2014年1月号 
4Kケーススタディ FOXSports ワールドシリーズ2013

2014年最初のEVSニュースレターでは、EVS 4Kケーススタディ、EVS 製品ロードマップを掲載しております。本年も、フォトロンは、お客様にお役立ていただける製品・ソリューションを提供し続けてまいります。
どうぞご期待ください。

ケーススタディ

EVS 4Kズームシステムが届けたホームラン Fox Sports ワールドシリーズ2013

FOX Sportsワールドシリーズ2013

米Fox Sportsワールドシリーズ2013において、合計29台のXTサーバが設置され、スーパースローリプレイやハイライト送出に加え、4Kズームシステム「EPSIO ZOOM」やアーカーブ・トランスコーダとしてアーカイブアプリケーション「Xfile3.0」等といった最新ソリューションが使用されました。

◆4Kズームシステム ワークフロー

EVS 4Kズームシステム

4K対応XT3に入力された4Kカメラ映像を4Kモニタ上でライブ/リプレイ再生するのと同時に「EPSIO ZOOM」を使って4K映像からHD映像を切り出して送出している。

LSM Connect

ボストンにあるGame Creek Video社とセントルイスにオフィスを持つ映像機器レンタル会社NEP社は、それぞれの中継車にXTサーバ14台に加え、「XFile3.0」「LSM Connect」を搭載しています。「LSM Connect」は、Multicam LSMのタブレットツールで、簡単に素早く、インデックス・ブラウジング・クリップの選択・プレイリスト管理が行えます。

Fox Sports テクニカルオペレーション/シニアバイスプレジデント Jerry Steinburg氏は、こう語っています。
『EVSシステムのおかげで、Fox Sports ワールドシリーズに必要な"信頼性の高い効率的なワークフロー"を構築することができました。簡単なアップグレードで、「EPSIO ZOOM」を介した「4K XT3」から、4K解像度のままで快適なリプレイを得られ、かつ、HD切り出しも実現できました。』

4K XT3

「4K XT3」は、4Kカメラでのインジェストとライブリプレイが可能です。既存のXT3ユーザーは、簡単なアップグレードで4Kシステムへ移行でき、また、特別なオペレートトレーニングも必要ありません。また、「4K XT3」は、4K解像度からHD切出しが行える「EPSIO ZOOM」を組み合わせてシステムを構築すれば、リアルタイムでのHD解像度(16:9)への切り出しが可能になります。

『Fox Sports は、可能な限りハイクオリティーな放送を視聴者に届けるために、ワールドシリーズにおいて、技術的に年々進化したワークフローを構築してきました。そして、今年はその伝統を"4Kズームシステム"でも継承することができたのです。また、私たちは長年のお客様であるるGame Creek Video社とNEP社の両社にとって運用がうまくいく同一ワークフローをつくるために、密に仕事をしてきました。』と、EVS アメリカ SVP Frederic Garroy 氏は語っています。

XFile3.0

EVSのアーカイブステーションXF2 の制御アプリケーション「XFile3.0」は、ライブプロダクションワークフローのなかで、Fox Sports 内のファイルトランスファーとアーカイブの役割を見事に果たしています。「XFile3.0」の存在は、プロダクションチームがコンテンツを見つけ出し、リストアし、トランスコードすることを可能にしています。また、ライブプロダクション中でも「XF2」内のHDD に自動バックアップが可能で、全てのファイルトランスファーを1 つのワークステーションから管理して視覚的にモニタリングすることもできます。

2014年 EVSロードマップ

EVS社製品ラインアップの2014年ロードマップをご紹介いたします。豊富なラインナップで、お客様に最適なワークフローをご提案いたします。ぜひご期待ください。

2014年1月

Multicam 12.02

  • XDCAM シングルコーデック
  • XDCAM & I-Frame デュアルコーデック
  • I-Frame & プロキシ生成
  • 10GigabitEthernet(Phase 1)
  • 3G SDTI (XNet)
  • 1080 AVC-I Op1A出力
  • New LSM Configration
  • 3ch 4K

Multicam LSM のタブレットツール:
LSM connect for 12.02

ディレクター向けアプリケーション:
Multi-Review

ハイライトエフェクトツール:
Epsio-FX

中継現場と番組制作現場をつなぐ、
起動性の高いツール:

Xfile3 v2

4K映像のHD切出しシステム:
4KZOOM(EpsioZoom)

BtoB 向けリモートプロダクションシステム:
C-Cast Xplore

2014年Q2

新しい4Kカメラ対応機能を追加

新しいMultiViewer機能を追加

中継車のEVS機材一括設定ツールを発表

イベント情報

EVSライブ/スタジオソリューションセミナー in 札幌 レポート

EVSライブ/スタジオソリューションセミナー in 札幌 レポート

2013年12月2日~3日の2日間、北海道札幌市にて、EVS機材の管理者様や運用担当者様、制作者様向けのライブ/スタジオプロダクションの最新ツールを実機を交えてご紹介する『 EVSライブ/スタジオソリューションセミナー in 札幌 』を開催しました。
セミナーでは、中継車でのスローリプレイでの運用方法をさらに拡大するために、スタジオソリューションを中心に、実機デモを交えながらEVS最新製品情報や、今後のロードマップなどをご紹介しました。

EVSトレーニングルームを開設

フォトロン本社セミナールーム

フォトロン本社EVSトレーニングルーム

フォトロンでは、お客様に、よりEVS製品に触れていただけるようなサポート対応を目指し、東京千代田区のフォトロン本社に、EVSトレーニングルームを開設します。トレーニングルームでは、XT3サーバをはじめとしたEVS製品を常設し、定期的にオペレーショントレーニングなどを実施する予定です。
さらに、同様のトレーニングを全国各都市でも開催する予定です。
トレーニングの内容や日程など、詳細が決まり次第、順次web公開いたしますので、是非お気軽にご参加ください。

お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル