大切な役割を担っている「XFile3」の新たな機能をご紹介します。(2017年Q2予定)

アーカイブステーション「XFile3」新機能(2017年Q2予定)

  • 性能/機能向上した最新の「XFile3」を2U(従来一部3Uモデル有)のコンパクト筐体に一本化
  • 高速ファイル転送ソフト「Aspera」連携により、中継制作中に公衆回線を使いセキュア且つ高速にクリップ化したコンテンツのファイル転送を実現
アーカイブステーションXFile3新機能
アーカイブステーション「XFile3」の主な機能

●トランスコード機能

多様化するノンリニア編集機への対応として、トランスコード機能を搭載。どんなファイルフォーマットでも、トランスコードしながらバックアップ/ストリーミングバックアップが可能なため、フォーマットの違いによる互換性のトラブルを解消します。

●リストア時の自動トランスコード

「XFile3」でEVSビデオサーバにファイルでの書き戻し(リストア)をおこなう際、EVSサーバ側で設定されているコーデックを自動で検知し、自動でトランスコードしてファイルを書き戻せます。コーデックの違いによりクリップが再生されないといった事態を未然に防ぎ、コーデックやフォーマットに関する知識がなくても、誰でも簡単に書き戻しが可能です。中継車だけでなく、スタジオサブでも役に立つ機能です。

●ストリーミングバックアップ

EVSビデオサーバに収録される複数のカメラ映像を、ストリーミングでファイルバックアップできます。中継開始前にストリーミング収録をセットするだけで、本番中継終わりの素材VTR書き出し時間が不要になり、中継車の撤収時間を早められるメリットがあります。

●プレイリストのファイル化

「XFile3」上からダイレクトに、LSMリモコンで作成したプレイリストを、1つのファイルとしてバックアップできます。今までは、ベースバンドで一旦ビデオサーバ内に書き戻し、それをクリップとして保存/バックアップする必要がありました。しかし、「XFile3」からダイレクトにプレイリストバックアップが可能となったことにより、再配線や、実時間待機といった手間を省けるメリットがあります。

EVSイベント

EVSスポーツディレクションセミナー

2017年2月、ヨーロッパの著名なスポーツディレクターをお招きし、
EVSスポーツディレクションセミナーを開催します。

FIFAワールドカップの開幕戦、決勝戦やフランスリーグ等、重要な試合で数多くの制作ディレクションを担った著名なスポーツディレクターを招聘し、サッカー中継ディレクションセミナーを開催します。

セミナーの詳細が決まり次第、改めてご案内いたしますので、是非ご期待ください。

EVSトレーニング開催情報

EVSトレーニング開催情報

野球、サッカーに続きプロバスケットボールリーグが新たにスタートし、さらに2019年のラグビーW杯、2020年東京五輪の開催を控え、日本国内のスポーツ機運はますます高まっています。今日、スポーツ中継におけるスローリプレイ・ハイライトのスタンダート機として使用されているEVS社サーバは、今後、日本国内でさらに活躍の場を広げていくことが予想されます。

こうしたなか、日本国内唯一のEVS社正規販売代理店であるフォトロンは、『EVSオペーションをいちから覚えたい』『EVSオペレータを増やしたい』といったお客様からの声にお応えすべく、「EVSトレーニングルーム」をフォトロン本社に開設しております。

「EVSトレーニングルーム」で実施する「EVSトレーニング」では、テキストに沿って、一人一台の専用リモコンを使いながら、EVSサーバのオペレーションをいちから学んでいただけます。EVSオペレーションを習得する場として、また、お客様同士の交流の場として、ぜひご活用ください。

EVSトレーニング 2017年1月・2月の開設コース

LSMオペレーションベーシックトレーニング

EVS LSM オペレーションの基本をいちから学んでいただけるコースです。

<カリキュラム>
  • EVS サーバ概要(記録素材管理、リモコン、画面等)
  • 基本オペレーション(キューポイント、レバー再生等)
  • クリップ作成/保存/編集
  • プレイリスト作成/保存/編集
  • EVS新製品のご紹介
XFile3トレーニング

デジタルアーカイブステーション「XFile3」の基本を学んでいただけるコースです。

<カリキュラム>
  • XFile3概要
  • 接続方法
  • 使用方法
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル