EVSニュースレター 2006年7月号

最新ニュース

EVSとAVID Technology社が第59回カンヌ国際映画祭で機材提供

第59回カンヌ国際映画祭において、EVS社はTV Festival de Cannes(第59回カンヌ国際映画祭のオフィシャル放送局)に対して、Avid Technology社と共に全イベントの機材を提供するパートナーシップ契約を結びました。(詳細はこちら)
※リンク先は英文になります。

イベント

ビッグイベントの開催が加速する中国でEVSオペレータトレーニングプログラム開始

第15回FINAダイビングワールドカップ(常熱)、フリースタイル・グレコローマン世界レスリング選手権(広州)、フラットウォーターレーシング世界選手権(南京)等といったビッグイベントが今年中国各地で開催されます。また、全世界が注目する北京五輪開催まで800日を切りました。スローモーショーン・リプレイ・ハイライト・放送センター用セントラルサーバといった用途において、もはやEVS製品なしでの放送は考えられない状況になりつつあります。
こうした状況を踏まえ、EVSは中国の放送局向けのプロフェッショナルトレーニングプログラムをスタートさせ、第一回のトレーニングプログラムは、6月21日~26日にかけて開催されました。このトレーニングの参加者は、スローモーション・リプレイ・ハイライト作成・ロギング等々といった必要なスキルを身に付けることができ、来るビッグイベントに対しての備えは十分となりました。

導入事例

新しい制作ワークフローの構築 - Munhwa Broadcasting Corporation(韓国)

韓国で代表的な放送局の一つであるMunhwa Broadcasting Corporation(MBC)は、独ワールドカップ2006でのHDコンテンツ収録・送出システムとして、EVSの最新製品を導入しました。HD XT[2]、XStore[2](200時間収録)、IP Directorといった製品を活用し、短時間で全ての試合を韓国国内に届けました。
1.5Gbpsのリアルタイムネットワーク“XNet”で接続されたEVSサーバは、IP Directorによって制御され、LSMオペレータがリプレイやハイライト作成を行います。同時に、ロギング、ディレクターによるブラウジング、クリップ/プレイリスト作成等といった作業ではIP Directorが使われ、セントラルストレージであるXStore[2] からはXTへの必要な素材の再取込みが行われます。

Nantong中継車が6ch XT[2]サーバを搭載(中国)

中国江蘇省にあるNantong Television Station(NTTV)は、デイリー/ビッグイベントの中継用として新しい中継車を導入しました。NTTVは、この中継車構築にあたり、優れた安定性・反応性・操作性を持つディスクレコーダを求めていたのですが、最終的にこれら条件を全て満たすEVS 6ch XT[2]サーバを選択することになりました。今回導入したXT[2]サーバには基本ソフトウェアとしてLSMとSpotboxがインストールされています。XTサーバをVTRリプレースメントにするSpotboxによって、XTサーバを既存のビジョンミキサーにインテグレートし、クリップ、フィルキー素材、ループクリップの再生用として使うことができます。そしてLSMは、お馴染みのスローモーション再生として使用されます。加えて、XNet[2]により、素材のコピーを行わずにネットワークを通して素材を共有化することができるのです。

製品紹介

HD LSMでのグラフィックイラストツールがついに登場!

これまでSD版では、TELESTRATOR、TARGET-TRACK、SPLITMIX、SPLITSCREENの4種類のイラストエフェクトをサポートしていましたが、この度、HD版での提供を開始することになりました。
*これらの機能はオプションになります。

TELESTRATOR

タブレットやタッチスクリーンを使って、ビデオ上に様々な矢印・円を描画します(色・太さは指定可能)。

TARGET-TRACK

円、四角、矢印を使って任意の箇所をハイライトすることができます。このハイライト箇所は、キーフレームを設定してオートトラックすることができます。このハイライト箇所をズームすることも可能で、HDの高い解像度によって、拡大した際の品質も非常に優れています。このズームについては新しい機能が追加されました。それは「固定ズーム」です。“ズームウィンドウ”をビデオ上の特定の場所に固定し、ここにズームした部分を表示させます。これによりアクションシーン全体を見ながら、ズーム部分を同時に見ることが可能になります。

SPLITMIX

二つのシーンをスーパーインポーズさせて同期再生することができます(透過値は調整可能)。

SPLITSCREEN

二つのクリップを上下もしくは左右に並べて表示させ、同期を取りながら変速スピードで再生します。これにより例えば過去のパフォーマンスとの比較を同一画面上で行うことができます。

お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル