NAB Show 2017 レポート

2017年05月18日
NAB Show 2017 レポート

2017年4月に開催された「NAB Show 2017(NAB2017)」では、Avid、BlackmagicDesign、ROHDE&SCHWARZ、Vizrtをはじめとするフォトロン取扱い製品の多くが出展し、各社最新のシステム及びバージョンが発表されました。
各プロダクトの最新情報をお届けいたします。

「Media Composer First」リリース発表!! NEW

2016年に発表された「Media Composer First」が、遂に2017年6月にリリースされます。機能制限などの詳細については後日発表される予定です。

Avid & Microsoft社が、Cloudソリューションで提携!!

Avid社とMicrosoft社とのパートナーシップが発表されました。今回のパートナーシップにより、Avid「Media Central|UX」などのクラウドサービスの機能拡張が期待されます。

「Artist|DNxIQ」リリース発表!! NEW

「Artist|DNxIQ」がリリースされます。「Artist|DNxIO」の機能を完全搭載したうえで、「Thunderbolt3(TB3)」「PCI3」に対応しています。

Artist|DNxIQ

「Media Composer|Cloud」VM オプション発表!! NEW

「MediaCentral|UX」のCloud対応「VMオプション」が発表されました。オンプレミス対応からプライベートCloudへの対応を、VM(Virtual Machine)経由で実現します。

「NEXIS」シリーズ 帯域性能向上!!!! NEW

「NEXIS」シリーズの帯域性が向上しました。1つの「MediaPack」の帯域幅が400MBから600MBとなり、従来の倍(48)に同時使用可能数が増加しました。4K/HDR制作環境でパワーを発揮します。
※一部構成条件がございます。

EVS「IPLink」Panelを発表!!

Avid「Media Central|UX」シークエンス上で、EVSプレイリストをチェック可能になりました。

BlackmagicDesign

BlackmagicDesign

DaVinci Resolve 14
メジャーアップデート NEW

パフォーマンスの大幅改善をおこない、さらにスムースに、極めて高い応答性を実現しました。オーディオ機能を統合し、Fairlightオーディオ専用ページも搭載しています。

ATEM Television Studio Pro HD NEW

「ATEM Television Studio HD」同様のプロフェッショナルな機能が内臓されたデスクトップ・マウント型のコントロールパネル一体型スィッチャー。
(5月リリース予定)

ATEM Television Studio Pro HD

URSA Mini Pro Bluetoothサポート

Bluetooth機能を実装。BMD開発の新しいiPadアプリでカメラ設定/メタデータ入力の完全リモートコントロールが可能。(5月リリース予定)

Blackmagic Video Assist 10言語対応

インターフェースに10言語の対応を追加
(日本語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、韓国語等)

Blackmagic Video Assist 4K 全スコープ搭載

スコープ機能を実装し、波形、RGBパレード、ベクトルスコープなどが表示可能になりました。
(6月の無償ソフトウェアアップデート)

新製品 Thunderbolt 3対応 UltraStudio HD Mini

世界初のポータブルなThunderbolt 3搭載のキャプチャー・再生ソリューションでアーカイブ、編集モニタリング、ストリーミングやライブ放送のグラフィックの実行を意図して特別に設計されました。

新製品 Thunderbolt 3対応 UltraStudio HD Mini

Blackmagic Duplicator 4K H.264アップデート

リアルタイムでH.264およびH.265エンコーディングが行えるSDカード・デュプリケーター。従来H.265コーデックのみ対応だったのが、H.264も対応しました。

新低価格 Ultimatte 11

2016年10月にUltimatte社を買収以来、生産に改善を加え非常に良い結果を達成し、大幅な価格改定を実施。手軽にライブのセット上の各カメラでUltimatteをお使いいただけます。

and more...
このほかにも、多くの最新情報がございます。
フォトロンスタッフがご説明に伺いますので、お気軽にお問合せください!

BlackmagicDesign

GrayMetaブースでは、プロフェッショナルメディアプレイヤー・コラボレーションツール「Graymeta Iris」が出展されました。また、強力な検索機能とコンテンツ分析機能を持つプラットフォーム「Graymeta Platform」も紹介されました。

Graymeta Platform NEW

「Graymeta Iris」のマニュアルQCで培った映像解析技術力を更に発展させ、映像・動画内の「字幕」「映像の中に映った文字」情報をOCR読み取りできる機能を追加した製品です。
画像認識から、登場人物の「感情」「喜怒哀楽」などの分類をおこなったり、同様の画像認識で「天候」「景色」「物体」を認識し、メタ情報を生成することができます。
また、外部システムとの連携を行うためのAPIも用意されています。

Artist|DNxIQ
BlackmagicDesign

DRS NOVA v3

次世代AutoFilterである「AutoClean Option」を発表しました。AutoFilterより高品質で、数ヶ月後にリリース予定です。

Cortex V4

これまでのMTI Filmの最も包括的なツールセットとして紹介されました。
従来 の「Cortex」はデイリーツールセット、IMFおよびAS-02パッケージング、高品質の解像度変換アルゴリズムなどを標準機能搭載していましたが、V4から以下の機能が可能となりました。

  • DCPパッケージ作成(ACESカラースペー対応)
  • Dolbyより正式認定を受けたDolby Visionのメタデータ編集機能を実装
  • Cortex Dolby Visionメタデータを使用してHDRおよびSDRバージョンのショットを同時に管理

Cortex DIT+ NEW

新しいサブスクリプションベースの「CORTEX DIT+」が発表されました。月々一定費用で、無償版DITに HD ProRes、DNxHD、およびH.264ファイルを出力する機能が追加されたDIT+の利用が可能になります。

主要機能

  • Playback all Camera Formats
    一般的なカメラファイルをすべて再生し、すべての再生プロパティを変更可能
  • Copy & Archive
    MD5チェックサムを使用して、複数のカメラマッグからファイルをバックグラウンドで最大3つのターゲットにコピー
  • Color
    LUT、CDL、スティル、およびコントロールパネルを利用しカラーを生成して適用。 ACES対応のためASC準拠のカラー作成が可能
  • Universal Color Export/Import
    CDL/EDLエクスポートインポート機能
  • Dead Pixel Detection
    カメラ-センサーの画素欠陥の検出機能
  • Transcode
    ProRes, DNxHD と H.264 をバックグラウンドで1920x1080までレンダリング可能
BlackmagicDesign

次世代の放送局向け波形モニター Ultra TQ NEW

従来の「Ultra 4K Tool Box」「Ultra XR」からいくつか機能を抜粋して3G SDI用に新登場しました。HDまでの解像度に対応しており、オプションでHDR*を入れることも可能です。

*:HDR
OmniTek独自技術の O-ZoneTM false colour display for SDR / HDR production

Artist|DNxIQ

Vectorscope

Waveform Monitor

HDR Option

4Kアナライザ・ジェネレータ・コンバータ
Ultra 4K Tool Box

4K/UHDウェーブフォームアナライザ
Ultra XR

5月末リリース予定のVer.3.3で、以下の機能が追加される予定です。

  • Reduced fan speed - lower noise
  • Timecode on mini-pic
  • Loudness monitoring BS-1770 1, 2, 3, R128 & ARIB (2)
  • Remote waveforms on web browser
  • Basic generator as standard
  • PHY peak and hold meters
  • Audio PPM peak and hold meters
  • Audio phase meters
  • Surround sound meters
  • Video pass-through
  • Freeze frame
  • A/V delay [out of service]
  • Propagation delay
  • Timecode discontinuity
  • Picture freeze, black, chroma detection
  • Source Ident generation
  • Test pattern with timecode burn in

ROHDE&SCHWARZ

ROHDE&SCHWARZ

デジタルシネマ・マスタリングシステム
CLIPSTER

  • SW6.2リリース 各種HDR対応をスタート NEW
  • トレードインキャンペーン企画中!! 詳細決定次第ご案内いたしますのでご期待ください!!
Artist|DNxIQ

4Kプレイアウト対応マルチチャンネル入出力ビデオサーバ
VENICE4K

  • HDR(PQ/HLG)対応を発表
  • 新ボードPRIOS搭載 SDI/IP(SMPTE2022)VoIPに対応
  • 「VENICE」用各種アプリケーションをリリース NEW
    • VENICE Control
    • VENICE Remote
    • VENICE Play
    • VENICE View
    • VENICE Maintenance
Artist|DNxIQ

ストレージ

  • ROHDE&SCHWARZ社 と Telestream社 のパートナーシップを発表
  • SpycerBoxストレージに、40GbEインターフェースを搭載可能
  • ファイルシステムに、IBM「SpectrumScale」を採用

モニタリング マルチビューワ
PRISMON NEW

  • マルチプロトコルに対応
    (SDI、SMPTE2022-1/2、SMPTE2022-6、AIMS、ASPEN、OTT protocol suite、DVB等)
Artist|DNxIQ
Adobe

ステージデモは、立ち見となる程盛況でした。
「Premiere Pro」「After Effects」間で、Dynamic Linkにより、ファイル共有できるようになり、タイトルアニメーション等に効果的である点が紹介されていました。
また、「Adobe Anywhere」で好評だった機能の1つ「コラボレーション機能」は、Team Projectsというかたちで「Premiere Pro」のデモがおこなわれており、「Creative Cloud」上でプロジェクト共有がおこなえます。

SIGNIANT

SIGNIANTブースでは、「Media Shuttle」「Flight」、また、 HTTPでの高速ファイル転送技術を新たに搭載して出展し、プライベートデモが数多くおこなわれ、大変盛況でした。
SIGNIANTのシステムは、190カ国で、150万のライセンス、1日に200万回のファイル転送で25PBのファイル転送容量がおこなわれていることもブース内で紹介されていました。

Vantage

Vantage Transcode MultiScreen
新機能追加 NEW

  • HDR:BT2020およびSEIメタデータに対応
  • DASH:PlayReadyとWidevineのISO BMFF&CENC
  • HLS:Nielsen ID3タグ、複数マニフェスト、Web VTT
  • Timed Text Flipでの字幕
  • 固定間隔IDR挿入
  • レイトバインディングオーディオ:ビデオ/オーディオ/キャプションの分離
telestream

Vantage Transcode IPTV VOD 新機能追加 NEW

  • 低ビットレートMPEG-2
  • Timed Text FlipによってDVB字幕を生成
  • 2パスx265
  • Kantar Watermarking
  • HDR:BT2020およびSEIメタデータ

Vantage - Avidソリューション

  • VantageからAvidシーケンスとマスタークリップをXMLサイドカーファイルとして送信可能
  • Interplay Monitorの使用によりAvidメディアファイルに直接アクセス。最速かつ高品質の処理が可能

Vantage Timed Text Flip (Vantageにおける字幕サービス)

  • キャプションと字幕を「IMSC 1.0形式」に変換する機能を搭載
    ※IMSC:主要なネットワークおよびオンライン映画の販売代理店が必要とする新しいOTTサブタイトル規格
  • OP-42 , OP-47テレテキスト , DVB字幕 ,ソーシャルメディアキャプション ,iTunesキャプションをサポート

Lightspeed Server

Lightspeed Live Stream 新機能追加 NEW

Artist|DNxIQ

管理と監視機能について、下記の新機能を搭載

  • SCTE 35/104トリガー
  • ソースプレイリスト
  • カレンダー付きのスケジュール
  • システム設定ファイルのXMLインポート/エクスポート
  • エンコードテンプレート
  • RESTful API(Web上での呼び出しインタフェース)

単一チャネルからの複数のパッケージングと複数伝送機能について下記形式をサポート

  • MP4ストリームアーカイブ
  • YouTubeライブ
  • Facebook Live

PlayReadyとWidevineでのMPEG-DASH CENCをサポート

Lightspeed Live Capture

  • SDIおよびIPソースから最大4K60pまでのライブキャプチャが可能
  • 高密度のテープアーカイブからのデジタル化が可能となった

その他

Tempo

  • Vantageのソフトウェアアドオンとして利用可能
  • Vantage対応ハードウェアに対応
  • 2パスリタイミングにより、エラーの無いコンテンツのリタイミングが可能
telestream

Post Producer

  • Titler Engineで、Adobe「AfterEffects」テンプレートを変換して、テキスト/グラフィックスのレイヤー変更が可能

Vidchecker NEW

  • AS-11 Xプロファイルチェック機能追加
  • Netflix Photonとの統合による、Netflix用IMFの検証機能の追加

Telestream Cloud

  • クラウド内のVantage機能有効化

BIG AR SHOW

7mの大型スクリーンで、以下のような最新AR技術が紹介されました。

  • Screenの映像がカメラに連動する"Virtual Window"を紹介
  • 3Dデジタイザによるサッカー選手の3Dモデル
  • ゲームエンジン"Unreal Engine 4"との連携
BlackmagicDesign

BIG AR SHOW MOVIE

豊富な製品ラインナップ最新バージョンを展示

  • SMPTE-2110やNDIなど、最新のIP規格に対応した "Viz Engine"
  • 手軽にVideoやAudio,3DCGを編集してSNSにアップできる "Viz Story"
  • オートメーションシステム "Viz Opus""Viz Mosart"
  • マルチスクリーンを自在にコントロールできる "Viz MultiPlay"
  • スポーツ分野向けツール "Viz Libero""Viz Arena""Viz Eclipse"

Viz Opus MOVIE

Vizrt SPORTS MOVIE

お問合わせはこちら

TEL 03-3518-6273
E-mail sales@photron.co.jp

営業時間 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お見積り・お問合わせ

ショールーム見学、デモのお申込みも
お待ちしております。
TEL03-3518-6273 営業時間 9:00~18:00(平日のみ)

  • フォトロン YouTube公式チャンネル

メールマガジン

製品のリリース情報やフォトロンのセミナー情報など海外メーカーの最新情報をお届けします。

メールマガジンお申込み