Avid

場所を選ばない協調制作を実現するプラットフォーム Adobe Anywhere

映像制作における協調制作ワークフローを可能にする
場所を選ばないプラットフォーム

Adobe Anywhere

共有サーバー上の素材を活用や、リアルタイムでの制作連携を、
一般的なネットワーク環境で実現

Adobe Anywhereは、ネットワーク接続環境さえあれば、どんな場所にいるスタッフでもチームで共同作業を進められます。エディターやビジュアルエフェクトアーティストなどが、遠隔地に保存されている素材にローカルネットワークやリモートネットワークからアクセスし、ストリーミングして作業できます。プロキシーファイルを生成することなくマルチレイヤーでのリアルタイム編集が可能です。


Adobe Anywhereとは

Adobe Anywhereは、Adobe Premiere Proや Prelude、さらにはAfter Effectsなどアドビのプロフェッショナルビデオツールを使用するチームが、場所に関係なく、標準的なネットワークを通じて素材を共有しながらリアルタイムで連携できる革新的な協調制作プラットフォームです。既存のインフラを補強するよう設計されており、スケーラブルなアーキテクチャとプロキシ不要のワークフローにより、あらゆる映像制作作業に新たな効率をもたらします。Adobe Creative Cloudを補完し、エンタープライズ規模の制作ワークフローのための強力なコラボレーション機能を実現します。

素材やプロジェクトの検索・共有にかかる時間を短縮

素材、プロジェクトなどの検索に時間を取られることなく、作業がおこなえます。ニュースやCM、プロモーション映像を問わず、複数のバリエーションをすばやく制作し、チーム全体に共有する作業も、これまでの制作ワークフローより大幅にスピードアップします。

場所を選ばない協調制作を実現

編集担当、モーショングラフィックス担当、プロデューサがどんな場所にいても、協調制作を実現します。エディターやビジュアルエフェクトアーティストなどが、遠隔地に保存されている素材にローカルネットワークやリモートネットワークからアクセスし、ストリーミングして作業でき、プロキシファイルを生成することなくマルチレイヤーでのリアルタイム編集が可能です。場所を選ばず、制作プロジェクトに応じたスタッフでチーム編成が可能です。

場所を選ばない協調制作を実現

クリエイティブの自由

素材を共有しながらリアルタイムで共同作業できるツールをスタッフに提供できるので、共用アセットやプロジェクト情報に瞬時にアクセスできます。余裕を持って複数のバリエーションを制作したり、また、進行中の共有作業を別のスタッフと協調制作することも可能です。

IT機器や資産のコスト削減

ファイルのコピーや、プロキシ作成、ファイル転送にかかるIT機器や資産のコストを削減できます。Adobe Anywhereは、既存のインフラを活用でき、専用の特殊なシステムを導入する必要はありません。

Adobe Anywhere Authorized Integrator

Adobe Anywhere Authorized Integrator

導入事例

製品ごとの納入事例を
ご紹介します

詳しくみる

サポート

製品のサポート情報は
こちら

詳しくみる

特集

話題の技術や取扱製品の情報まで
選りすぐりの情報をご紹介します

詳しくみる

ショールーム

製品を自由にお試し頂けるよう、
いつでも解放しております

詳しくみる

製品のお問合わせ・お見積り

製品についての
お問合わせはこちら

お問合わせ・お見積り

開発メーカーリンク

製品の詳細については
メーカーサイトにてご確認ください

詳しくみる